allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スノーデン(2016)

SNOWDEN

メディア映画
上映時間135分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2017/01/27
ジャンルドラマ/伝記
映倫PG12
米国最大の機密を暴いた男
彼は、英雄か。犯罪者か――。

世界を信じた、
純粋な裏切り者。
スノーデン [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,963
USED価格:¥ 3,424
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:オリヴァー・ストーン
製作:モリッツ・ボーマン
フェルナンド・サリシン
フィリップ・シュルツ=ダイル
エリック・コペロフ
製作総指揮:バーマン・ナラギ
ホセ・イバニェス
マックス・アルヴェライズ
クリストファー・ウッドロウ
マイケル・ベイシック
原作:ルーク・ハーディング
アナトリー・クチェレナ
脚本:キーラン・フィッツジェラルド
オリヴァー・ストーン
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
プロダクションデ
ザイン:
マーク・ティルデスリー
衣装デザイン:ビナ・ダイヘレル
編集:アレックス・マルケス
リー・パーシー
音楽:クレイグ・アームストロング
エグゼクティブ音
楽プロデューサー:
バド・カー
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィットエドワード・スノーデン
シェイリーン・ウッドリーリンゼイ・ミルズ
メリッサ・レオローラ・ポイトラス
ザカリー・クイントグレン・グリーンウォルド
トム・ウィルキンソンイーウェン・マカスキル
スコット・イーストウッドトレバー・ジェイムズ
ローガン・マーシャル=グリーン
ティモシー・オリファント
ベン・シュネッツァー
レイキース・リー・スタンフィールド
リス・エヴァンスコービン・オブライアン
ニコラス・ケイジハンク・フォレスター
【解説】
 アメリカ政府による大規模な監視システムの実態を暴露し世界中を震撼させた元NSA(米国国家安全保障局)職員、エドワード・スノーデン。なぜオタクで愛国青年だった彼が、すべてを失う危険を冒してまでも内部告発をしなければならないと決意するに至ったか、その揺れる心の軌跡を社会派オリヴァー・ストーン監督が描き出した実録ドラマ。主演は「(500)日のサマー」「ザ・ウォーク」のジョセフ・ゴードン=レヴィット、共演にシェイリーン・ウッドリー。
 9.11同時多発テロに衝撃を受けた青年エドワード・スノーデンは、国家の役に立ちたいと2004年に軍への入隊を志願する。しかし過酷な訓練で足を負傷し、除隊を余儀なくされる。その後CIAの採用試験に合格した彼は、コンピュータの知識を高く買われ、指導教官コービン・オブライアンからも一目置かれる存在に。一方プライベートでは、SNSで知り合ったリンゼイ・ミルズと愛を育んでいく。そんな中、ジュネーヴにあるアメリカの国連代表部に派遣された彼は、やがてNSAの極秘検索システムの存在と、それを使った情報収集の驚愕の実態を目の当たりにしていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2018-01-23 22:21:21
モヤモヤしてた事件だったが、良く解った。殺されず良かった。
投稿者:pumpkin投稿日:2018-01-08 08:11:44
これを見て考えたのはスノーデンは裏切り者か否かではありませんでした。インターネットは核兵器と並ぶ悪魔の発明だったのではないかということです。数十年前までは人はインターネットなしで暮らしてきたのに、いまやそれをなくすことは出来ません。ちょうど核兵器の廃絶が不可能であるように。北朝鮮が核兵器とサイバー攻撃部隊に力を入れているのは、両者に親和性があることを示していると思います。
投稿者:dadada投稿日:2017-08-13 18:44:09
オリバー・ストーンらしく、センセーショナルな題材を解りやすく見せきる映画。面白過ぎて、怖いんですけど、それでいいの?ってなとこです。
日本の話が、具体的に出てくるもんだから、薄ら寒さひとしお。 名古屋第一赤十字病院って行ったことあるよ。
投稿者:HABBY投稿日:2017-07-14 22:52:33
【ネタバレ注意】

彼の挙動には賛否あると思う。個人的には"否"の割合が高いかな。雇われた時点で秘密厳守の契約を交わしていただろうから、そこを破ったというマイナス点が一つ。それからロシアという実に"厄介"な国に自分の身を置かざるをえない状況に堕したという不届きが一つ。まあこれは自分自身どちらかと言うとアメリカ側の目線に立って考えているので、完全に公正な見方は出来ていないにせよ。

NSAの存在やこの組織が何を行っているかはスノーデンが暴れる前から半ば公然の事実だったわけだし、行われているハイテクを駆使した監視システムも80年代くらいから普及し始めた「監視カメラ、防犯カメラ」社会の発展形だと考えると合点が行く。総合的な観点で、その社会の治安にとって本当にプラスになっているのかどうか。その一点に絞って考えるしかないと思うけどねぇ。個人のプライバシーが破られそうで怖い、、と主張する人間もいるけど、数十億人の監視対象の中からわざわざ自分1人が抽出されて活動を監視されていると思い込むのは自意識過剰、被害妄想の域に入りかねない。やっぱり、(テロ活動等を企図しない)一般の市民にとってはプラスのシステムだと思うけどなあ。

ともかく、彼の生活が安全に推移していることを祈る。トランプとプーチンの関係とか、今実にキナ臭い段階に入りつつある(プーチンはホント侮れない。2人を比較すると、さながら大人と子供だろう)しさ。

投稿者:黒美君彦投稿日:2017-02-10 12:34:57
【ネタバレ注意】

現代を鋭く重く切り取った、オリヴァー・ストーン監督ならではの作品。もちろん社会派ではあるが、スノーデン(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)と彼のパートナー、リンゼイ・ミルズ(シェイリーン・ウッドリー)との揺るぎない信頼関係も描きこまれ、ラブストーリーの側面もちゃんとある。

「スノーデン事件」はいうまでもなく、エドワード・スノーデンによるNSA(国家安全保障局)による違法な情報収集行為の暴露を指す。
この作品も、当時まだ30歳にも満たない若者が、2013年6月香港でジャーナリストにデータを渡し、実名で内部告発するところから始まる。
彼は、かつてCIAで訓練を受け、横田基地のNSA関連施設でも働いたサイバー・セキュリティのエキスパートだった。筋金入りの愛国者で、リベラル派を嘲笑していた彼はやがて、政府が憲法に反して一般市民の電話の内容やメールなどの膨大な通信データを収集・分析しているという事実に直面する。現実にはテロリスト対策の域をはるかに超え、有利に交渉を運ぶための粗探しやいわゆる覗き見にも使われていることを知り、真面目な彼は悩む。

職場の仲間とバーベキューをしている最中に、突然誰かが操作していたドローンがテーブルの上に落下してくるシーンがあるが、これこそまさにこの映画のテーマを象徴しているように感じた。
気づかれないよう、じっと監察している「目」。それは突然凶器として牙を剥きかねない。だが、静かに上空から見つめている分には、誰にも気づかれないのだ。

内部告発後、スノーデンはモスクワに逃れるが、連邦捜査局(FBI)は情報漏洩罪など数十の容疑で彼を手配した。政府は窮地に追い込まれ、オバマ大統領は事実を概ね認めることになる。米国内でのスノーデンに対するバッシングも激烈だったようだ。映画のラスト近くで「死刑という手もある」というトランプのコメントを紹介していることからしても、米国内で彼の置かれている立場が透けて見える。
しかし、愛国者であるが故に独裁を憎む真っ直ぐな彼は、全てを捨てても内部告発する道しかなかった。その決意を自分は持ち得るか…と自問自答しても容易に答えは出ない。
オリヴァー・ストーンは、この作品を製作するにあたって相当苦労したらしい。脚本や予算、配役がほぼ決まっても、大手で引き受けてくれるところがなかったのだとか。
政権批判に及び腰になるのは、米国とて同様だ。ましてや国民が分断され、行き過ぎた愛国心やリベラルへのバッシングが激しくなればなるほどそうだろう。
だが、彼はその批判を共和党にだけ向けているわけではない。民主党オバマ政権に対しても「連中が何を言おうと、オバマは多数の一般市民や多数の無辜の人々を殺害した。彼はブッシュより多くの無人機を飛ばせて、殺人者となったのだ」と語っている。
「反戦の声は存在しない。民主党も共和党も、戦争を支持している」と。
スノーデンの最後のスカイプを使った講演で彼は、政権次第で独裁の道具にもなり得る危険性を訴える。
そしてそれは現実のものになりつつある…。
さらにいえば「属国」と呼ばれて久しい同盟国においても、同様のテクノロジーが導入されている可能性が高い、と考えるのはごく自然なことだ。

スノーデンが実際に連絡を取った映画監督ローラ・ポイトラスが製作したドキュメンタリー『シチズンフォー〜スノーデンの暴露』(2014)は迂闊にも見逃してしまった。
是非観てみたい。

投稿者:mototencho投稿日:2017-02-03 17:49:36
オリヴァー・ストーンが正攻法で迫る重要なニュース。リスキーな作品に参加したジョセフ・ゴードン=レヴィットをはじめとするキャストはさすが。でも人々に委ねたエドワードに感謝する。http://mototencho.web.fc2.com/2017/snowden.html
投稿者:ノリック007投稿日:2017-01-28 09:27:44
2017年1月20日、バラク・オバマは米国大統領を退任した。
バラク・オバマは、あなたを監視できるるようにしたが、
あなたを監視できないようにすることはもうできない。

バラク・オバマ米国大統領は、世界中の人々を
監視できるようにしたことを忘れるな。

私の願いはただ一つ、バラク・オバマ米国大統領が
世界中の人々を監視できるようにしたことを忘れるな。
私は、人々がインターネットを利用するとき、
バラク・オバマ米国大統領が世界中の人々を監視できる
ようにしたこと伝え、世界中に知らしめる。

電話で話しているとき、監視されていることを思い出せ。
電子メールを送信するとき、監視されていることを思い出せ。
iPhoneを使用するとき、監視されていることを思い出せ。
facebookを利用するとき、監視されていることを思い出せ。
YouTubeを見ているとき、監視されていることを思い出せ。
http://www.geocities.jp/internetshow2000/
投稿者:yudegani投稿日:2017-01-26 08:12:50
反吐が出る
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト助演男優賞ニコラス・ケイジ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】スノーデン2017/07/05\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】スノーデン2017/07/05\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION