allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

50年後のボクたちは(2016)

TSCHICK
GOODBYE BERLIN

メディア映画
上映時間93分
製作国ドイツ
公開情報劇場公開(ビターズ・エンド)
初公開年月2017/09/16
ジャンル青春/コメディ/アドベンチャー
映倫PG12
未来なんて、
クソくらえ。

2017年9月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

50年後のボクたちは

(C)2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH


 Photos

【解説】
 「愛より強く」「ソウル・キッチン」のファティ・アキン監督が、ヴォルフガング・ヘルンドルフのベストセラーYA小説『14歳、ぼくらの疾走』を映画化した青春コメディ。クラスで目立たない14歳の少年が、ひょんなことから風変わりなコワモテ転校生と仲良くなり、オンボロ車で無軌道な旅に出るひと夏の冒険と成長をノスタルジックに綴る。主演はトリスタン・ゲーベルとアナンド・バトビレグ。
 不器用で臆病な14歳のマイク。家では母がアル中で父は浮気中という家庭崩壊寸前で、学校でも憧れのタチアナに声を掛けることもできず、クラスで目立たないようにしているばかりの退屈な毎日を送っていた。そんなある日、クラスにロシアからやって来たという風変わりな転校生チックがやってくる。変な髪型で不良じみた彼の登場はたちまち学校中の噂に。そんな中迎えた夏休み。ある日突然、チックが無断で借用したオンボロ車“ラーダ・ニーヴァ”に乗って現われる。チックはマイクをドライブに誘うと、そのまま祖父が住んでいるという“ワラキア”を目指して旅に出るのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION