allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

夜に生きる(2016)

LIVE BY NIGHT

メディア映画
上映時間129分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2017/05/20
ジャンルドラマ/犯罪/サスペンス
映倫PG12
罪を重ねて、
愛に溺れて、
心を殺して、

警察の息子からギャングへ。アメリカン・ドリームを掴むため男が背負った代償とは――
夜に生きる [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 2,057
USED価格:¥ 1,350
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 警察一家の父親とその息子たちを巡る激動の一大サーガを綴った人気ミステリー作家デニス・ルヘインの傑作三部作の一編を「ザ・タウン」「アルゴ」のベン・アフレック監督・主演で映画化した犯罪ドラマ。禁酒法時代を舞台に、警察一家に生まれながら裏社会でのし上がっていく一人の若者の愛と野望の行方を描く。共演はエル・ファニング、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、ゾーイ・サルダナ、シエナ・ミラー、クリス・クーパー。
 禁酒法時代のボストン。警察幹部トーマス・コフリンの三男として生まれたジョーは、厳格な父に反発して家を飛び出し、不良仲間とチンピラ稼業に明け暮れていた。そんなある日、賭博場を襲撃したジョーは、そこでアイルランド系ギャングのボス、ホワイトの愛人エマと出会い恋に落ちる。しかしホワイトの罠にはまって刑務所送りとなってしまう。危険な獄中生活で裏社会での生きる術を身につけていったジョーは、父トーマスの尽力でわずか3年で出所すると、ホワイトと敵対するイタリアン・マフィアの傘下に入り、ホワイトが牛耳るフロリダ州タンパへと乗り込んでいくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ローランド投稿日:2018-07-03 10:45:07
  始まって間もなくに連続して見せる殺戮場面などに名作の『ゴッド・ファザー』や『スカーフェイス』が脳裏に浮かびそれに人種問題も絡めたなかなか力の入った作品と思わせるのだけど狎い涼罎離襦璽襪呂任燭蕕瓩澄∈遒辰刃中は守りゃしない、二度と命令には従うまいと誓った瓩般桔ー圓砲覆辰洞箙垓盗をやっているのが警視正の息子だという主人公の設定に無理がありすぎるし、その主人公が見つかれば即座に始末されるだろうギャングのボスの愛人との逢瀬がやけに大っぴらだしと、この監督兼主演で脚本も担当しているベン・アフレックは見かけによらず大らかというか大雑把というか、良いものを知っていて自分もその高みに至ろうとの思いが監督主演脚本を全部やろうとの意気込みになったのだろうけどかなり無理が生じている。   

  なかなかのハンサムながらも、『ザ・コンサルタント』での心的外傷のある人間という人物像には嵌っていた顔の表情の変化の乏しさはそれはそれでよい時もあるのだろうけどここでは演技下手に見えてしまうし、それに声音に量感がないせいもあってこういう役どころは合っていないようで、意欲は買うのだがあれもこれもやろうなんてことはしないほうがよく、もしかしたら持前のセンスを生かしプロデューサーに専念したらとても良い作品を生み出すのかもしれない。
投稿者:HABBY投稿日:2018-06-04 15:51:46
【ネタバレ注意】

『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』を彷彿とするギャング劇。女・カネ・どんぱち、、時代考証が結構しっかりしてるように見えるし売れ線要素が揃ってて面白い。

投稿者:bond投稿日:2018-04-13 22:12:20
マフィアものだが、一難去ってまた一難な連続で面白い。ベンアフレックやるじゃん。
投稿者:あーぼう投稿日:2018-04-09 16:03:16
ベンアフレックが監督・主演。悪くはないけど主演は別の誰かの方が良かったかも。意外性もあるし伏線回収もあるが、ラスト15分以降のエピソードは予定調和というか残務処理のようで残念。エルファニングのカフェシーンが見どころ。フロリダの風景も美しい。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2018-02-12 18:52:41
彼自身が書いたオリジナル脚本の作品が観たい。
投稿者:デジゴン投稿日:2017-12-25 19:38:06
子供のときにはあまんり気にしなかった競争心。
成長する過程で、競争に負けると相手への憎しみや差別心が出るのかもしれない。
また、年を経て、徐々に世の中が分かってきます(一部分ですが)。
現実の矛盾にも出会います。苦しみますね。
生きることは、挫けないで成長する事。ある意味自分との戦いでしょうねぇ。

この映画を反白人至上主義的映画とすると、
反対に最近見た「サイバー・リベンジャー」は、ちょっと胡散臭い感じです。
どちらも現代のアメリカを象徴する映画です。
共にシニアが観るには良くできた楽しめる作品だと思います。
ベン・アフレックは大人になったね。
投稿者:saint_etienne_heaven投稿日:2017-06-04 16:29:29
【ネタバレ注意】

ベン・アフレック監督作にハズレなし。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 美術賞Nancy Haigh 
  ジェス・ゴンコール 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】夜に生きる2018/02/21\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】夜に生きる ブルーレイ&DVDセット2017/09/20\3,990amazon.co.jpへ
 【DVD】夜に生きる2018/02/21\1,429amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】夜に生きるレンタル有り
 【DVD】夜に生きるレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION