allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ホワイトリリー(2015)

メディア映画
上映時間80分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月2017/02/11
ジャンルエロティック/ドラマ
映倫R18+
甘美な蜜の虜になる――
ロマンポルノ・リブート コンプリートBOX [Blu-ray]
参考価格:¥ 25,920
価格:¥ 19,233
USED価格:¥ 17,580
amazon.co.jpへ

 Photos
ホワイトリリーホワイトリリーホワイトリリー

【クレジット】
監督:中田秀夫
製作:由里敬三
エグゼクティブプ
ロデューサー:
田中正
プロデューサー:西尾沙織
高橋政彦
アソシエイトプロ
デューサー:
小室直子
高木希世江
山本章
脚本:加藤淳也
三宅隆太
撮影:近藤龍人
美術:西渕浩祐
衣装:宮本まさ江
編集:青野直子
キャスティング:吉川威史
音響効果:柴崎憲治
音楽:坂本秀一
スクリプター:工藤みずほ
ヘアメイク:佐藤光栄
照明:藤井勇
録音:柿澤潔
助監督:佐伯竜一
出演:飛鳥凛結城はるか
山口香緒里乾登紀子
町井祥真
西川カナコ
三上市朗
鎌倉太郎
伊藤こうこ
榎本由希
松山尚子
はやしだみき
【解説】
 かつて一世を風靡した成人映画の伝説的レーベル“日活ロマンポルノ”を気鋭の映画監督5人を起用して現代に甦らせる“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の1本。「リング」シリーズの中田秀夫監督がレズビアンの世界をテーマに、2人の女の禁断の愛と葛藤の行方を官能的に綴る。主演はTV「仮面ライダーW」の飛鳥凛とTV「大奥」の山口香緒里。共演に町井祥真、西川カナコ。
 女流陶芸家・乾登紀子とその住み込みの弟子となった結城はるか。はるかは登紀子を一途に慕い、師匠と弟子という関係を超えて、特別な愛情を抱いていた。ところが登紀子は男遊びが激しく、毎日のように男をアトリエ兼自宅に連れ込んでいた。しかし男では満足できず、男が帰った後、必ずはるかの体を求めてくるのだった。そんな登紀子のワガママにも、彼女と体を重ねることに悦びを感じてしまうはるか。そんなある日、登紀子が有名な陶芸家の息子・悟を新たな弟子として迎え入れたことで、はるかと登紀子の関係は大きく狂い始めるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:初代黒龍投稿日:2018-02-11 15:36:27
 開巻間もなく轆轤(ろくろ)で作業する女性、手を止めると寝ぼけまなこで朝からビールを飲んでいる女に丁寧に挨拶する。これだけで、彼女は焼物の工房に住み込みで修行していて、師匠はどうやら怠惰な人らしいと分かる。作業を再開すると、この先生、少し離れた位置に居るのに弟子の手先の力加減の誤りを指摘する。いい加減そうな先生だと思ったら、そこはその道のプロだった。何と言うか「基本に忠実な」撮り方だなー、という印象で始まり、その後先生が若い男を連れ込んで、レズ関係が三角関係になり、男には実は彼女がいて、等々このテの作品によくあるエッセンスが程よく配合されていて、「作品」として観れる映画になっている。ラストで弟子は「ありがとうございました」と言うが、これは師弟関係においては別れの挨拶でもあり、その通り工房を去って行く彼女の姿で映画は終わる。
 “ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”ということで製作された5本が、幸いにもWOWOWで連続放送してくれたので全部録画して観たが、最後までちゃんと観れたのはこの作品だけで、他の4本は早送りにしたか途中まで観て消去した。所謂今どきの女は、いつからあんなに言葉遣いが汚くなったのだろう。電車内や街中でたまに耳にすると、正直言って総毛立つ。男が弱くなったと言われて久しいが、女は頭が悪くなった。人間性というものは態度や言葉遣いに如実に現れるもので、その人の程度というものもそれで測れる。消去した4本の登場人物は、そういう女ばかりで、ヌード以前に人間性の美醜を問いたくなる。かつての日活ロマンポルノは、セックスを通して人間の泥臭さや男女の本質的なもの(時に暴力的であっても)を描いていたと思う。だからこそ今でもDVD化されたこれらの作品群に興味が湧くのであり、所謂今どきの女を描いてもそれが10年20年先に作品として観れるかどうか疑問に思う。このプロジェクトに関しては、映画館でカネ払わずに観ないで良かったなー、というのが率直な感想。
投稿者:HABBY投稿日:2018-01-26 01:38:09
【ネタバレ注意】

飛鳥凛って正統派女優として幅広い活躍が出来そうな容姿。今回のリブートプロジェクトに参加された女優の中では一番推し。山口香緒里もエロい熟女だなあ。

本作は脚本の水準でも、描写の質的にも(プロジェクト中)1、2を争う内容。中田監督の本気を見た。ホラー以外でもどんどん活躍してほしい。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ロマンポルノ・リブート コンプリートBOX2017/09/02\24,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ホワイトリリー2017/09/02\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ホワイトリリー2017/09/02\3,900amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ホワイトリリーレンタル有り
【広告】