allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アトミック・ブロンド(2017)

ATOMIC BLONDE

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月2017/10/20
ジャンルアクション/サスペンス
映倫R15+
最強の女スパイ、現る。
アトミック・ブロンド [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,400
価格:¥ 3,436
USED価格:¥ 2,960
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:デヴィッド・リーチ
製作:エリック・ギター
ピーター・シュウェリン
ケリー・マコーミック
シャーリーズ・セロン
A・J・ディックス
ベス・コノ
製作総指揮:ニック・マイヤー
マーク・シャバーグ
ジョー・ノーゼマック
スティーヴン・V・スカヴェリ
イーサン・スミス
デヴィッド・ギロッド
カート・ジョンスタッド
原作:アントニー・ジョンストン
(作)
サム・ハート
(画)
脚本:カート・ジョンスタッド
撮影:ジョナサン・セラ
プロダクションデ
ザイン:
デヴィッド・ショイネマン
衣装デザイン:シンディ・エヴァンス
編集:エリザベット・ロナルズドッティル
音楽:タイラー・ベイツ
音楽監修:ジョン・フーリアン
出演:シャーリーズ・セロンローレン・ブロートン
ジェームズ・マカヴォイデヴィッド・パーシヴァル
ジョン・グッドマンエメット・カーツフェルド
ティル・シュヴァイガー時計屋
エディ・マーサンスパイグラス
ソフィア・ブテラデルフィーヌ・ラサール
ジェームズ・フォークナー
ビル・スカルスガルドメルケル
サム・ハーグレイヴジェームズ・ガスコイン
ヨハンネス・ヨハネッソンバクティン
トビー・ジョーンズエリック・グレイ
ローランド・ムーラーブレモヴィッチ
バルバラ・スコヴァ
【解説】
 「モンスター」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のシャーリーズ・セロンが美しき最強女スパイを演じるサスペンス・アクション。冷戦体制崩壊直前のベルリンを舞台に、極秘ミッションに臨むヒロインが、次々と現われる刺客相手に壮絶な戦闘アクションを繰り広げるさまを、リアルかつスタイリッシュに描き出す。共演はジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ。監督はスタント畑出身で、「ジョン・ウィック」では共同監督を務め、「デッドプール」続編の監督にも抜擢されるなどハリウッドで注目を集めるアクション演出のスペシャリスト、デヴィッド・リーチ。
 冷戦末期の1989年。英国秘密情報部“MI6”の凄腕エージェント、ローレン・ブロートンは、何者かに奪われた極秘リストの奪還と、二重スパイ“サッチェル”の正体を突き止めよという密命を帯びベルリンに降り立つ。早速現地で活動するスパイ、デヴィッド・パーシヴァルと合流するが、彼女の行動は敵側に筒抜けとなっていた。誰が敵か味方かまるで分からない状況の中、次々と襲いかかる殺し屋たちを、強靱な肉体と圧倒的戦闘スキルでなぎ倒していくローレンだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2018-10-09 22:15:15
セロンはアクション女優路線でいくのか?アクションは頑張ってるが、内容は裏切りのサーカス並みにややこしい。
投稿者:ビリジョ投稿日:2018-09-11 16:44:10
【ネタバレ注意】

 シャーリーズ・セロン、好きなんですけどね。

 スパイ映画っていつも思うのだが、何でスパイなのにあんなに目立とうとするんだろう、って不思議。目立たずじっと潜んでいるのがスパイなんじゃないの。違うの?

 アクションシーンは立派だしシャーリーズもスタントか本人か知らんけど頑張ってたし。あの長回しも本当に長回しなのかCGと編集なのか知らんけど見応えあったし。

 でも、わーアクションすげーと褒め称える年でもなくなったなあ。ベルリン崩壊という硬いテーマが背景にあるのに、ストーリーはそれが関係あるんだかないんだか。

 あ、ジョン・グッドマンなんだ。ヒゲで分からんかった。

投稿者:ローランド投稿日:2018-07-26 14:47:54
  東西冷戦象徴のベルリンの壁が解放されるという時期を舞台に、あの国にこの国にそっちの国にあっち側の陣営とこっち側の陣営のスパイや組織が入り乱れてややこしく、その上に監督がスタント畑出身だからってことなんだろうけど、物語を進めるうえでの必要なアクションというよりもそれを見せたいがために物語を展開するようなことになる派手だがリアリティーに欠けたアクションがてんこ盛りで、それで物語が二転三転どころか四転五転まであるのだから劇場公開での観賞では訳が分からなくなって評判はよろしくなかったのではないでしょうか?。   

  子供の頃シャーロックホームズを読むときに登場人物をメモしておいて読み進まないと憶えきれなくて混乱してしまったのを思い出し、この映画も登場人物が多くてかなりややこしそうだしってことで、そこはDVD観賞の良いところ、ガスコイン・・・最初に殺される奴、バグティイン・・・殺した奴でKGB、とメモしながら観進んで行ったのだけど、細部を検証すればちょっと都合よく出来過ぎではないかとの思いはするがかなり考えての脚本だったのだろうなって意気込みは十分に伝わってくるし、リアリティーを欠いたアクションもシャーリーズ姐御主演のプロレスを見るような気持ちでいればそれはそれでよしで、何といっても物語をこれだけ良い意味でコロリコロリと転がしてくれたもんだと感心させられます。   

  ベルリンの壁がなくなった時には遠くの国の人間ながら何かとても嬉しくて、後に日ソ親善協会が売っていたゴルバチョフ大統領来日記念なるテレホンカードセットを買って今も保存しているくらいなんだけど、そういった華やかな表舞台だけではなくてアヒルの水掻きやホルン奏者の右手みたいに見えないところでせっせと何やかにやと努力していた人々が多くいたのだろうね。
投稿者:ディラン投稿日:2018-06-12 17:31:48
映画は圧倒的にレンタルが多い。
その中で新作でも割とあっさり借りられる映画があったり、1年近くたっても人気で借りれない物があったりと様々だ。
新作で有名な俳優が出演しているのにあっさりと借りれる映画は要注意。すなわち”つまらない率”が高いのだ。

今週見た「アトミック・ブロンド」がもろこれに当てはまった。
レンタル開始が3月からで当時からだいたいいつでも借りられる状態、主演がシャーリーズ・セロン。もろだ。
危険度は高いが、借りられるリストにこれといった作品もなかったのでしかたがない。

結論から言うとそれなりに楽しめた作品ではあった。
ベルリンの壁崩壊当時のmusicやファッション、アクションシーンも悪くないし、お色気も多少だがある。

北米興業はコケたそうだがこれは話の分かり難さにつきると思う。
単純なスパイアクションものではなく、複雑な諜報戦にアクションが絡む展開となっている。
MI6、KGB、CIA、フランス諜報部員が入り乱れ騙したり騙されたり裏切があったり。
これを最後の最後まで引っ張っていくのでついて来られない人も多数いたと思われる。

だが「007スペクター」のあまりの単調で予定調和的な展開にシラケた人には十分おすすめできる作品だ。
投稿者:ghost-fox投稿日:2018-03-04 21:56:18
【ネタバレ注意】

美貌と才能を合せ持つも作品には恵まれていない

投稿者:dadada投稿日:2018-03-04 18:13:47
シャーリーズ・セロン姐さん、超カッコいい!トレーラー観て華麗なアクション映画って感じなのかと思ったが、アクションは意外とガチで拳を握りしめてしまいました。全体的には、どこぞで「ジョン・ウィック」+「裏切りのサーカス」って書き込みを見かけたけど、まさにソレソレ。アレなんだったっけ?と観直したくなる、ちょっとした中毒性は「サーカス」的ね。だけどコッチにはアクションもあるんだから、お得感あるよ。
投稿者:炙り明太子投稿日:2017-11-02 17:44:29
【ネタバレ注意】

BGMはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの影響か?
オスカー受賞してもアクション映画に出続けるセロンは素敵だな〜

約10分間ワンショット撮影風のクライマックス以外これといった見せ場が無いのが残念!
しかし、個人的には女性を主役にしたアクション映画の中では一番。

投稿者:敦煌投稿日:2017-10-26 21:34:15
マシュー・ボーンの映画みたいな、もっとスカッとしたエンタメ作品を期待してました。
投稿者:mototencho投稿日:2017-10-24 21:07:54
まさにオッサン向け。今や懐メロの名曲にノリノリ、シャーリーズ・セロンの肉弾戦も見もの。体当たりセクシーもあって、サービス満載。男のアクションではこうはいかない。http://mototencho.web.fc2.com/2017/atomicbl.html
投稿者:skull & rose投稿日:2017-10-22 23:52:21
スタントマン出身の監督なだけあって、コンバットシーンの見せ方はシンプルにして的確である。終盤の1カット10分近い長回しがその白眉なのだが、説話全体のなかで結局のところこのシーンだけ浮いてしまっている。

序盤から終始音楽を流し続けているせいで、物語が佳境に近づいても一向にテンポが変わらないというか、音に奪われた画面がただ上滑りしてしまうような感覚になってしまうのは、やはり音楽を使いすぎだと思うのだ。ありきたりな物語で、回想形式で説明的なセリフを入れているにもかかわらず、決して説話性が上手いとは言えないだろう。

2度捉えられる氷付けのバスタブに浸かるシーンの異様さは、うって変わって音楽を使わない数少ない静的なシーンだからであり、それがラストのアイスペールへとつながる演出はもっと強調してもいいくらいに短いのだが素晴らしい。
また、その直後のエレベーター内でウィッグを脱ぎ捨てるクロースショットに、ボウイ&クイーンの“アンダープレッシャー”が流れ出すタイミングは完璧といっていいキラーショットだ。男嫌いのフェミニズム・モンスターのようなセロンが、両性具有者としてその本性を現したようなインパクトを感じるのだ。全体としてちぐはぐなアンバランスさを感じるのだが、忘れがたい強烈な画面もまた散見される。充分にオリジナリティとチャレンジ精神をもった個性的な映画たりえていると思うのだ。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2017-10-21 03:52:49
シャーリーズ・セロンのクールさを全面に出そうとして逆に痛い感じに……なっているかと想像したけど、これがなかなかキマってる。
下手に美しく見せようとせず、ボロボロの顔と体を惜しげも無く見せていくことで逆に魅力的に映る。
これだけクールで男勝りな主人公なので、仮に下手な恋愛シーンでも入ったらゲンナリしていたところだが、この映画はなんとレズシーンを入れてくるという気のききよう。
音楽といい映像といい、全体的にセンスがなかなかよろしい。

オープニングはニューオーダーの「ブルーマンデー」から始まりいきなりテンションがあがる。
ただ、その後のストーリーはシンプルなのにやたらと複雑に感じるし、あんまり興味がそそられない。
見所はやはりアクションだ。
「ジョン・ウィック」に通じる長回しのアクションシーンはごまかしが効かない分、リアリティ抜群で見応えあり。
特に終盤の階段でのアクションシーンからカーチェイスの一連のシーンはすごい。
本当に痛そうで見ていて痛い。とにかく痛い。

ラストはもうちょっとクールに締めれた気がするが、全体的には満足。
シャーリーズ・セロンの新しい魅力が存分に味わえる作品。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 格闘シーン賞シャーリーズ・セロン シャーリーズ・セロン対Daniel Hargrave、Greg Rementer
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】アトミック・ブロンド2018/04/03\5,000amazon.co.jpへ
 【DVD】アトミック・ブロンド2018/04/03\4,000amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION