allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

犬ヶ島(2018)

ISLE OF DOGS

メディア映画 Anime
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2018/05/25
ジャンルアドベンチャー/ファンタジー/SF
映倫G
犬ヶ島 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,309
価格:¥ 3,127
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ウェス・アンダーソン
アニメーション監
督:
マーク・ウェアリング
製作:ウェス・アンダーソン
スコット・ルーディン
スティーヴン・レイルズ
ジェレミー・ドーソン
製作総指揮:クリストフ・フィッサー
ヘニング・モルフェンター
チャーリー・ウォーケン
原案:ウェス・アンダーソン
ロマン・コッポラ
ジェイソン・シュワルツマン
野村訓市
脚本:ウェス・アンダーソン
撮影:トリスタン・オリヴァー
プロダクションデ
ザイン:
アダム・ストックハウゼン
ポール・ハロッド
音楽:アレクサンドル・デスプラ
音楽監修:ランドール・ポスター
ナレーター:コートニー・B・ヴァンス
声の出演:エドワード・ノートンレックス
ビル・マーレイボス
野村訓市小林市長
ブライアン・クランストンチーフ
コーユー・ランキン小林アタリ
ジェフ・ゴールドブラムデューク
ボブ・バラバンキング
スカーレット・ヨハンソンナツメグ
グレタ・ガーウィグトレイシー・ウォーカー
フランシス・マクドーマンド
渡辺謙
ハーヴェイ・カイテル
フィッシャー・スティーヴンス
伊藤晃渡辺教授
リーヴ・シュレイバースポッツ
ティルダ・スウィントンオラクル
F・マーレイ・エイブラハムジュピター
オノ・ヨーコ
高山明メイジャー・ドウモ
フランク・ウッド
村上虹郎
野田洋次郎
夏木マリ
【解説】
 「グランド・ブダペスト・ホテル」の鬼才ウェス・アンダーソン監督が近未来の日本を舞台に、「ファンタスティック Mr.FOX」に続いてストップモーション・アニメ技法で描く異色のファンタジー・アドベンチャー。囚われた愛犬を捜すため、犬たちが隔離された島“犬ヶ島”に単身乗り込んだ少年が、島の犬たちの力を借りながら愛犬捜しに奔走するとともに、背後にうごめく巨大な陰謀に立ち向かう大冒険を描く。ボイスキャストにはエドワード・ノートン、ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソンをはじめとする豪華ハリウッド・スターに加え、渡辺謙、夏木マリ、野田洋次郎はじめ多彩な日本人キャストも多数参加。ベルリン国際映画祭ではみごと銀熊賞(監督賞)を受賞。
 2038年の日本。ドッグ病が蔓延したメガ崎市では、小林市長が人間への感染を防ぐために、すべての犬を“犬ヶ島”に追放すると宣言する。やがて犬ヶ島に隔離された犬たちは、自分たちだけで生き延びることを余儀なくされ、空腹を抱えて辛い日々を送っていた。そんなある日、一人の少年が小型飛行機で島に降り立つ。彼は3年前に両親を事故で亡くし、親戚の小林市長に引き取られたアタリ。孤独な彼の悲しみを癒してくれた護衛犬のスポッツを救出にやって来たのだった。そして島で出会った個性豊かな5匹の犬たちの協力を得て、いざスポッツを捜す旅に出るアタリだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-07-08 00:36:32
 墜落する一人乗り機、ゴンドラ、カゴ等の宙吊りのモチーフ。これらを含めて極めてアナログ的な、面倒臭そうな仕組みが尊重される世界観が面白い。あるいは、犬もアタリも、いちいち目に涙を溜める描写が強調され挿入される細部も、人間臭い、心の通ったキャラクタリゼーションを印象付ける。
 ケンカ、乱闘の表現が白い土ぼこりの反復で簡潔に描かれる演出はどうだろう。リアルに描き込むのは難しいことは分かるのだが、こゝだけ漫画的過ぎて違和感はある。

 複数構成員による活劇であるという点とテーマ曲の流用という部分で、どうしても『七人の侍』へのオマージュを思ってしまうし、全編に亘る、正面から正面への切り返しは小津を想起させる。「竜来軒」の看板も小津っぽい。ただし、正面カットは小津以上に正面、というか真正面であり、ローアングルと人物の視線の危うさでハードボイルド性を獲得する小津の画面の特質とは似て非なるものだ。小津のローアングル+正面ショットの切り返しは、いつまでも、何度見ても、キャッチーで慣れることが難しいのだが、本作の正面カットの連続は、これが案外慣れてしまうし、違和感を覚えなくなる。という意味でも、小津へのオマージュというよりは、あくまでもウェス・アンダーソンがやりたいことをやった画面と云うべきだろう。『ファンタスティック Mr.FOX』の延長線上なのだ。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:敦煌投稿日:2018-06-17 23:12:15
【ネタバレ注意】

最初は「石田泰子さん、こんなに字幕を詰めこんだら読みきれません(汗)」
と思いながら観ていたのだけれど、程なく気がついた。ここにはウェス・
アンダーソン監督自身が本国の観客向けの「デザイン」として最初から
画面に出していてた日本文字が少なからず含まれているのだと。
 次々と繰りだされるヘンテコ日本文化理解が楽しかったけど、一番
ウケたのは一本締めだな。こんなこと、誰が教えるんだか(笑)。

投稿者:mototencho投稿日:2018-06-01 09:59:20
臆することなく描いてしまいましたね。「このまま沈みっぱなしでイイの?」と問われているのかもしれないし、「退屈なグローバル化に晒されつつも、独自路線を歩めるかもよ」と元気づけられているのかもしれない。ウェス・アンダーソンに感謝ですな。http://mototencho.web.fc2.com/2018/isleod.html
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2018-06-01 02:36:18
日本人でさえ忘れかけていた、いや思いつかないような面白い国ニッポンが、実に愉快に描かれる。作り手の日本文化への造詣の深さには舌を巻くばかりだ。
日本映画の影響、というか仄めかしは至るところにあり、一例を挙げれば、ネオンサインがきらめく街の夜景は小津映画を彷彿とさせる。飲食店が並ぶ裏路地の光景も小津らしい。
往年の名作映画が描いた日本が、ウェス・アンダーソン監督のフィルターを通して再現されているので、懐かしくも新鮮だ。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-630.html
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2018-05-27 18:13:29
いいです。次は実写かな。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 銀熊賞(監督賞)ウェス・アンダーソン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】犬ヶ島 ブルーレイ&DVD2018/08/22\3,990amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】犬ヶ島2018/08/22
 【DVD】犬ヶ島2018/08/22
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION