allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

いぬやしき(2018)

メディア映画
上映時間127分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2018/04/20
ジャンルアクション/SF/サスペンス
映倫G
こんなヒーロー
見たことない。
いぬやしき プラチナ・エディションBlu-ray
参考価格:¥ 8,208
価格:¥ 6,205
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:佐藤信介
製作:石原隆
市川南
吉羽治
エグゼクティブプ
ロデューサー:
臼井裕詞
プロデューサー:梶本圭
甘木モリオ
アソシエイトプロ
デューサー:
片山怜子
ラインプロデュー
サー:
宿崎恵造
原作:奥浩哉
脚本:橋本裕志
CGプロデューサ
ー:
豊嶋勇作
鈴木伸広
特殊メイクデザイ
ン:
藤原カクセイ
(犬屋敷特殊メイクデザイン)
特殊造型:藤原カクセイ
美術監督:斎藤岩男
撮影監督:河津太郎
コンセプトデザイ
ン:
田島光二
衣裳:宮本まさ江
編集:今井剛
音楽:やまだ豊
主題歌:MAN WITH A MISSION
『Take Me Under』
VFXスーパーバ
イザー:
神谷誠
土井淳
VFXプロデュー
サー:
道木伸隆
アクションコーデ
ィネーター:
下村勇二
スクリプター:田口良子
ヘアメイク:本田真理子
装飾:石上淳一
録音:横野一氏工
助監督:李相國
DIプロデューサ
ー:
齋藤精二
カラーグレーダー:齋藤精二
ガファー:小林仁
ポスプロプロデュ
ーサー:
大屋哲男
出演:木梨憲武犬屋敷壱郎
佐藤健獅子神皓
本郷奏多安堂直行
二階堂ふみ渡辺しおん
三吉彩花犬屋敷麻理
福崎那由他犬屋敷剛史
濱田マリ犬屋敷万理江
斉藤由貴獅子神優子
伊勢谷友介萩原刑事
【解説】
 『GANTZ』の奥浩哉による大ヒット・コミックス『GANTZ』の映画版も手がけた佐藤信介監督が、主演に木梨憲武と佐藤健を迎えて実写映画化したSFアクション大作。ある日突然、謎の墜落事故に巻き込まれてそれぞれに超人的なパワーを宿した冴えない初老男性と冷酷な高校生が、人類の命運をかけて繰り広げる壮絶なバトルの行方を迫力のアクション満載に描く。共演は本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花。
 定年を間近に控え、会社にも家庭にも居場所のない冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎。医者から末期ガンで余命僅かと宣告されても家族にも打ち明けられないまま、ただ一人で悲嘆に暮れるだけ。そんな時、謎の事故に巻き込まれ、身体が機械化されたサイボーグとして甦り、超人的な力を宿すことに。高校生の獅子神皓もまた同じ事故で同様のパワーを手に入れるのだった。すると犬屋敷は自らの力に戸惑いつつも、その力を使って人助けに奔走する。一方、やり場のない怒りを抱えた獅子神はやがて己の悪意を人類全体に向け、手にした力で冷徹かつ無慈悲に無差別大量殺戮を実行していくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:dadada投稿日:2018-05-04 16:05:25
【ネタバレ注意】

キャスティングから軽く笑えるスーパー・ジジィ映画かと思っていたら、凄惨でカタルシスなし。「マン・オブ・スティール」みたいだ。
ネットで他人を誹謗中傷する輩にバチでも当たればイイと思う事はあるが、画にするとこうなるのね。痛々しくて複雑。
健くんの最初の殺しが、何の関係もない平和な家族ってのも嫌だね。その直前に自分と母親を裏切った父親を殺すか殺さないかって描写があっただけに尚更。親殺しからの世間への復讐って流れのほうが、まだ解りやすいでしょう。今時若者の鬱屈エネルギーの不条理発露とでも?
大気圏外の一騎討ちで決着がついたと思わせての再バトルも、勝ち負けの理屈は塩分効果?それこそ、そんなのいらねぇ愛の力っぽくて、コレも嫌だ。
売りである映像トリップは、白組さんが珍作「ガッチャマン」同様にシッカリやってますけど、今回も映画そのものがコレじゃ残念ね。

ところで、この間は一緒に就活してた何者コンビが、揃って高校生ってのは笑った。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION