allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ソウル・ステーション/パンデミック(2016)

SEOUL STATION

メディア映画 Anime
上映時間92分
製作国韓国
公開情報劇場公開(ブロードウェイ)
初公開年月2017/09/30
ジャンルホラー/パニック/アクション
死を超えた恐怖、
到来。

ソウル・ステーション/パンデミック

(C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & Studio DADASHOW All Rights Reserved.


 Photos

【クレジット】
監督:ヨン・サンホ
脚本:ヨン・サンホ
音楽:チャン・ヨンギュ
声の出演:シム・ウンギョンヘスン
リュ・スンリョンヘスンの父
イ・ジュンキウン
【解説】
 実写長編デビュー作「新感染 ファイナル・エクスプレス」が世界的に大きな話題となったヨン・サンホ監督が、その前日譚として描く長編アニメーション。ソウル駅周辺から始まった恐るべき感染パニック拡大の恐怖を、ヒモ男に裏切られた元風俗嬢の決死のサバイバルを軸に、社会派の視点を織り交ぜつつ衝撃的に描き出す。
 ある夏の夜。ひとりの年老いたホームレスがきっかけとなり、ソウル駅周辺で謎の感染爆発が発生する。たちまち凶暴化した感染者による無差別襲撃事件が頻発、街中にパニックが拡がっていく。その頃、場末の安宿にいた元風俗嬢ヘスンは、勝手に自分の写真を出会い系サイトにアップしたヒモの恋人キウンに怒り、街へと飛び出していく。一方、キウンはサイトを見て連絡してきた中年男性と落ち合うが、彼はヘスンを捜していた父親だった。キウンを捕まえ、2人でヘスンの帰りを待とうとするが、感染者の襲撃を受け、事情も分からぬまま、キウンと一緒に逃げまどうハメに。そんな中、宛てもなく街をさまよっていたヘスンもまた、恐ろしい感染者と遭遇してしまうのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-10-10 13:26:15
【ネタバレ注意】

ヨン・サンホ監督の実写デビュー作『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚となる長編アニメ作品。もともとアニメ作家ということだそうだが、この作品も前日譚としてなかなかよく出来ている。正直アニメとしての技術はさほどではないが、登場人物は徹底して社会の底辺にいる人々。
ホームレスであり、風俗嬢であり、ニートであり…。
他のゾンビ映画同様、いかに魔の手から逃れるかが問題になるが、同時にそこで描かれるのは「人ではない」ということから裏返しで問われる人間とは何か、という命題だ。

老ホームレスから始まった感染は、あっという間に人々に感染していく。命からがら逃げた元風俗嬢のヘスンだったが、一緒に逃げていたホームレスは軍隊の銃に撃ち抜かれ絶命する。
ゾンビから逃げる市民は、最早市民とみなされず、暴徒同様に扱われる。そこには韓国で繰り返されてきた民衆のデモと、それに対する武力による制圧が象徴的に描かれている。
さらにヘスンを救うべく窮地を脱してきた恋人のキウンと、ヘスンの父親を名乗る男の行く末は。

血まみれで倒れるホームレスを誰も助けようとはせず、逃げ惑う市民は暴徒とみなされる。
ラストに至るまで救いはない。
弱者であっても何とか生き抜こうとする主人公たちの悲惨な最期は、現実の厳しさを『新感染』より遥かに強く突きつける。
ラストの舞台がマンションのショールームだというのも、守ってくれるはずの家の不在を印象づける装置として機能している。韓国社会が弱肉強食の格差社会であることはよくいわれていることではあるが、まさかゾンビ映画でそんな格差の一段面を観ることになるとは思わなかった。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION