allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

すばらしき映画音楽たち(2016)

SCORE: A FILM MUSIC DOCUMENTARY

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アンプラグド)
初公開年月2017/10/07
ジャンルドキュメンタリー/音楽
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,853
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
  数々のハリウッド映画を彩ってきた映画音楽と名作曲家たちにスポットを当て、映画史に燦然と輝く名曲たちがどのようにして生まれたのか、その知られざる誕生秘話を、当事者たちが率直に語る貴重なインタビューを通して明らかにしていく音楽ドキュメンタリー。監督はTVを中心に活躍し、本作が長編映画デビューとなるマット・シュレイダー。2017年7月にWOWOWにて本邦初放映後、2017年7月から8月に開催の<カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017>にて上映。その後、201年10月には劇場公開も実現。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:笠勝利投稿日:2017-08-10 12:14:15
「ファンタジア」でベートーヴェンの「田園」を、「ベニスに死す」でマーラーの5番を知った。「冒険者たち」はタイトルを見るだけでレティシアのテーマが思い浮かんで切ない。ドン・エリスのトランペットが鳥肌たつほどゾクゾクする「フレンチ・コネクション」。ジョルジュ・ドルリューの「アメリカの夜」はクレーンカメラ以上の高揚感にあふれる。「冬の華」ではクロード・チアリのギターが健さんの哀愁をさらに深めていた。音楽も担当したジョン・カーペンターの「ニューヨーク1997」はクールなリフレインが憎い。映画がどんどん好きになっていく時期に映画音楽はそれを間違いなく加速させた。本作はそんな懐かしくもある思いに寄り添って胸を熱くしてくれる。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2017-07-23 16:32:47
監督と作曲家の二人が天才だったら理想的。
クリストファー・リーヴが「ジョン・ウィリアムズのテーマ曲が無かったらスーパーマンは飛べなくなる」とスピーチしたアーカイヴ映像が印象に残った。
投稿者:HABBY投稿日:2017-07-22 22:37:38
【ネタバレ注意】

無声映画の頃に劇場で即興で音を奏で観客に臨場感を与えていた超アナログの時代の説明から始まって、『キングコング』、『ジョーズ』、『ロッキー』、『2001年宇宙の旅』、『サイコ』、『007』、『続・夕陽のガンマン』、『スター・ウォーズ』、『インディー・ジョーンズ』、『スーパーマン』、『ET』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『ダークナイト』、『タイタニック』といった超有名作品のテーマ曲とそれらに携わった作曲家たちの天才性がコンパクトに、しかし仔細に伝えられる。映画音楽の発展とその当時に流行っていた音楽、最新技術との関係性についても論じられており、クラシック音楽からよりモダンなロック音楽、シンセサイザーが主役のテクノ音楽まで、人間の音に対する飽くなき探究心に限界はないものだと感心した。ジョン・ウィリアムス、ハンス・ジマー。70〜80年代を中心に君臨したこの両巨頭が映画音楽に及ぼした影響を再確認。

ちなみに本作では取り上げられなかったが、思春期の頃に観て感動した『バックドラフト』のテーマ曲もなかなか印象に残る名作だったなと思い作曲者を確認したところ、やはりというかハンス・ジマー御大でありました。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】すばらしき映画音楽たち2017/11/22\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】すばらしき映画音楽たち2017/11/22\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】すばらしき映画音楽たち2017/11/22
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION