allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

パトリオット・デイ(2016)

PATRIOTS DAY

メディア映画
上映時間133分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(キノフィルムズ=木下グループ)
初公開年月2017/06/09
ジャンルドラマ/サスペンス
映倫PG12
最大の危機は、
最大の奇跡を生む――

50万人の観衆で賑わう、ボストンマラソンを襲った爆弾テロ。
犯人特定から逮捕までの驚くべき102時間を描く、奇跡の<実話>!
パトリオット・デイ [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,122
価格:¥ 3,954
USED価格:¥ 3,362
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ピーター・バーグ
製作:スコット・ステューバー
ディラン・クラーク
マーク・ウォールバーグ
スティーヴン・レヴィンソン
ハッチ・パーカー
ドロシー・オーフィエロ
マイケル・ラデュツキー
製作総指揮:エリック・ジョンソン
ポール・タマシー
ニコラス・ネスビット
ダン・ウィルソン
ジョン・ローガン・ピアソン
ルイス・G・フリードマン
原案:ピーター・バーグ
マット・クック
ポール・タマシー
エリック・ジョンソン
脚本:ピーター・バーグ
マット・クック
ジョシュア・ゼトゥマー
撮影:トビアス・シュリッスラー
プロダクションデ
ザイン:
トム・ダフィールド
衣装デザイン:ヴァージニア・B・ジョンソン
編集:コルビー・パーカー・Jr
ゲイブリエル・フレミング
音楽:トレント・レズナー
アッティカス・ロス
出演:マーク・ウォールバーグボストン警察巡査部長 トミー・サンダース
ジョン・グッドマンボストン警察警視総監 エド・デイヴィス
ケヴィン・ベーコンFBI特別捜査官 リック・デローリエ
 
J・K・シモンズウォータータウン警察巡査部長 ジェフ・ピュジリーズ
ミシェル・モナハンキャロル・サンダース
ヴィンセント・カラトーラ
アレックス・ウルフ
テモ・メリキゼ
マイケル・ビーチ
ジェームズ・コルビー
ジミー・O・ヤン
レイチェル・ブロズナハン
メリッサ・ブノワ
カンディ・アレクサンダー
デヴィッド・オーティス
【解説】
 全米に衝撃が走った2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件を「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」のピーター・バーグ監督、マーク・ウォールバーグ主演コンビで映画化した実録ドラマ。事件当日、現場で警備に当たっていたボストン警察の刑事を主人公に、地元警察とFBIの合同捜査で犯人を追い詰めていくまでの緊迫の一部始終をスリリングに描き出していく。共演はジョン・グッドマン、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン。
 2013年4月15日。50万の観衆がつめかけた地元の一大イベント“ボストンマラソン”の警備に当たっていた殺人課の刑事トミー。人々の大声援を受けてランナーたちが次々とゴールする中、彼の背後で突然の大爆発が起こり、多数の負傷者が出て現場は大混乱に陥る。トミーら地元警察官が救護活動と事態の収拾に奔走していると、FBIのリック捜査官が現場に到着、すぐさまテロと断定、そのままFBIが捜査の陣頭指揮を執ることに。やがて周辺の地理に詳しい地元出身者として捜査に協力するトミーだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2018-10-11 21:42:46
実録アクションといえばこの監督主演コンビ。緊迫感が終盤まで持続して、テロリストの背景なんか知った事じゃない。
投稿者:HABBY投稿日:2018-07-10 13:55:09
【ネタバレ注意】

事件から4年で作品化に持っていけるあちらの機動力と愛国心に敬意。それだけへヴィーな出来事だったということなんだろうし、不謹慎かもしれないが、解決時のドンパチ乱射は映画映えする大捕物劇だったということなんだろう。「愛国」という言葉を嫌う傾向のある左翼が牛耳る日本の映画界、もし似たような事件(テロ)が起こった時ちゃんと動いてくれるのかね。オウムによる無差別テロが起きた時もオウム信者(テロリスト)の側に立った作品が出る国だし、一寸不安。それにしても犯人役の俳優、そっくりのルックスだな。

投稿者:spqc2y29投稿日:2018-06-12 06:00:57
【ネタバレ注意】

重厚で迫力あり
被害者の子供の横にずっと立っている警官が印象的

投稿者:bond投稿日:2018-06-04 22:49:54
緊迫感が持続する実話感動サスペンス。最初に見つけた捜査官偉い‼
投稿者:dadada投稿日:2018-02-24 23:50:27
お金のかかった豪華な、「アンビリバボー」。
ハンマーとかの小ネタも取材どおりなんだろね。
主人公だけ架空の人物だそうで、長編映画にしちゃうには賢明。
投稿者:炙り明太子投稿日:2017-06-29 18:32:59
実話での架空の主役は存在感皆無。

アメリカ人はテロに屈しない国民とプロパガンダ臭漂う映画ですが、銃撃戦は迫力あり映画的には見ごたえあったので6点。
投稿者:タミー投稿日:2017-06-19 18:25:26
テロ直後の病院でアレもダメ、コレもダメというやり取りの後で響く電ノコの音がトラウマに。

これはゴジラが現実のテロになっただけでアメリカ版「シン・ゴジラ」かな、と勝手に思っていたが違った。
登場人物のパーソナルな部分を徹底的に潜めた「シン・ゴジラ」に対して、こっちはテロ事件に対して様々な関わり方をした人々のパーソナリティをしっかり描く。
よくある群像劇と言えばそうなのだが、これは監督と実際にあのテロを経験した人々のある思いに答えるための作り。

テロリストたちの言動にしかめっ面で鑑賞していたが、主人公と同僚のあのやり取りでハッとさせられた。
投稿者:mototencho投稿日:2017-06-19 06:33:42
愛がなければテロとは戦えない。ボストン市民に捧げる直球勝負。観客を現場に連れていく迫真の描写は映画でなければ。
http://mototencho.web.fc2.com/2017/patriots.html
投稿者:saint_etienne_heaven投稿日:2017-06-09 14:29:45
【ネタバレ注意】

今、新作が最も楽しみな監督のひとりピーター・バーグ。
高まった期待のハードルを超えてくれた。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】パトリオット・デイ2017/11/08\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】パトリオット・デイ2017/11/08\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】パトリオット・デイレンタル有り
 【DVD】パトリオット・デイレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION