allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子(2017)

メディアTVM
放映日2017/09/20
放映時間21:00〜22:54
放映曜日水曜日
放映局日本テレビ/よみうりテレビ
製作国日本
ジャンルコメディ
地味にスゴイ! DX 校閲ガール・河野悦子?[DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,195
USED価格:¥ 3,579
amazon.co.jpへ

【クレジット】
演出:佐藤東弥
チーフプロデュー
サー:
西憲彦
プロデューサー:小田玲奈
森雅弘
岡田和則
企画協力:鈴木光
原作:宮木あや子
『校閲ガール』シリーズ
脚本:中谷まゆみ
音楽:大間々昂
主題歌:栞菜智世
『Heaven's Door 〜陽のあたる場所〜』
オープニングテー
マ:
chay
『12月の雨』
プロット協力:川崎いづみ
出演:石原さとみ河野悦子
菅田将暉折原幸人
本田翼森尾登代子
和田正人米岡光男
江口のりこ藤岩りおん
足立梨花今井セシル
曽田茉莉江佐藤百合
松川尚瑠輝青木祥平
杉野遥亮正宗信喜
麻生かほ里坂下梢
高橋修目黒真一郎
ミスターちん東山
長江英和西田
店長松本北川
田口浩正尾田大将
木村佳乃二階堂凛
大高洋夫三枝貢
佐野ひなこ橘花恋
池田政典
阪田マサノブ
山下裕子
陸奥なつ芽
野口かおる
藤井恒久
本多力
山本真由美
青木崇高貝塚八郎
岸谷五朗茸原渚音
【関連作品】
地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(2016)レギュラー
地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子(2017)スペシャル
地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子…がいない水曜日(2016)スピンオフ
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-10-10 11:36:02
【ネタバレ注意】

<あらすじ>景凡社校閲部から河野悦子(石原さとみ)がファッション誌「Lassy」編集部に異動して一年。そこに新編集長・二階堂凜(木村佳乃)が部数が低迷する「Lassy」のテコ入れのためにやってくる。「奥多摩オトナ遠足」の内容に疑問を抱いた悦子は「ファッション誌に校閲は不要」という二階堂に逆らって、校閲部の面々と現地探査するも、新企画を評価される。一方作家の折原幸人(菅田将暉)には新人編集者橘花恋(佐野ひなこ)がついて、幸人の身の回りの世話をするように…。

一年ぶりのスペシャル。ストーリーはまあこんなものかと。厳しい現実というより、コミカルでライトな展開で、それなりに面白く観られた。ドラマシリーズの時も石原ひとみのファッションが注目されたけれど、今回はスペシャルということで少々凝り過ぎ?な印象も。いや、確かに可愛かったりキレイだったりするんだけど、どれだけ服や小物を揃えているのだ、って話。まあリアリティを求めても仕方ないのは重々承知なのだけど。
今回は校閲していて初めて気づく“誤字に隠された暗号”がキーになるのだが、これって相当無理があるよな、〜とも感じた。結局二階堂と夫の作家三枝貢(大高洋夫)がなぜ離婚したのかがわからない、というのが少々もどかしい。寡黙な夫に二階堂が愛想をつかしたのかな、とは想像できるけど。
折原幸人(菅田将暉)と橘花恋(佐野ひなこ)がもっとアヤシい関係になったらもう少し盛り上がるのだが、幸人が「いい人」に徹しているのでそんな展開もなく。
まあ軽く観る分には十分なんだけどね。

貝塚八郎(青木崇高)に「夢が天職とは限らない」というひと言は、おでん屋での発言だけれど、なかなか重い。そうなんだよね。夢と天職はイコールではない。そのことに気づくには随分時間がかかるのだけれど。

【サウンド】
『Heaven's Door 〜陽のあたる場所〜』
歌 :栞菜智世
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子2018/01/31\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION