allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ドリーム(2016)

HIDDEN FIGURES

メディア映画
上映時間127分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2017/09/29
ジャンルドラマ
映倫G
全ての働く人々に贈る、勇気と感動の実話

ドリーム

(C)2016Twentieth Century Fox


 Photos

【解説】
 NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。人種や性別の壁に直面しながらも、卓越した知性と不屈の信念を武器に、自ら道を切り開いていった彼女たちのユーモアとバイタリティにあふれた生き様を、軽妙かつ前向きな筆致で感動的に描き出す。主演はタラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、共演にケヴィン・コスナー、キルステン・ダンスト、ジム・パーソンズ。監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。
 米ソ冷戦下の1960年代初頭。アメリカはソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。そんな中、NASAのラングレー研究所には、優秀な頭脳を持つ黒人女性たちが計算手として働く“西計算グループ”という部署があった。ドロシー、キャサリン、メアリーはそこで働く仲良し3人組。ドロシーは西計算グループのまとめ役だったが、管理職への昇進は叶わないまま。エンジニアを目指すメアリーも、そのために学ぶ必要のあった大学は黒人に対して門を閉ざしていた。一方、幼い頃から類いまれな数学の才能を発揮してきたキャサリンは、その実力が認められ、ハリソン率いる宇宙特別研究本部に配属される。しかしそこは白人男性ばかりの職場で、黒人女性であるキャサリンを歓迎する雰囲気は微塵もなかった。それでも3人は、自分たちの力を信じて、国家的一大プロジェクトに貢献すべく奮闘していくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2017-11-20 19:22:44
ともすれば重くなりがちな人種差別というテーマをコミカルに笑い飛ばしながら演出、見ていて小気味よい。内容が専門的なので『ライトスタッフ』で予習してから見ることをお勧めします。
投稿者:mototencho投稿日:2017-10-07 19:01:25
差別に負けず、勝ち取った技術者のど根性物語に感動。かなり色をつけた描き方はアメリカ映画ならではなんだけど、恐らく実際はもっと淡々と、当然のように差別はあった。しかしそれが“どう考えたって間違っている”ことを、彼らは自らの道を切り開くことで獲得したのだ。http://mototencho.web.fc2.com/2017/hiddenfi.html
投稿者:敦煌投稿日:2017-10-03 22:56:23
【ネタバレ注意】

 三者三様の戦い方を見せてくれるところがいいですね。
 オクタビア・スペンサーはプログラミングをいち早く学び、
白人リケ女よりも優位に立つ。
 ジャネール・モネイは温情や正義に訴えるのではなく、
「歴史に名を残したいでしょ」と相手の虚栄心をくすぐることで
白人大学への入学許可を得る。
 タラジ・P・ヘンソンはトイレが人種別になっていることに憤り、
ストレートにブチ切れる。
 これが史実の通りだとは思わないが、たぶん実際の公民権運動も、
こうした正攻法あり、搦め手からの突き崩しありの多方面作戦だったの
ではないかな。
 タラちゃんのブチ切れからケビン・コスナーのトイレ破壊に
至るシーンでは、まわりの非白人女子がみんなして すすり上げて
いました。

 キルステン・ダンストは珍しく性格ブスな役を担当。彼女と
オクタビア・スペンサーは当初「ドロシー」「ミス・ミッチェル」
と呼びあっていたけれど、立場が同格になった終盤、ダンスト演じる
ミス・ミッチェルはドロシーを「ミズ・ボーン」と呼び始める。
 まあ、それも1つの前向きな変化ではあるでしょう。でも
ミス・ミッチェルは決して「私をビビアンと呼んで」とは
言わないんだよね。
 要は「能力は認めるけど友達にはならないわよ」と言外に
言っているわけで、公民権運動の先が長いことをやんわりと
感じさせる一幕ではあった。

 とはいえ白人男性であるメルフィ監督は、『それでも夜は明ける』
みたいな攻撃的な映画には仕立てずに(攻撃的なのが悪いとは
言わないが)、笑いあり、ロマンスあり、初めての有人宇宙飛行を
巡るハラハラあり、コンピュータ導入による人員削減問題ありと、
実に様々な要素を持つ作品にまとめあげてくれた。
 言っちゃなんだが、同じ2016年の黒人映画ならオスカー受賞の
『ムーンライト』よりこっちの方がずっと面白かったよ。

投稿者:黒美君彦投稿日:2017-10-02 16:57:38
【ネタバレ注意】

米国の宇宙開発計画になくてはならなかった三人のアフリカ系女性を主人公にした作品。
実話に基づいてはいるが、実際には相当史実とは異なるようだ。
まず、この作品は1961年を舞台にしているが、この頃すでにトイレの差別化はなくなっていたとか。
またドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)は1949年にはスーパーヴァイザーに昇進していたし、キャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)は1953年にはNASAの前身に配属されていたという。メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)も1958年段階で工学の学位を得ていたとか(wikipediaによる)。
NASAのあったバージニア州は人種隔離政策が厳しかったのは事実なのだが、「白人用」「非白人用」というトイレの別はこの映画では重要な要素なので、史実に反する表現はいかがなものか。それはドロシーの昇進問題、メアリーの学位の問題でも同様である。
それって本当は違う、というには、根幹に関わる部分ではなかろうか。

数学的才能に恵まれた彼女たちが、自らの能力を発揮することで差別をはねのけ、周囲に認めさせていく過程は痛快でもあるが、ちょっと待てよ、とも思う。
彼女たちは誰にも文句を言わせない才能を持っていたからいい。だが大多数はそんな高い能力を持っているわけではない。そこはどうなるのだ、と思ってしまうのだ。もちろん彼女たちが先鞭をつけたことは素晴らしいし、惜しみない拍手を送りたいのだが…。そこに「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕る猫はいい猫だ」(小平)のような功利主義を感じるのは深読みしすぎか?「僕はユダヤ人だ!でもこうして技術者として働いている」という台詞(うろ覚え)もあったから、余計そう思ったのかもしれない。
もうひとつは、彼女たちが魅力的だった、という点だ。
非白人であることをわきまえつつ、服装はオシャレ。当時の中間層に位置する彼女たちは、やはり大部分の黒人とは異なる場所にいたと言っていいだろう。
素敵なエピソードだと思いつつ、どこか引っかかってしまうのは、この映画でのエピソードがドロシーと上司ミッチェル(キルステン・ダンスト)の会話を具現化したように思えるからだろう。ミッチェルは「偏見はないのよ、わかって」とドロシーに言うが、ドロシーは「わかってるわよ、そう思い込んでいるのは」と答える。
この作品もまた、そんな思い込みがないだろうか…。

投稿者:ローランド投稿日:2017-10-01 10:50:04
  この映画の存在を知った時にその内容から、これはアカデミー賞の有力候補になるだろうし公開されたら観に行こうと待ち構えていたのに、近くの館では上映しないし全国的にも上映館が少ないみたいなんで改めて調べたら、アカデミー対象は昨年のことで遅れて今頃になって日本で公開されたってことだったぁ・・・ 間抜けだね。   でも配給会社はもっと間抜けだと思うよ。
投稿者:nabeさん投稿日:2017-06-18 09:08:45
アメリカ有人宇宙計画の黎明期を描いた感動作である。
まだ黒人差別が普通に存在していた1960年代初期、三人の黒人女性が当時最先端の職場であるNASAで、黒人ならではの苦労と戦いながら自分の夢をかなえていくストーリーだが、この手の物語を描かせたらハリウッドの右に出るものはいないだろう。それほど緩急自在のシナリオには隙が無い。
黒人差別という、ともすると暗いテーマを、マーキュリー計画という国家の威信をかけた壮大なストーリーにうまくブレンドして、明るくコメディタッチで演出しているのがイイ。ラストのエピソードを含め、内容は史実に基づいているので違和感が無く、実に感動的だ。
オスカー女優のオクタヴィア・スペンサーら三人の黒人女優が、実に印象的な演技をしている。本部長役のケビン・コスナーもはまり役だ。
【ミュージック】
【CD】 「ドリーム」オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,376
8新品:¥ 2,350より   1中古品¥ 2,130より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION