allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リュミエール!(2016)

LUMIERE!

メディア映画
上映時間90分
製作国フランス
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2017/10/28
ジャンルドキュメンタリー
映倫G
映画のはじまり 初体験

2017年10月28日(土)東京都写真美術館ホール他全国順次公開

リュミエール!

(c)2017 - Sorties d'usine productions - Institut Lumiere, Lyon


 Photos
リュミエール!リュミエール!リュミエール!

【解説】
 1895年、フランスのルイとオーギュストのリュミエール兄弟が映画の原型となるシネマトグラフを発明した。本作は“映画の父”リュミエール兄弟が1905年までの10年間に製作した1422本の中から、カンヌ国際映画祭総代表にしてリヨンのリュミエール研究所の所長も務めるティエリー・フレモーが108本を厳選し、発明者としてのみならず映画監督としてのリュミエール兄弟にも光を当てるべくオマージュを捧げた映像集。映像は4Kデジタルで修復され、フレモー自ら解説ナレーションを担当。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-12-06 17:11:09
映像記録という手段を手にした人類は、それまでの人類とは違う歴史を歩み始めた、と思う。
文字や絵画といった記録手法から大きく進化した形、それが「映像」だったのだと。
120年以上前に撮影された人々の活き活きした表情、仕種、今はなき風景を観るにつけ、様々な感慨が浮かんでは消える。
遠景で歩いている男は、まさか122年後、自分の姿を極東の島国で凝視されるなんて想像もしなかったに違いない。それどころか、自分のそんな姿がフィルムに焼きつけられていることすら知らなかったに違いない。
19世紀末、時代は大きく変貌しつつあった。
カメラを向けられた人々は興奮し、無邪気に振舞った。

リュミエール兄弟が最初に「シネマトグラフ」で撮影したのは1895年12月28日。パリで工場から出てくる人々を撮影したものだった。そこからあっという間に現在の映画の原型となるトリック撮影や移動撮影、ありとあらゆる撮影手法が試行錯誤されたことがわかる。
リヨンにあるリュミエール研究所のディレクター、ティエリー・フレモーが1422本もの短編から108本を選んだものだが、19世紀末から20世紀初頭の映像がみなとても興味深い。そして撮影者たちの視点もまた面白い。
冒頭の方に出てくる、ネコと遊ぶ少女は可憐で、何とも可愛らしく、フレモーがナレーションで語るように多分にルノアール的である。
人類は動く光と影をこのとき手に入れたのだ。

この頃アメリカではエジソンが「キネトスコープ」を発明して、「シネマトグラフ」と競っていた。そんなことを窺わせる映像もあり、思わずにやけてしまう。
映画史的に、というだけでなく、人類史のなかでこのリュミエールの映像は大きな位置を占めると私は確信している。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION