allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

オクラホマ!(1955)

OKLAHOMA!

メディア映画
上映時間143分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1956/12/28
リバイバル→-57.8(シネマスコープ版)
ジャンルミュージカル
オクラホマ! [DVD]
USED価格:¥ 1,317
amazon.co.jpへ

【解説】
 ロジャース&ハマースタインの健全なミュージカルで、初めてのトッドAOによる大型作品。巻頭、外景をたっぷり取り入れて、これまでのミュージカルとの差を大いに主張するあたり、こちらも俄然胸ときめくのだが、それが、MGM作品などと比べていかにも平板なステージでの場面を観るに至って、次第にしぼんでしまうのは残念。お話はと言えばごく単純で、愛し合いながらも反発しあう若い男女に、影のある女の雇われ人が介入し、また男の方にも、気が多くて有名な女が絡んで、年に一度のお楽しみの祭りに、二人して行くことはないのかと周りの気を揉ませるが、やがて元のサヤに収まるというあんばい。それに脇筋で、山出しの青年とちょっとトッポい娘のコミカルな恋の顛末が添えられて興趣をあおる。歌曲場面で上等なのは、女の子たちが下着(と言ってもペチコート)姿で踊る“あたらしい日々”。これは可愛らしかった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2014-02-07 14:14:20
ブロードウェイ・ミュージカルを、かなり忠実に映画化したと思われ、ジーン・ネルスンのダンスなどは見応えがあるものの当時のMGMのミュージカルのような華やかさはありませんが、やはりゴードン・マクレーの歌が聞き所です。彼の映画は戦後「虹の女王」「二人でお茶を」を見て良い声だなと思った事を思い出します。
ロジャースとハマースタインの初めて組んだ作品だそうですが、それよりも監督がフレッド・ジンネマンだと言うのが珍しく、この人のミュージカルは、この一本しかないのではないかと思います。多くの歌が唄われていますが、テーマ曲の「オクラホマ」(Oklahoma!)は州歌になったくらいですから当然として、「美しい朝」(Oh, What A Beautiful Mornin\')は良い曲で良く覚えていますが、他の曲は、あまり知らない歌でした。しかし2番目に唄われる「飾りのついた四輪馬車」(The Surrey With the Fringe On Top)を聞いていてビング・クロスビーが唄っていたことを思い出しました。
なお、この映画は「回転木馬」より一年後に日本で公開されていますが、こちらの方が先に作られていて、シャーリー・ジョーンズのデビュー映画でもあります。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-11-19 19:40:13
『回転木馬』の名コンビ、ゴードン・マクレーとシャーリー・ジョーンズの共演作だったのでDVDを買って鑑賞しました。やはりとっても良かったです。ゴードンとシャーリーは相変わらず息がピッタリだったし、歌声も恋模様も本当に素敵でした。でも何より私が素晴らしく感じたのは上のクレジットに出てないけれど、ジーン・ネルソンの存在。彼の見事なダンスとドナルド・オコナーっぽい優しい声と歌声はあまりにも素敵過ぎて、本当に心に残りました。そして悪役でマジに怖すぎる演技を見せてくれたロッド・スタイガーも見事です。
ストーリー自体が温かくて、懐かしい雰囲気も漂っているからラストまで飽きることなく楽しめます。でも、前半の最後にあるダンス・ナンバー♪「Out Of My Dreams Ballet」だけは好きになれませんでした。シャーリーとゴードン役のダンサーはあまりにもルックスが違いすぎてるし、振付もイマイチ。ダンスの技術は素晴らしいと思うけれど、決める所や細かい動きなどで物足りなくなってしまったのが正直な所です。ちょいともったいないですね。。でもこのダンスシーンを抜けばどのシーンもほとんど素敵なものばかり。なので私は満足できました。
何にしてもゴードンが初めに歌う♪「Oh, What A Beautiful Mornin’」が最高に素敵な曲で最初から元気づけてくれるし、シャーリーとのデュエットでも♪「People Will Say We’re In Love」などで息の合った美しい歌声を披露してくれます。そしてもちろん♪「Oklahoma」も見事です!
素敵なジーン・ネルソンでは彼の登場シーンの♪「Kansas City」が特に素晴らしく、彼の歌とダンスの才能を存分に堪能できます!他にもネルソンの相手役を演じたグロリア・グレアムとの♪「All Er Nuthin’」などもコミカルで素敵なナンバーです。
という訳で本作でもロジャース&ハマースタインの名曲をたっぷりと楽しむことが出来ました。ゴードンとシャーリーという歌の名コンビとダンスも唄も素晴らしいネルソンの魅力もたっぷりと詰まっているので、ミュージカル・ファンであればやっぱり見逃せない作品です。なので私も本当に見て良かったと思っているし、これからも何度も楽しみたい作品です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 撮影賞(カラー)ロバート・サーティース 
 ■ ミュージカル映画音楽賞ジェイ・ブラックトン 
  アドルフ・ドイッチ 
  ロバート・ラッセル・ベネット 
 □ 編集賞George Boemler 
  Gene Ruggiero 
 ■ 録音賞Fred Hynes トッド=AOサウンド部(Todd-AO Sound Department)
■ 新規登録作品 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION