allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ボンジュール、アン(2016)

BONJOUR ANNE
PARIS CAN WAIT

メディア映画
上映時間92分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東北新社=STAR CHANNEL MOVIES)
初公開年月2017/07/07
ジャンルドラマ
映倫G
人生って、
まだまだステキ。

2017年7月7日(金)、TOHO シネマズ シャンテ他にて全国ロードショー

ボンジュール、アン

(C)the photographer Eric Caro


 Photos

【解説】
 巨匠フランシス・フォード・コッポラの妻エレノア・コッポラが自らの体験を基に、自身初の長編劇映画として撮り上げた大人のロード・ムービー。主演はダイアン・レイン、共演にアルノー・ヴィアール、アレック・ボールドウィン。
 著名な映画プロデューサー、マイケル・ロックウッドを夫に持つアン。仕事と子育てに追われ、忙しい日々を送ってきたが、その子育ても一段落したいま、人生の転機を迎えようとしていた。そんな中、夫とともにカンヌ国際映画祭にやって来た彼女は、その後のバカンスを楽しみにしていたが、マイケルは急な仕事でブダペストへ飛ぶことに。耳の具合がよくないアンは飛行機を諦め、車でパリに戻るマイケルの仕事仲間ジャック・クレマンに同乗させてもらうことに。7時間もあれば到着するはずの道のりが、人生を楽しむ術を知り尽くしたフランス男が真っ直ぐ帰るわけもなく、アンはジャックの気ままな寄り道旅に付き合わされるハメになってしまうが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:マジャール投稿日:2017-08-24 17:36:55
どうってことない映画だったけど、なかなか楽しかったです。
南仏の風光、名所旧跡にあちこち寄り道して、ちょっと気楽な旅気分。A・ボールドウィンとの中年夫婦の機微。D・レインをエスコートするフランス男が、ちょっと往年の二枚目トニー・カーティスをふやかしたような(?)風貌だったのも可笑しかった。エンドタイトルが無駄に長過ぎないのも好印象。

なんと、監督はコッポラ夫人。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION