allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

霊的ボリシェヴィキ(2017)

メディア映画
上映時間72分
製作国日本
初公開年月2018/02/10
ジャンルホラー
それは、
あの世に触れる
<恐怖の革命>

2018年2月10日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

霊的ボリシェヴィキ

(C)


 Photos

【クレジット】
監督:高橋洋
脚本:高橋洋
撮影:山田達也
音楽:長嶌寛幸
照明:玉川直人
録音:臼井勝
出演:韓英恵由紀子
巴山祐樹安藤
長宗我部陽子宮路
高木公佑浅野
近藤笑菜片岡
河野知美由紀子母
本間菜穂由紀子(幼少期)
南谷朝子長尾
伊藤洋三郎三田
【解説】
 「女優霊」「リング」などの脚本で知られるJホラーの巨匠・高橋洋が2011年の中編作品「旧支配者のキャロル」以来となる監督も手がけて贈る恐怖映画。主演は韓英恵、共演に長宗我部陽子、伊藤洋三郎。廃墟と思しき場所に集められたのは、幼い頃に“神隠し”に遭遇した由紀子をはじめ、いずれもあの世に触れたことのある男女たち。そこかしこに集音マイクが設置されたその空間で行われようとしていたのは、あの世を呼び出す禁断の心霊実験だったのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:マジャール投稿日:2018-04-12 19:03:30
【ネタバレ注意】

いやいや、面白かったです。限定された舞台に、ほぼ役者さんの語りだけで進行する恐怖劇場(建物の外には一歩も出ない、密室ドラマです!『十二人の怒れる男』、若松の『ゆけゆけ二度目の処女』)・・・・まあ、もちろん音響や照明なんかの演出もありますが、なまじ化け物とか貞子とか出さないほうがかえってボロも出ないし、恐怖の純度が上がりますね。
へんな手紙や、お母さんが見抜いていた真相って何だったのか、考えるだけで怖くなってくる。
それに、この映画は昼間の場面がミョ〜に怖い、いいですね、こういうの!

だいたいロシア革命と死者の世界がどう結びつくのか判りませんが、こういう、なんだかよくわからないけど、怖くて面白い、っていうのがいいんだよね。自分が十代の頃に観てたらハマったかも。

渋谷の、駅から延々歩いたへんなとこにある映画館までいって観てきました。

韓英恵って女優さん、いいですね。

(点数は保留にしておきます)

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION