allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

あゝ、荒野 前篇(2017)

メディア映画
上映時間157分
製作国日本
公開情報劇場公開(スターサンズ)
初公開年月2017/10/07
ジャンルドラマ/青春
映倫R15+
孤独をブチ壊せ
あゝ、荒野 (特装版) Blu-ray BOX
参考価格:¥ 10,584
価格:¥ 6,980
USED価格:¥ 5,460
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:岸善幸
製作:河村光庸
瀬井哲也
四宮隆史
宮崎伸夫
宇野康秀
山本浩
植田実
企画:河村光庸
エグゼクティブプ
ロデューサー:
石井紹良
堤天心
プロデューサー:杉田浩光
佐藤順子
ラインプロデュー
サー:
塚村悦郎
共同プロデューサ
ー:
行実良
中村優子
飯田雅裕
原作:寺山修司
『あゝ、荒野』(角川文庫刊)
脚本:港岳彦
岸善幸
撮影:夏海光造
特殊メイク:百武朋
美術:磯見俊裕
徐賢先
衣装:宮本まさ江
キャスティング:おおずさわこ
音楽:岩代太郎
主題歌:BRAHMAN
『今夜』
ヘアメイク:小沼みどり
ボクシング指導:松浦慎一郎
照明:高坂俊秀
整音:小林喬
録音:森英司
DIT:鈴木裕
出演:菅田将暉沢村新次/新宿新次
ヤン・イクチュン二木建二/バリカン建二
木下あかり芳子
モロ師岡建夫
高橋和也宮本
今野杏南恵子
山田裕貴裕二
河井青葉
前原滉
萩原利久
小林且弥
山本浩司
鈴木卓爾
山中崇
ソ・ヘリン
中村まこと
井之脇海
市川理矩
松浦慎一郎
山田杏奈
大内田悠平
あこ
中野英樹
野中隆光
田中奏生
木村聖哉
大庭愛未
でんでん馬場
木村多江君塚京子
ユースケ・サンタマリア片目(堀口)
【解説】
 「二重生活」の岸善幸監督が寺山修司の同名小説を「溺れるナイフ」の菅田将暉と「息もできない」のヤン・イクチュンを主演に迎え映画化した大作青春ドラマ。劇場公開に際しては前後篇に分けて上映。本作はその前篇。2020年の東京オリンピック後を舞台に、運命的に出会い、それぞれの思いを胸にプロボクサーを目指して突き進む2人の若者の絆と宿命を、彼らを取り巻く人々との人間模様と共に綴る。
 少年院上がりの新次は裏切り者の裕二に殴りかかり、逆にプロボクサー・デビューを果たした裕二に返り討ちにされてしまう。吃音と赤面対人恐怖症に悩む建二が偶然居合わせ、倒れかかった新次を助け起こす。その一部始終を目撃していた元ボクサーの堀口は、2人を自分の運営する歌舞伎町のジムにスカウトする。こうして新次は自分を捨てた母へのやり場のない怒りと裕二への復讐を胸に、一方の建二は自分を無理やり韓国から連れてきた暴力的な父親に対抗するため、互いに切磋琢磨しながら厳しいトレーニングに打ち込んでいくのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
あゝ、荒野 前篇(2017)
あゝ、荒野 後篇(2017)
あゝ、荒野 完全版(2017)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2019-05-04 21:36:48
【ネタバレ注意】

まるで『ディストラクション・ベイビーズ』のスピンオフ作かと思えるほど序盤から菅田将暉(演じる素行不良の青年)が暴言を吐いて殴りまくる(喧嘩の際の“言葉の暴力”方法、同郷の先輩浜田雅功にほんとそっくり)。だがしかし本作のテーマはボクシング。彼らがプロのボクシング選手になろうと決断した瞬間から無節操な殴りは消え、代わって極限状態の節制、自己鍛錬、いわばホンモノの武士になる為の修行がスタートする。金を稼いで女を抱きたい、強くなって昔虐められたあいつを見返したい。プロボクサーになる人間の動機なんて(一部の例外を除き)こんなもの。そんなリアルな、男たちの成長物語が生々しく描かれていると思う。ヤン・イクチュン演じる在日二世(吃音がひどく、無理矢理日本に連れてこられた親父に四六時中殴られっぱなし)のキャラクターの不遇さが、マイクタイソンやマニーパッキャオ、辰吉丈一郎etcの少年時代(プロデビュー前)の姿に少し重なって見えた。ボクシングジムトレーナー役、ユースケサンタマリアの胡散臭さも良い味。

投稿者:黒美君彦投稿日:2017-10-23 14:30:15
【ネタバレ注意】

舞台を敢えて「2021年」としたことで、不思議なパラレルワールド感が生まれる。
あちこちに立てられている「核テロ阻止行動」という幟。都心ではテロらしき爆発が相次いでいる。
そこで偶然ボクシングに出会う不良上がりの沢村新次(菅田将暉)と二木建二(ヤン・イクチュン)…。
テロが相次ぐ社会を背景に、国内では介護職か自衛隊に1年従事すれば、奨学金返済が免除になる「選択的徴兵制」となっている。いわゆる経済的徴兵なのだが、こんな近未来は十分ありそうで怖い。
新次の父親は元自衛官で自死を遂げ、建二の父親建夫(モロ師岡)もまた海外派兵された元自衛官。
新次の恋人芳子(木下あかり)は、東日本大震災で父を亡くし、母親が身を売って育てられた過去を持つ。
そんな「2021年」の社会に広がる荒野を背景にした作品は、なかなか凄まじかった。
原作は未読だが、寺山修司の文体がところどころで蘇った。

ボクシング映画は、俳優に過酷な試練を与える。菅田将暉は細い体を鍛えて増量し、逆にヤン・イクチュンは20キロにも及ぶ減量を行って肉体改造をしたのだとか。
自らメガホンを取った『息もできない』(2008年)で、鮮烈な印象を与えたヤン・イクチュンが、父親に暴力的に支配されていた吃音の青年を巧演。
菅田はこの作品で役者としてさらに大きくなった感じがする。
ふたりのボクシングをめぐるシーンは、脇役のでんでんやユースケ・サンタマリアも前に出過ぎず、いい感じに仕上がっている。
建二の父親が関わることになる「自殺研究会」はやや違和感を覚えないでもない。ただ、ドローンを使った公開自殺する主宰者の大学生川崎敬三(前原滉)に「希望という病」(もとはサン・テグジュペリの言葉)を語らせたかったのではないか、とも思う。
観念的な死と、肉体的な死をボクシングという暴力装置で対比させようとした、というとあまりに通俗的な解釈かもしれない。

本当の家族のように過ごした新次と建二が、後編では互いに闘うことになるのだろうな、と思いつつ、ぐいぐい見せてしまう岸善幸の演出はさすがだと思った。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演男優賞菅田将暉 
■ 作品賞 
 ■ 助演男優賞ユースケ・サンタマリア 「泥棒役者」に対しても
■ 観客賞 
【サウンド】
『今夜』
歌 :BRAHMAN
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】『あゝ、荒野』 特装版 Blu-ray BOX2017/11/01\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】『あゝ、荒野』 特装版 DVD-BOX2017/11/01\8,900amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION