allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

海辺の生と死(2017)

メディア映画
上映時間155分
製作国日本
公開情報劇場公開(フルモテルモ=スターサンズ)
初公開年月2017/07/29
ジャンルロマンス/文芸/戦争
映倫G
ついてはいけないでしょうか
たとえこの身がこわれても 取り乱したりいたしません

2017年7月29日(土)テアトル新宿ほか全国順次公開

海辺の生と死

(C)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ


 Photos

【クレジット】
監督:越川道夫
製作:畠中鈴子
企画:畠中鈴子
プロデューサー:清野恵里子
財前健一郎
原作:島尾ミホ
『海辺の生と死』(中公文庫刊)
島尾敏雄
『島の果て』
脚本:越川道夫
脚本監修:梯久美子
撮影:槇憲治
美術:沖原正純
編集:菊井貴繁
音響:菊池信之
音楽:宇波拓
ヘアメイク:橋本申二
衣裳デザイン:伊藤佐智子
照明:鳥羽宏文
装飾:藤田徹
助監督:松尾崇
出演:満島ひかり大平トエ
永山絢斗朔中尉
井之脇海隼人少尉
川瀬陽太大坪
津嘉山正種トエの父
【解説】
 『死の棘』の島尾敏雄とその妻・島尾ミホが、2人が出会った太平洋戦争末期の奄美群島・加計呂麻島での出来事をもとに綴ったそれぞれの小説を原作に、奄美大島が自身のルーツだという満島ひかりを主演に迎え、島に駐屯し出撃命令を待つ特攻隊の青年と、島の娘との切ない恋の行方を描いた文芸ロマンス。共演は永山絢斗。監督は「アレノ」の越川道夫。
 昭和19年12月、カゲロウ島。世界中で戦争が起こり、のどかなこの島にも多くの軍人さんがやってくる。そんな中、国民学校の教師・大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇隊隊長の朔中尉と出会う。軍歌よりも島唄を歌えるようになりたいと語るなど軍人らしくない朔のたたずまいにいつしか心惹かれていくトエだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION