allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

彼女の人生は間違いじゃない(2017)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2017/07/15
ジャンルドラマ
映倫R15+
光に手をのばす

2017年7月15日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

彼女の人生は間違いじゃない

(C)2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会


 Photos

【クレジット】
監督:廣木隆一
原作:廣木隆一
『彼女の人生は間違いじゃない』(河出書房新社刊)
脚本:加藤正人
主題歌:meg
『時の雨』
出演:瀧内公美金沢みゆき
高良健吾三浦秀明
柄本時生新田勇人
光石研金沢修
戸田昌宏
安藤玉恵
波岡一喜
麿赤兒
蓮佛美沙子山崎沙緒里
小篠恵奈
篠原篤山本健太
毎熊克哉
趣里
【解説】
 「ヴァイブレータ」「さよなら歌舞伎町」の廣木隆一監督が、故郷・福島を舞台に書き下ろした同名処女小説を自ら映画化したヒューマン・ドラマ。仮設住宅で父親と2人で暮らす市役所勤めの若い女性を主人公に、震災の傷を抱えたまま生きる人々の葛藤の日々を見つめる。主演は「日本で一番悪い奴ら」の瀧内公美、共演に光石研、高良健吾、柄本時生。
 市役所に務める金沢みゆきは震災で母親を亡くし、今は仮設住宅で父親と2人暮らし。農家の父親は土壌汚染で仕事ができず、生きる目的を失ったまま、補償金をパチンコにつぎ込む日々を送っていた。一方、みゆきの同僚・新田は、被災地の現状を卒論にしたいという東京の女子大生の取材を受け、当時の状況についての屈託ない質問に言葉を詰まらせてしまう。そんな中、週末になると高速バスで東京に向かい、デリヘルのバイトをしているみゆきだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:mototencho投稿日:2017-08-05 17:54:08
知らぬ間にヒタヒタと貧困は広がっていて、ダメージを受けると回復不能になるくらい年老いている日本。その“何かが欠けている”と思わせる我が国を、逃げずに描いた。http://mototencho.web.fc2.com/2017/kanojono.html
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-07-28 12:35:12
【ネタバレ注意】

歳月が記憶を風化させる。
しかも時間が経てば経つほど、被災地の人々の暮らしには個別の事情が絡みつき、時には被災者同士で妬み合い、傷つけあうこともある。さらにいえば、福島で高濃度の放射能に汚染された人々は、帰る目処もつかないまま放置されている。「6年」は中学生が成人してしまうほどの時間経過だ。

帰郷する途中の新幹線で震災発生に遭ったという福島県郡山市出身の廣木隆一監督。
登場するのはそれぞれ「事情」を抱えた人々だ。
市役所勤務の傍ら、東京でデリヘル嬢として働く金沢みゆき(瀧内公美)。運転手兼用心棒の三浦秀明(高良健吾)に“守られている”。
かつてつきあっていた山本健太(篠原篤)が会いに来るが、みゆきは露悪的に突き放す。
みゆきの父修(光石研)は妻を津波で失い、土壌汚染された田畑の補償金をパチンコに注ぎ込む日々。
市役所で広報課員として働く新田勇人(柄本時生)は、家族もバラバラになっている。
修の隣の仮設住宅に住む女(安藤玉恵)は自殺を図るが、夫は除染作業に追われてすぐ帰ることもできない…。

みゆきを中心にした群像劇だが、印象に残るのは時折挿入される、帰還困難区域の死んだように荒れた街並みであったり、遠くに見える原発だったりする。
登場人物たちはみな失ったものに区切りをつけ、新たな道を歩みだそうとする、というのは、ある意味ありがちな結末ではある。現実はそう簡単ではないが、かといって落ち込みっ放しというわけにもいかない。少しでも希望を見せたい、というのはわかるし、それでこそ人間だろう、といえばそうなのだけど。

卒論で被災地を取り上げたいといって地元のスナックでバイトをする女子大生。柄本時生が目を輝かせるのに、「津波のときどう思われましたか〜」と、軽い調子でインタビューを始める女子大生に彼は何も答えられない。そんな簡単なもんじゃない、そんなひと言で語れる話じゃない、そう言いたげな彼の表情が忘れられない。
ただ、もうひとつ何かが足りない気がした。
それが何かはよくわからないのだが、原発災害で狂わされたそれぞれの人生を、それぞれの責任で引き受けないといけない、という諦念のようなものを感じたからだろうか。
もっと怒れよ、もっと狂えよ、と望むのは、非被災者である自分の傲慢さであることを踏まえつつ、でも映画ならそれができるのでは?とも思ってしまう。現実から遊離してどうするんだ、という自らの声も聞こえるのだが…。
それほど被災地を描く作品は、年々困難になっていく。

【書籍】
■原作
【単行本】 彼女の人生は間違いじゃない
新品:
2新品:¥ 1,512より   9中古品¥ 956より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION