allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

永遠のジャンゴ(2017)

DJANGO

メディア映画
上映時間117分
製作国フランス
公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)
初公開年月2017/11/25
ジャンルドラマ/音楽/伝記
映倫G
音楽だけが、
未来を照らした。

2017/11/25(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

永遠のジャンゴ

(c)2017 ARCHES FILMS - CURIOSA FILMS - MOANA FILMS - PATHE PRODUCTION - FRANCE 2 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA


 Photos

【解説】
 ナチス支配下のフランスを舞台に、ジプシー出身の天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる戦時秘話を描いた音楽伝記ドラマ。主演は「アランフエスの麗しき日々」のレダ・カテブ、共演にセシル・ドゥ・フランス。監督は「大統領の料理人」「チャップリンからの贈りもの」などの脚本を手がけ、本作が監督デビューとなるエチエンヌ・コマール。
 1943年、ナチス支配下のフランス。パリの名門ミュージック・ホールのステージで喝采を浴びるギタリストのジャンゴ・ラインハルト。彼がキャリアの絶頂期を迎える一方、彼が属するジプシー・コミュニティではナチスによる迫害が激しさを増していく。当初は戦争を他人事とどこか暢気に構えていたジャンゴだったが、やがて自分や家族にも危険が迫っていることを知る。そんな中、ナチス高官たちの前で演奏を披露するよう要請されるジャンゴだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-12-11 11:18:33
【ネタバレ注意】

“ジャンゴ”といえばセルジオ・コルブッチ監督の『続・荒野の用心棒』(1966年)でフランコ・ネロが演じたガンマンが頭に浮かんでしまうのだけど(笑)、こちらのジャンゴ・ラインハルト(1910〜1953)は“ジプシー・スウィング”(マヌーシュ・スウィング)と呼ばれるジャズを生み出した天才ギタリスト。
しかしヨーロッパで絶大な人気を得ていた彼ですら、ナチスの弾圧から自由ではあり得なかった。
ナチスがジプシーを弾圧していたという話は耳にはしていたが、映像化されたものは初めて観た。

もちろん戦争の影はこの作品の主要なテーマだが、一方で天才ギタリストの演奏が大きな見どころだ。
劇中で、ジャンゴ・ラインハルトの曲を担当したのがジプシー・ジャズの最高峰ギタリストと呼ばれるストーケロ・ローゼンバーグ。超絶技巧としかいいようのない演奏でジャンゴの音楽を再現する。
「俺は音楽を知らない。音楽が俺を知っている」とはけだし名言。天才ならではの台詞だ。
ジャンゴを演じたレダ・カテブは、決してイケメンというわけではないが、あの演奏を見たら誰でもイチコロだ。フランス人の愛人ルイーズ(セシル・ドゥ・フランス)がスイスへの亡命を勧めるのもよくわかる。ちなみにルイーズは架空の人物らしいけど。
ナチスがジャンゴに示す条件がスゴい。
「食事中の音は小さく、会話の邪魔はするな」「キーはメジャーで、ブルースは禁止」
「ブレイク、テンポの速い曲は避けろ」「シンコペーションは5%以下」「ソロは5秒以内に収める」
伝統的な西洋音楽こそが、優位に立つゲルマン民族に相応しいと考えていた偏狭なナチスの姿勢が覗く。
彼は逃亡中、仲間であるジプシーの住まいである馬車が燃やされ、人々が連行される姿を目撃する。
実際、どれほどのジプシー(ロマ族)が強制収容所で殺害されたかは今も判然としない。
終盤で、当時撮影されたジプシーの顔写真が登場するが、彼らの運命を考えるとひたすら胸が痛む。
ジプシーは、戦争を知らない、という。
土地の所有意識を持たず、歴史的な観点ももたないという。それ故争いはなく、弾圧されてもそれを根に持つ文化を持ち合わせていないのだと。それが本当かどうかはわからないが、自由人である彼らもまた、時代の流れに抗することはできない。

戦後、ジャンゴは『レクイエム』を演奏する。ジプシー・スウィングとは対極にある重い曲。今では音源と譜面の一部分しか残っていないということだが、そこには深い悲しみが投影されていた。
音楽映画にして、時代との葛藤を深く描いた作品である。

投稿者:イドの怪物投稿日:2017-11-28 22:53:06
のっけからジプシーの音楽シーンで始まり、途中も見事な演奏が挿入されて最後は見事なレクイエムと、本当に良いものを見た。
予告編ほどドラマチックでは無いし、大げさな英雄シーンもないが、ギターを演奏させたらまるで無敵の様。
二本指がフレットを自在に動き回り、見事な音を奏でる。
フランスがこれほどジャズを好きだとは思わなった。
この映画は音楽が良いから是非映画館で。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION