allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ガール・オン・ザ・トレイン(2016)

THE GIRL ON THE TRAIN

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2016/11/18
ジャンルミステリー/サスペンス
映倫PG12
人はひとを殺したことを
忘れられるのか?

2016年11月18日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー

ガール・オン・ザ・トレイン

(C)Universal Pictures


 Photos

【解説】
 ポーラ・ホーキンズの同名ベストセラーを「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「ボーダーライン」のエミリー・ブラント主演で映画化したミステリー・サスペンス。離婚の悲しみから立ち直れずにいるアルコール依存症のヒロインが、通勤電車から眺めていた“理想の夫婦”を襲った衝撃の事件に次第に巻き込まれていくさまをミステリアスに描く。共演はヘイリー・ベネット、レベッカ・ファーガソン、ジャスティン・セロー、ルーク・エヴァンス。監督は「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」「ジェームス・ブラウン 〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜」のテイト・テイラー。
 愛する夫トムと離婚し、友人の家に居候しているレイチェル。未だに心の傷は癒えず、アルコールが手放せない彼女は、通勤電車から見える一軒の家に住む“理想の夫婦”の姿に慰めを見出していた。その家の近くには、かつて彼女がトムと暮らしていた家もあった。今はそこに、トムは新たな妻アナと生まれたばかりの娘と住んでいた。そんなある日、いつものように車窓から“理想の夫婦”を眺めようとしたレイチェルは、思いがけず妻の不倫現場を目撃してしまう。激しいショックで混乱するレイチェルは、思わずその家へと向かう。ところが、途中から記憶を失い、気づいたときには自分の部屋で血を流して倒れていた。その後、彼女が理想の妻と思っていた女性メガンが行方不明になったことを知るレイチェルだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:FFF投稿日:2018-11-25 23:10:46
こんだけ作り込んでてこのオチはちょっとないですな。
犯人の葛藤が全く見えません。アル中もなおらんよ。
投稿者:HABBY投稿日:2018-11-04 21:01:41
【ネタバレ注意】

エミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット。好きな女優が3人も共演してくれていてそれだけで満足。ストーリーはやや込み入っていて、予備知識がないと理解するのに難儀するかも。神秘的なミステリーという趣。女性の心模様って難しいなあ。7点にキャストの華やかさ分2点を加点しこの点数で。

投稿者:hayate9投稿日:2018-09-25 19:54:18
緊張感がずっと続いて、私は最後まで楽しめましたよ。
映画を引っ張ったエミリー・ブラントの演技と、美しいレベッカ・ファーガソンと、体当たりのヘイリー・ベネット(シャンティシャンティ〜〜)のバランスが良かった。
投稿者:あーぼう投稿日:2018-09-25 12:37:26
始まりからエミリーの顔が酷いが、彼女がアル中であることが分かると納得。映像がシャープすぎて安っぽくみえる。ラストは正直予想できなかったが全体的に何か物足りない。登場人物を演じた俳優たちが皆魅力的であった。
投稿者:nedved投稿日:2018-09-22 22:04:45
エミリー・ブラント
投稿者:bond投稿日:2018-09-15 22:36:39
よくあるパターン。ゲス男なのにモテるんかい。
投稿者:namurisu投稿日:2017-05-02 09:31:44
情緒不安定な酔女、一見幸せそうな乳女、覗かれている汁女(消息不明)。青姦ゲス野郎の首にコルクスクリュー。横を、在来線。
投稿者:ghost-fox投稿日:2017-04-26 22:38:45
【ネタバレ注意】

犯行の動機が安直過ぎて 
それ以外のヘヴィーな部分と釣り合わない

投稿者:mototencho投稿日:2016-11-26 16:28:57
このクラスのサスペンスがもっとあっても?と思う。http://mototencho.web.fc2.com/2016/gottrain.html
投稿者:敦煌投稿日:2016-11-20 18:48:49
フィービーが救った、ってとこですかね。
投稿者:SaintEtienneHeaven投稿日:2016-11-17 10:29:57
【ネタバレ注意】

エミリー・ブラントの作品が年に3本も観れたのも勿論良かったけど、「ラブソングができるまで」、「ザ・ホール」、「クリスティ」などで贔屓のヘイリー・ベネットの出演が嬉しい。
この後も「マグニフィセント・セブン」、「ハードコア」が控えてるので更にメジャーに活躍して欲しい。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞エミリー・ブラント 
【レンタル】
 【Blu-ray】ガール・オン・ザ・トレインレンタル有り
 【DVD】ガール・オン・ザ・トレインレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION