allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

海は燃えている 〜イタリア最南端の小さな島〜(2016)

FUOCOAMMARE
FIRE AT SEA

メディア映画
上映時間114分
製作国イタリア/フランス
公開情報劇場公開(ビターズ・エンド)
初公開年月2017/02/11
ジャンルドキュメンタリー
映倫G
ぼくたちは生きている。
悲劇のすぐそばで。
海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~ [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,926
USED価格:¥ 8,324
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」のジャンフランコ・ロージ監督が、イタリアの最南端の小さな島、ランペドゥーサ島にカメラを据え、無邪気な島の少年ののどかな日常と、アフリカや中東から命がけで海を渡ってやって来る難民、移民を巡る壮絶な島のもうひとつの現実を対比させて描き出した衝撃のドキュメンタリー。ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-03-13 14:20:24
【ネタバレ注意】

強い風にさらされ、捻じ曲がった木々。その木の枝からパチンコを作る少年サムエレ。仲の良い友達とパチンコに興じるサムエレは屈託ない。
年老いた女性、漁師、島の人々は単調とも思える日常を過ごしている。
島の名はランペドゥーサ。イタリア領最南端の島だ。シチリア島から南西に220km、むしろアフリカ大陸のチュニジア海岸の方が距離113kmと近い。面積は鹿児島県与論島よりやや狭い20.2平方キロ。住民は約5500人。
ランペドゥーサ島が持つもうひとつの顔がある。それは難民が押し寄せてくる島だということだ。アフリカや中東から絶えることなく移民・難民が逃れて来て、これまで40万人が上陸したといわれる。
島の巨大な無線施設は異様な佇まいを見せる。
難民船から救助要請が入り、ヘリコプターや船で難民船を捜索する様子も淡々とスクリーンに映し出される。
“What is your position?”(位置を知らせよ)と繰り返される呼びかけ。数百人が乗った船には、病人や女性、子どもが数多く乗っている。そして力尽き、あるいは圧死した遺体も…。難民たちを治療する医師は、死体検分もしなくてはならず「決して慣れることはない」と苦渋に満ちた表情を見せる。
島の暮らしとそうした難民たちは決して交わらない。たったひとり医師を除いて。彼はサムエレ少年の治療にもあたる。
症状を訴えるサムエレ少年を問診しながら、しかし医師はどこかすがすがしく見える。

ひとつの島の中で、脈々と継がれる人々の暮らしと、暮らしを破壊され命からがら逃れてきた難民とが、あたかも別の世界に生きているように分断されている現実。
そこから何を読みとってもいい。
何かを声高に訴える、というわけではなく、ただ現実をカメラは切り取っていく。

『海は燃えている』というタイトルは、地元に伝わる曲だそうだ。第二次大戦中にイタリア軍のマッダレーナ号が連合軍に爆撃され、深夜なのに海が真っ赤に燃え上がって、漁師は夜に漁へ出ることを恐れたという。この話はサムエレの祖母が彼にする場面がある。
難民問題の最前線を描いた、印象的なドキュメンタリー作品である。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ドキュメンタリー長編賞ドナテッラ・パレルモ 
  ジャンフランコ・ロージ 
■ 金熊賞ジャンフランコ・ロージ 
■ ドキュメンタリー賞ジャンフランコ・ロージ 
□ ドキュメンタリー賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】海は燃えている 〜イタリア最南端の小さな島〜2017/08/02\4,700amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION