allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラビング 愛という名前のふたり(2016)

LOVING

メディア映画
上映時間123分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2017/03/03
ジャンルドラマ/ロマンス
映倫G
ただ、一緒にいたかった――
その切なる願いが、世界を変えた。
ラビング 愛という名前のふたり [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,053
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「テイク・シェルター」「MUD マッド」のジェフ・ニコルズ監督が、アメリカでいまだ異人種間の結婚を犯罪とする州が存在した1950年代から60年代を舞台に、純粋に愛を貫き、最後には理不尽な法律を変えることに成功した一組の夫婦の感動の実話を映画化。主演は「エクソダス:神と王」「ザ・ギフト」のジョエル・エドガートンと「コンフィデンスマン/ある詐欺師の男」「JIMI:栄光への軌跡」のルース・ネッガ。
 1958年、バージニア州。レンガ職人の白人男性リチャード・ラビングは、幼なじみで恋人の黒人女性ミルドレッドから妊娠を告げられ、結婚を決意する。しかしバージニアでは異人種間の結婚が法律で禁じられていたため、2人は法律で認められているワシントンDCまで行って結婚の手続きを済ませる。その後、地元に新居を構えて幸せな結婚生活をスタートさせるが、ある日突然、保安官に押し込まれ、逮捕されてしまう。そして法廷で、離婚するか、25年間の州外退去かを迫られるラビング夫妻だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:glamfreak投稿日:2017-03-11 22:29:05
活動家の物語ではない。偽善も美化も自虐もない。

公民権運動など別世界の話だと思っている、田舎の出来婚カップルが、ただただ良い環境を求めて暮らしたという普通の物語だ。その夫妻の名はたまたまラビング、つまり「愛すること」。ほぼ実話に忠実であるらしい。

誰にも共通する普通の暮らしがいかにサスペンスフルなものであるのかを、困難だった時代を背景に、巧みに物語る普遍性のあるドラマだ。不運に次ぐ不運、たらい回しに次ぐたらい回しが、結局は功を奏すという流れも史実のまま。

そう考えると袋小路のような現代社会にも希望が見えてくる。まっすぐ生きようとする人への賛歌だ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ラビング 愛という名前のふたり2017/09/15\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION