allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

立ち去った女(2016)

ANG BABAENG HUMAYO
THE WOMAN WHO LEFT

メディア映画
上映時間228分
製作国フィリピン
公開情報劇場公開(マジックアワー)
初公開年月2017/10/14
ジャンルドラマ

2017年10月14日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

立ち去った女

(c)


 Photos

【解説】
 第73回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたフィリピン映画。無実の罪で30年間服役していた女性の復讐の旅路を、3時間48分の長尺にして全編モノクロ映像で描き出す。主演は本作が17年ぶりのスクリーン・カムバックとなったチャロ・サントス。監督は「北(ノルテ)―歴史の終わり」のラヴ・ディアス。
 かつて小学校の教師だったホラシアは、身に覚えのない殺人の罪で30年間も服役していた。しかしある日、同じ服役囚で親友のペトラが、殺人の実行犯は自分で、それを指示し、ホラシアに罪を着せた黒幕はホラシアの元恋人・ロドリゴだと告白し、自殺する。ついに釈放されたホラシアだったが、夫は既に他界し、息子も行方不明になっていた。自分の人生を破壊したロドリゴへの憎しみを募らせ、復讐の旅に出るホラシア。そんな彼女の前には、社会の底辺で助けを必要とする人々が次々と現われ、どうしても放っておけないホラシアだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 金獅子賞ラヴ・ディアス 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION