allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

嘘を愛する女(2018)

メディア映画
上映時間117分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2018/01/20
ジャンルロマンス/ミステリー
映倫G
あなたは誰?
参考価格:¥ 5,800
価格:¥ 5,638
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:中江和仁
製作:市川南
企画:中西一雄
エグゼクティブプ
ロデューサー:
阿部秀司
プロデューサー:臼井央
遠山大輔
村上公一
ラインプロデュー
サー:
久保田傑
共同製作:崔相基
吉崎圭一
平野健一
弓矢政法
加太孝明
阿部秀司
高橋誠
宮崎伸夫
広田勝己
荒波修
板東浩二
吉川英作
脚本:中江和仁
近藤希実
撮影:池内義浩
美術:林チナ
衣裳:纐纈春樹
編集:鈴木真一
キャスティング:緒方慶子
音楽:富貴晴美
音楽プロデューサ
ー:
成川沙世子
主題歌:松たか子
『つなぐもの』
スクリプター:生田透子
ヘアメイク:有路涼子
高村三花子
照明:斉藤徹
装飾:天野竜哉
録音:高田伸也
助監督:野尻克己
プロダクション統
括:
佐藤毅
出演:長澤まさみ川原由加利
高橋一生小出桔平
DAIGO木村
川栄李奈心葉
野波麻帆
初音映莉子
嶋田久作
奥貫薫
津嘉山正種
黒木瞳
吉田鋼太郎海原匠
【解説】
 長澤まさみと高橋一生の共演で贈るラブストーリー。ある日突然、愛していた恋人の素性がすべて偽りだと知ってしまったヒロインが、絶望に打ちひしがれながらも恋人の真実を追い求めていく旅の行方を描く。共演に吉田鋼太郎。監督は短編映画で数々の受賞歴を持つ人気CMディレクターの中江和仁。
 食品メーカーでキャリアウーマンとして活躍する川原由加利は、震災のときに運命的に出会った研究医の小出桔平と同棲5年目を迎えていた。ところがある日、突然現われた警察から、桔平がくも膜下出血で倒れたと告げられる。しかも、彼の運転免許証や医師免許証はすべて偽造されたもので、職業はおろか小出桔平という名前すらも嘘だったことが明らかとなる。ショックを受ける由加利だったが、肝心の桔平は意識を失ったまま病院のベッドで眠りつづけていた。彼は何者で、2人が愛し合った日々も嘘だったのか、由加利はその答えを知りたくて私立探偵の海原匠を頼ることに。やがて彼が書き残した未完の小説が見つかり、その内容を手がかりに、彼の秘密を追って瀬戸内海へと向かう由加利だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:初代黒龍投稿日:2018-03-25 16:12:02
【ネタバレ注意】

「ロボコン」で引きこもりから徐々に立ち直っていく女子高生役の長澤まさみを始めて観た時、久しぶりに有望な新人が現れたと喜んだものでした。お世辞にも演技派とは言えないし、凄い美人というほどでもないが、独特の存在感は作品ごとに磨かれたようで、準主役扱いだった「海街diary」や殆んど出番が無い脇役だった「WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜」「追憶」でもしっかり印象は残していた。この作品では、かなり自己中心的なキャリアウーマン役で、同棲相手が実は全く素性が分からなかったのだが、それでも彼の子供を産むことを熱望する、という難役だが、最後まで『長澤まさみ』のカラーは崩していない。
ここ最近、洋画といえば実話を元にした、邦画といえば漫画を実写化したものばかりで、本作は久しぶりにオリジナル脚本ということで期待していたが、『長澤まさみ主演』であること以外は特に観るものはない。あるカップルの彼が正体不明で彼女がその謎を追う、というパターンは名作「シャレード」で既に完成されているから、相当視点を変えたアイディアで勝負しないと二番煎じにもなり得ない。実際、嶋田久作扮する警官から彼の身分証明書が偽物だと知らされるシーンは、「シャレード」にもそっくりのシーンがあった。彼の行きつけの喫茶店のウェイトレスが彼を見ている、つまり目撃者がいたというのは新展開だが、この女が頭が悪過ぎて全く物語に絡んでこないし、コスプレしているわりに印象にも残らない。彼が密かに書き溜めていた小説を唯一の手掛かりに旅が始まるが、長澤まさみと吉田鋼太郎の言い合いがダラダラ続くだけ。彼が密かに隠していた宝物の発見、偽名を使われていた本人の出現、彼の実家で起きた過去の事件の発覚、とサスペンスを盛り上げる要素はいくつか出て来るが、その後の展開に1つも生かされていない。つまり、この脚本には『次』が無い。この点の弱さがラストまで引っ張られるから、結局何も解明されませんでしたという全編中途半端な作品になってしまった。幕切れで、昏睡状態の彼の目が少し開くが、これも『次』を感じない、単なる御都合主義に観えた。
この映画、ドアを出入りするシーンは何度かあるが、挨拶を交わすシーンは無い。この点も脚本が弱い。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】嘘を愛する女 Blu-ray 豪華版2018/07/18\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】嘘を愛する女 DVD 通常版2018/07/18\3,800amazon.co.jpへ
【ミュージック】
【CD】 嘘を愛する女
新品:¥ 2,592
5新品:¥ 2,478より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION