allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ディストピア パンドラの少女(2016)

THE GIRL WITH ALL THE GIFTS

メディア映画
上映時間111分
製作国イギリス/アメリカ
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2017/07/01
ジャンルSF/ホラー/ドラマ
映倫PG12
彼女は
人類の
希望か。
絶望か。

2017年7月1日(土)新宿バルト9ほか公開ロードショー

ディストピア パンドラの少女

(C)Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016


 Photos
ディストピア パンドラの少女ディストピア パンドラの少女ディストピア パンドラの少女

【解説】
 英国の作家M・R・ケアリーのベストセラーSFゾンビ小説を実写映画化。パンデミックによって思考力を失い凶暴化した感染者“ハングリーズ”が跋扈する荒廃した近未来を舞台に、感染しながらも高い知性を保つ少女と、それぞれに事情や思惑を抱えた3人の大人たちが過酷な逃避行を繰り広げるさまを、互いに警戒を怠らない一方で、次第に奇妙な絆も芽生えていく複雑な心理状況を織り交ぜつつスリリングに描き出していく。出演は少女役に新人セニア・ナニュア、彼女が行動を共にする大人たちにジェマ・アータートン、パディ・コンシダイン、グレン・クローズ。監督は「SHERLOCK/シャーロック」や「ドクター・フー」など多くのヒット・ドラマの演出を手がけ、映画はこれが2作目のコーム・マッカーシー。
 真菌の突然変異によって人類に感染爆発が起こり、思考能力をなくし、生きた肉のみを食す“ハングリーズ”が増殖蔓延した近未来。感染を免れた人々は、フェンスで囲われた基地内で兵士たちに守られ暮らしていた。ロンドン郊外にあるそんな基地のひとつで教師をしているヘレン・ジャスティノー。しかし、教える相手は“二番目の子供たち(セカンド・チルドレン)”と呼ばれる感染した子供たち。厳重な監視下に置かれた彼らは、感染しているにもかかわらず、思考能力を維持していた。その中の一人メラニーは、純真な心と高い知性を持ち、ヘレンが特に気に掛けている少女だった。一方、科学者のキャロラインは、メラニーを格好の研究対象とみて、その解剖に乗り出す。そんな時フェンスが突破され、基地内に大量のハングリーズが侵入、ヘレンはパークス軍曹に助けられ、メラニーとともに大混乱の基地を辛くも脱出、なおもメラニーの解剖に執着するキャロラインを加えた一行は、ひとまず協力して、生き残りをかけた決死の逃避行へと繰り出すのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2017-07-03 00:24:13
久しぶりに新鮮味のあるゾンビ映画が登場した。
ある少女の視点から描かれた本作は、意図的に全貌がわかりづらくなっているため冒頭から興味をグイグイと惹かれる。
出来れば予告編も見ずに前知識ゼロで見るのがいい。
アクションよりも人間ドラマがメインである。
中盤からは少しまったりロードムービー的に進むのだが、神々しさも感じる美しい映像と音楽で独自の世界観を作り上げている。
そしてそこからのクライマックスは今まで見たことのないパターンでびっくり。
ラストはちょっとした冗談のようだが、不思議とそれも納得できる。

グレン・クローズも良かったが、序盤でゾンビになった女性の演技力に拍手を送りたい。
投稿者:saint_etienne_heaven投稿日:2017-06-06 12:29:17
【ネタバレ注意】

ゾンビもの(感染ダッシュ系)ではかなり良い出来の部類。
昨年公開の某邦画の過大評価作のゾンビものより遥かに素晴らしい。

【書籍】
■原作
【ペーパーバック】 パンドラの少女
新品:
1新品:¥ 2,160より   11中古品¥ 1,508より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION