allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016)

DIE BLUMEN VON GESTERN
THE BLOOM OF YESTERDAY

メディア映画
上映時間126分
製作国ドイツ/オーストリア
公開情報劇場公開(キノフィルムズ)
初公開年月2017/09/30
ジャンルコメディ/ドラマ/ロマンス
映倫R15+
愛と笑いと勇気でタブーの扉を開ける!

2017年9月30日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー

ブルーム・オブ・イエスタディ

(C)2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH / Dor Filmproduktion GmbH


 Photos

【解説】
 ホロコーストを主題にした物語を毒気を含んだユーモアを織り交ぜて描き、第29回東京国際映画祭でグランプリに輝いたドイツ・オーストリア合作のコメディ・ドラマ。主演は「パーソナル・ショッパー」のラース・アイディンガー、共演に「午後8時の訪問者」のアデル・エネル。監督は「4分間のピアニスト」のクリス・クラウス。
 ナチス親衛隊の大佐を祖父に持つトト。ホロコースト研究所に勤め、一族の罪と真摯に向き合う彼だったが、家族からは総スカンに。そこへきて、2年も費やした企画“アウシュヴィッツ会議”のリーダーを外されてしまう。そんな精神状態最悪の中、祖母がナチスの犠牲者だというユダヤ人のインターン、ザジをフランスから迎えることに。まるで対照的な過去を背負う2人は、それでもアウシュヴィッツ会議を成功させるという共通の目標に向かって奔走していくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 東京グランプリクリス・クラウス 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION