allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

はじまりへの旅(2016)

CAPTAIN FANTASTIC

メディア映画
上映時間119分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2017/04/01
ジャンルドラマ
映倫PG12
普通ってなんですか?
はじまりへの旅 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,200
USED価格:¥ 6,493
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 独自の教育方針の下、文明社会と隔絶された山奥の森で風変わりなサバイバル生活を送っていた父親と6人の子どもたちが、亡くなった母親の願いを叶えるために初めての都会へと旅に出るロード・ムービー。道中で様々な出会いや経験を重ねる中で芽生える子どもたちの戸惑いや父親の葛藤の行方をほろ苦くも心温まるタッチで綴る。主演は「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセン。共演にフランク・ランジェラ、キャスリン・ハーン、スティーヴ・ザーン。監督は俳優として活躍し、本作が長編監督2作目のマット・ロス。
 アメリカ北西部の山奥にこもり、大自然の中で自給自足のサバイバル生活を送るベン・キャッシュと6人の子どもたち。文明社会とは距離を置き、学校すら行かない子どもたちだったが、ノーム・チョムスキーを信奉する父親自らの型破りな熱血指導により、文字通り文武両道の優れた能力を身につけていた。そんなある日、数年前から入院生活を送っていた母親レスリーの訃報が届く。レスリーの家族と折り合いが悪いベンだったが、彼女の葬儀に出席するため、子どもたちちともに2400km離れたニューメキシコへ向け自家用バスを走らせる。そんな一家の最終目的は、仏教徒だったレスリーを葬儀の行われる教会から救い出し、彼女の最期の願いを叶えることだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2018-04-08 16:48:52
【ネタバレ注意】

子供にとって学校(義務教育)は必要か?子は親を選べない。一歩間違えれば児童虐待と受け取られかねない危うさを感じたが、この奇特な教育論(ヒッピー文化リスペクト?)を持つ父の下で育った息子・娘たちが真に人生の楽しさと生きる知恵とを実際に授かっていれば良いのだけど。。ノーム・チョムスキーの名が出てきたり量子物理学の難解な専門用語が唐突に飛び交ったり、ナボコフの『ロリータ』を読んだ感想を思春期の娘に求めたり、バッハのゴールドベルク変奏曲(グレン・グールド版)の優秀性を息子に訥々と論じさせたり、最後の部分で“哲学”としての仏教(火葬文化)とキリスト教(土葬文化)を競わせたり、この監督はかなり知的探究心に溢れた(いい意味で変わり者の)人間と見た。こういうアヴァンギャルドな作風に目がないので、星9点を献上。

投稿者:ビリジョ投稿日:2018-03-21 16:51:49
【ネタバレ注意】

 アメリカの権利章典だか何だかをきちっと説明出来るかどうかと、テレビゲームとの関連についての映画だ。違うか。

 変な映画だなあ。何が言いたいのか、どっちを目指しているのか分からんくて集中するのが難しかった。「どっち」じゃないか、どこを目指しているのか、か。「どっち」と「どこを」の違いについて説明せよ。
 それはどうでもいいが、アメリカ資本主義批判の映画ではないし、宗教批判でもないし、文明批判でもない。森で暮らしている割りにはバスに乗ってたりして完全に文明と隔絶しているわけでもないしな。ドストエフスキーやチョムスキーは俺も好きだけどドストエフスキーやチョムスキーが好きな人間を俯瞰して見ると結構変だよみたいな映画かな。違うよな。

 極端な設定だなあとも思ったけど、多分アメリカにはこんな一家って実在するんだろうなとも思った。でかい国だし。日本にも、ちょっと変わった一家っているし。かといって、それはそれでいいんじゃない、っていう相対主義の映画では断じてないよな。

 社会の映画だな、ってのは分かった。みんなちょっと正しくてちょっと間違っている。時として、屋根から落ちて骨折するという出来事が起こったりする。社会は大変だな。本で学べることって実はものすごく少ないんだよな。

 若い頃だったら多分この映画のことをものすごく好きになったかもしれない。でも俺もそこそこ社会のことを学んだよ。

 あと、精神医学のことと、火葬か土葬か、と。この家族、反文明の一方で葬儀の在り方に妙にこだわるってのは何だろうね。何かの皮肉かね。

 とにかく、強烈な印象を残した変な映画でした。

投稿者:ローランド投稿日:2018-02-12 13:18:47
  大自然賛歌ということで出だしから圧倒的な緑の森林の景観を・・・ との思惑のはずが画質の品度が低くてその後も全体に画質映像があまり良くないのは、主にTV業界で活躍している監督さんみたいだし予算もそれなりだったってことなんだろうけど、俗世間を逃れて人里離れた自然の中で暮らし子供達には高度な学問とサバイバル技術を叩き込み、アーミーナイフをプレゼントされて喜ぶ幼い娘が歴史に残る大虐殺者ポルポトをモチーフにしたオブジェを作っていた辺りに怖いものもあるが、父親がギターをつま弾き始めるや自然発火的に家族揃ってのジャムセッションが始まるところに微笑んでしまうし、他にも子供の頃に夢中になって読んだ漂流もの物語の味わいや、それに程よく宗教や現代社会への警鐘もあるしと、もう少し丁寧に手間と金を掛けた作品にしても良かったのではなかろうかとの気さえします。    

  既存の宗教を最も危険なおとぎ話であるとして猝誼里兵圓剖欧譴鯤かせ服従させるのが狙いだ瓩箸隆蹐覆じ斥佞發△蝓∧教徒だからキリスト教での埋葬はしないと手兵 ・・子供たち・・ を率いて棺を運び出して火葬にしながら、死んだ人間を大自然に帰すと考えれば合理的なことなんだろうがその遺灰をトイレに流して正葬ということにしたりと常識を気にしなく過激なことを平気でやる家族で、この父親に同じく俗世間を嫌い独善的な 『モスキート・コースト』 のハリソン・フォード演じるオヤジがオーバーラップするのだが、その息子役だったリバー・フェニックスと、ここでの次男レリアンが どこか似ているのが何やら興味深いところです。  ん! 父親が燹峩縮深い」は禁句瓩辰洞軌蕕靴討い燭韻鼻△燭靴にこの言葉は安易に使えて便利過ぎる・・・。    

  何やかんやあって結局は自給自足のような食卓での穏やかそうな暮らしぶりを見せて終わるわけだけど、もしこういう家庭に憧れたとしても、父親に強力な指導力がなければならなく子供たちの成長とともにそれに対応させて行く賢い柔軟性も必要だろうし、実現しようとしてもかなり難しいことなんだろうね。    

  都会に出てきて街行く人々を見て爐澆鵑淵悒鵝病気なの? 太っている瓩辰討いΔ里可笑しかったのだけど、たしかに日本での肥満とは桁が違うもんな。 アメリカは肥満税を設けたら良いのかもしれない。
投稿者:pumpkin投稿日:2018-02-08 09:13:22
作中に出てくる人名の内、わかったものを下記に列挙しますが、雑然とし、混乱していて、主人公の立場を表しているようです。いくら理論を学んでも、やたらと振り回すだけではダメだと思うのですが。

ドストエフスキー、ジョージ・エリオット、ジャレド・ダイアモンド、ナボコフ、チョムスキー、J・S・バッハ(演奏はグレン・グールド、ヨー・ヨー・マ)、プラトン、ベンジャミン・スポック、ほかに、トロッキスト、毛主義者、ひも理論も登場
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2018-01-06 14:11:33
こんな設定は腐るほどあるから、かなりの変化がないと飽きる。
投稿者:mototencho投稿日:2017-04-09 08:47:19
ヴィゴ・モーテンセンのまともな変人オヤジとすば抜けた子供たちが清々しいhttp://mototencho.web.fc2.com/2017/captfant.html
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】はじまりへの旅2017/10/04\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】はじまりへの旅レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 はじまりへの旅 【サントラ盤】
新品:¥ 2,592
5新品:¥ 2,385より   2中古品¥ 2,484より 

【CD】 はじまりへの旅 【スコア盤】
新品:¥ 2,592
1新品:¥ 2,374より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION