allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミッドナイト・バス(2017)

メディア映画
上映時間157分
製作国日本
公開情報劇場公開(アークエンターテインメント)
初公開年月2018/01/27
ジャンルドラマ
映倫G
道の先が分かれていても、
いつだって 家族はそこにいる

長いトンネルを抜けると、あなたがいてくれた
ミッドナイト・バス  Blu-ray豪華版
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 5,458
amazon.co.jpへ

 Photos
ミッドナイト・バスミッドナイト・バスミッドナイト・バス

【クレジット】
監督:竹下昌男
製作:竹下昌男
渡辺美奈子
小田敏三
星野純朗
プロデューサー:本間英行
遠藤日登思
ラインプロデュー
サー:
姫田伸也
原作:伊吹有喜
脚本:加藤正人
撮影:丸池納
美術:飯塚優子
編集:奥原好幸
音楽:川井郁子
照明:山川英明
録音:白取貢
助監督:佐野友秀
出演:原田泰造高宮利一
山本未來加賀美雪
小西真奈美古井志穂
遠藤雄弥大島雅也
渡辺真起子大島恵美子
遠山俊也大島達也
佐藤恒治長谷川巌
マギー佐藤孝弘
舞川みやこ植田絵里花
長谷川玲奈木村沙智子
葵わかな高宮彩菜
七瀬公高宮怜司
長塚京三山辺敬三
【解説】
 「ジャンプ」の竹下昌男監督が再び原田泰造を主演に迎え、伊吹有喜の同名小説を映画化したヒューマン・ドラマ。長距離深夜バスの運転手を主人公に、ばらばらになっていた家族の再出発を静かに見つめていく。共演は山本未來、小西真奈美、葵わかな、七瀬公、長塚京三。
 東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で長距離深夜バスの運転士として働くバツイチの中年男、高宮利一。2人の子どもたちが手を離れた今、東京にいる若い恋人・志穂との結婚を考えていた。ところが息子の怜司が東京の仕事を辞めて実家に舞い戻ってきた。一方、娘の彩菜も決まりかけていた結婚を前に夢を諦めきれずに揺れていた。そんなある日、利一が運転するバスに16年前に離婚した元妻・美雪が乗り込んでくる。東京で新しい家庭を持った美雪との思いがけない再会にも、見るからに疲れ果てたその姿に心配が募る利一だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:candyboy投稿日:2018-03-10 14:51:22
【ネタバレ注意】

 驚いた。これほどの出来とは思わなかった。一見、どこにでもある設定だ。題材に新味はなく、ドラマチックな事も何一つ起こらない。でも、2時間37分という長尺の映画なのに、全くダレるところがない。俳優たちの演技と台詞の集積から、我々が抱える実に様々な課題が炙りだされてくる。それは親の介護であり、人生の再出発であり、若者の起業や単身赴任であり…どこにも正解がない分、当事者たちは悩み、苦しみ、誰かにすがろうとする。そんな市井の人々の日常を丁寧に掘り下げているからこそ、本作は静かな感動を生むのだ。
 主人公の利一を演じた原田泰造が良かった。H.P.にも記載があったが、“父”と“男”の間で揺れ動く微妙な役処を上手く演じている。また、少し神経質過ぎる利一の元妻を山本未來が、そして東京で小料理屋を営み、利一に寄り添う恋人の志穂を小西真奈美が、それぞれに抱えた苦悩を絞り出すような演技を見せて物語の緊張感を高めていく。
 そして映画は、様々な紆余曲折の末にささやかな家族の再生を予感させて幕を閉じようとするのだが、最後に1人取り残された利一の切ない寂しさににじり寄っていく。そこで利一は、初めて自分が失ったものの大きさに気づくのだ。そしてひとつの行動に出るのだが、その意図は果たして志穂の胸に届くのか…。ラストカット、志穂が愛犬“おいで”の鳴き声に振り向いた、その先が気になって仕方がない(このテーマだけで2〜3時間は飲めそうだ)。
 監督は竹下昌男。実に様々な名匠の元で助監督を務めていたという履歴を読んだ。なる程、ただ者ではないと納得。そして、音楽も良かった。ロードムービーらしい、しみじみとした旅情感のある旋律に酔った。

 しかし、こんな秀作が神奈川では1軒の封切館でしか観られず、しかも僅か3週間で上映終了とは信じられない。もっともっと話題になっていい。

【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】ミッドナイト・バス2018/11/02
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION