allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヒトラーに屈しなかった国王(2016)

KONGENS NEI
THE KING'S CHOICE

メディア映画
上映時間136分
製作国ノルウェー
公開情報劇場公開(アット エンタテインメント)
初公開年月2017/12/16
ジャンルドラマ/戦争/伝記
映倫G
私は決断する――
愛する国民のために。
ヒトラーに屈しなかった国王 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,809
USED価格:¥ 3,840
amazon.co.jpへ

【解説】
 本国ノルウェーで大ヒットした実録歴史ドラマ。ナチス・ドイツの侵攻を受け、降伏を迫られたノルウェー国王ホーコン7世が下す決断までの運命の3日間を描く。主演は「僕とカミンスキーの旅」のイェスパー・クリステンセン。共演にアンドレス・バースモ・クリスティアンセン、カール・マルコヴィクス。監督は「おやすみなさいを言いたくて」のエリック・ポッペ。
 1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍が中立国ノルウェーの首都オスロに向け侵攻を開始した。両国の軍事力の差は歴然で、主要都市が次々と陥落していく。降伏を求めるドイツ軍に対し、ノルウェー政府はこれを拒否するが、激しくなる戦火にノルウェー国王ホーコン7世も政府閣僚らと共にオスロを離れざるを得なくなる。そんな中、駐ノルウェー・ドイツ公使ブロイアーはヒトラーの命を受け、国王に直接最後通牒を突きつけるべく国王への謁見を要求する。こうして翌日、国民の運命を一身に背負い、ブロイアーとの会見に臨む国王だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:mototencho投稿日:2018-02-25 18:13:26
国の主は侵略に屈してはならない、どんな甘言にも惑わされてはならない。君主のなんたるかを具現化したホーコン国王の3日間を垣間見ることで、同じ体制下に生きる一国民である自分を振り返る。http://mototencho.web.fc2.com/2018/kingscho.html
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-01-17 18:10:18
【ネタバレ注意】

立憲君主制のノルウェー国王ホーコン7世(1872〜1957 イェスパー・クリステンセン)が直面した、ナチスドイツのノルウェー侵攻からの三日間を描いた作品。彼は内閣の決めたことを支持し、自らは統治しない立憲君主制を重視していた。それゆえ対独交渉も政府に任せたわけだが、この政府がどうにも頼りないので、より態度を強く示すべきだと主張する皇太子オラフ5世(アンドレス・バースモ・クリスティアンセン)とも対立する。
このにっちもさっちもいかなくなった国王がもちろん主人公であるが、この作品では同時に幾つかの視点で物語が描かれる。ひとりはノルウェー人を妻にするドイツ公使ブロイアー(カール・マルコヴィクス)。彼は戦争拡大を避けたいと、ドイツに対する無条件での譲歩を交渉で勝ち取りたいと動くが、ヒトラーからは国王の言質をとれと厳命が下る。
そうした政治劇のなかで、少年兵フレドリク・セーベル(アルトゥル・ハカラフティ)の視点も展開される。初めての交戦。そして負傷。
戦場を描いた作品では今や珍しくないが、手持ちカメラを多用することによって臨場感がより強調され、あたかも同じ時空を共通体験しているような感覚に襲われる。
ノルウェーを救いたいと願うブロイアーは、何とか国王に謁見し、ドイツの傀儡政権を認めるよう進言する。そうすれば戦線拡大は避けられ、犠牲者も増やさずにすむのだと。
しかしそれに対して国王は悩んだ挙句、「君はヒトラーと同じだ」と提案を拒絶する。国民の総意で国王にある自分が、信を得ていない首相を認めることは出来ない、と言い放つのだ。
ノルウェーでは、国王の選択は民主主義を守った象徴的な行為として今も高く評価されているという。
だが、徹底抗戦を選んだ結果、300万人の人口のうち、およそ1万人が犠牲になった。ナチスへの抵抗が殲滅につながったとまではいえないのでまだ良かったといえるのかもしれないが、ナチスの軍門に下っていたら犠牲者はもっと少なくすんだかもしれない。そのことを考えると、国王の選択はきわめて難しいものだったことは想像に難くない。
ある意味この作品はノルウェーのナショナリズムを高揚させる効果もある。相手がナチスだから評価される、という気もしないではない。ことほど左様に為政者の責務は深いものなのだ。

この映画のプロデューサーも務めたイェスパー・クリステンセンが実に巧演。
人間ドラマとしても見応えのある作品に仕上がっていた。
ノルウェーで7人に1人が観た、というのもわからないではない。

投稿者:ノリック007投稿日:2017-12-23 22:39:24
原題は「The King\'s Choice」で、邦題よりもよくこの映画を
表していると思います。

ノールウェーは、世襲の君主が主権を持つ立憲君主制という
政治形態です。

政治家を信用せず、国王を民主的に選んだとノールウェー人と
ノールウェー人の信用に応えた国王の物語です。

日本もを世襲の天皇が主権を持つ立憲君主制という政治形態です。
日本の天皇家は、世界一長く続いている王族でが、政治家等の
言いなりで、戦争に利用されるだけの存在です。
第二次世界大戦は言うに及ばず、靖国神社という形を変えて
現代の日本でも天皇は政治家に利用されています。

ノールウェーと日本が同じような国には思えません。
ノールウェー人の7人に1人がこの映画を鑑賞し、2016年
の興行成績第一位を獲得し、社会現象的大ヒットしました。
2016年の日本では、「君の名は。」や「シン・ゴジラ」が
社会現象的大ヒットしました。
私は、「君の名は。」も「シン・ゴジラ」も鑑賞していませんが、
根本的に、ノールウェー人と日本人には違いがあるように感じます。

心に残る名セリフもたくさんあるので、期待を裏切ることのない映画です。

「他国の侵略に屈する国家は存在する価値がない」
日本という国に価値はあるのでしょうか?

「君たちは国民に選ばれた。どんな状況下でも国を率いる責務がある」
日本の国民に選ばれた政治家には、国を率いる責務は果たせるのでしょうか?

「この国の行く末は密談によって決まるのではない。
 国民の総意で決まるのだ」
高級料亭という中の密談で、国の行く末を決められている日本という
国に価値はあるのでしょうか?

映画の余韻に浸りたいという人にはパンフレットの購入をお勧めします。
http://www.geocities.jp/internetshow2000/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ヒトラーに屈しなかった国王2018/08/03\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ヒトラーに屈しなかった国王2018/08/03\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ヒトラーに屈しなかった国王レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION