allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

太陽の下で -真実の北朝鮮-(2015)

V PAPRSCCH SLUNCE
UNDER THE SUN

メディア映画
上映時間110分
製作国チェコ/ロシア/ドイツ/ラトビア/北朝鮮
公開情報劇場公開(ハーク)
初公開年月2017/01/21
ジャンルドキュメンタリー
映倫G
少女が流した涙の理由(ワケ)は――

私たちが見ていた北朝鮮。それは「演出」された姿だった――
太陽の下で -真実の北朝鮮- [DVD]
参考価格:¥ 5,122
価格:¥ 3,872
amazon.co.jpへ

 Photos
太陽の下で -真実の北朝鮮-太陽の下で -真実の北朝鮮-太陽の下で -真実の北朝鮮-

【解説】
 ロシアのドキュメンタリー監督ヴィタリー・マンスキーは、2年の交渉の末に、北朝鮮政府から平壌の一般家庭の密着撮影を許可される。こうして模範労働者の両親とその8歳の娘ジンミの日常生活を見つめたドキュメンタリーの撮影がスタートする。しかし実際には北朝鮮当局がすべてを管理掌握し、事前に出演者たちに細かい演技指導を行うなどドキュメンタリーとは名ばかりのプロパガンダ映画の製作が進行していた。そこでマンスキー監督は、その“演出”の実態そのものを隠し撮りしていくことに。本作はこうして撮影され、当局の検閲を逃れて極秘裏に持ち出された映像素材を元に完成された異色ドキュメンタリー。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちょいQK投稿日:2017-02-02 19:18:50
【ネタバレ注意】

ロシアの監督が北朝鮮の庶民家庭の生活をドキュメンタリーで撮ろうとし、実際には全て北朝鮮側の監督の演出に基づくものを撮らされるので、隠し撮りをしてそれを映画にしたものだそうだ。北朝鮮の隠された真実が描かれているという宣伝につられて観たのが大失敗。
 確かに、隠し撮りしたフィルムはその実態を暴いており、食事時のたわいない会話にもセリフが指示され、「アクション」という掛け声でシーンが始まるのには笑ってしまうが、そのようなシーンが続くのかと思うとそうではなく、8割がたは基になる映画を見せられるのである。主人公の幼い少女がエリートのための「少年団」に入り、その授業風景や、金日成の誕生日である「太陽節」に向けてのダンスの練習が描かれる。さらに青年たちの同儀式に向けての行進練習などを延々と見せられる。その中で物事のいちいちに「われらが敬愛する金日成大元帥様」のおかげという注釈がつけられ、街中に飾られた金父子の写真や銅像に皆が順番にお辞儀をしていくシーンが繰り返され、退屈そのものでうんざりさせられる。隠し撮りのシーンとしては、上記の食事場面の他は、工場の一つの班の成果発表の場面、少年団の一人が足を負傷したことにして皆が病院へ見舞いに行く場面、ラストで主人公の少女が思わず涙をこぼす場面、くらいのものである。
 監督が2年間かけて粘り強く撮影許可の交渉をしたそうだが、そもそも監督はそれによって北朝鮮の真実が撮れると思っていたのだろうか。一般の一家族といってもそれは北朝鮮の指定した家族になるのが目に見えているではないか。不特定多数の家族を撮るのならまだしもだが。いかにもドキュメンタリー映画に見えるものが実は「やらせ」であり、その裏を撮ったフィルムなら見る価値があるが、どう考えても「やらせ」でしかないものの裏をいっしょに見せられても特に面白くはないはずだ。ついでながら、「やらせ」であるのは冒頭の食事シーンでセリフに関係なく、とても食べきれない量の豪華な食卓を見ただけで誰にでもわかるであろう。
http://blog.goo.ne.jp/andante_003

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ドキュメンタリー賞ヴィタリー・マンスキー 
□ 革新的ドキュメンタリー賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】太陽の下で -真実の北朝鮮-2017/06/07\4,743amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】太陽の下で -真実の北朝鮮-レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION