allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

消された女(2016)

INSANE

メディア映画
上映時間91分
製作国韓国
公開情報劇場公開(太秦)
初公開年月2018/01/20
ジャンルサスペンス/ミステリー
実在の監禁事件を基に描く、
驚愕のサスペンス・エンタテインメント!

2018年1月20日(土)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国順次公開

消された女

(C)2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED


 Photos

【解説】
 本人の同意なしでも精神科病院へ強制入院できる法律の悪用という韓国の社会問題をモチーフに描くミステリー・サスペンス。主演は「クイック!!」「朝鮮美女三銃士」カン・イェウォン、共演にイ・サンユン、チェ・ジノ。監督は「愛なんていらない」のイ・チョルハ。白昼の街中で何者かに拉致されたカン・スアは、そのまま精神病院に監禁されてしまう。どんなに自分は正常だと訴えても、誰も耳を貸そうとはせず、あまりにも理不尽な現実の中で、病棟での出来事を手帳に記録していくスア。1年後、TVプロデューサー、ナ・ナムスのもとにスアの手帳が送られてくる。その信じがたい内容に興味を抱き、取材に乗り出すナムスだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-01-29 18:07:06
【ネタバレ注意】

<あらすじ>日中、都会の真ん中で突然拉致されたカン・スア(カン・イェウォン)。精神病院に監禁された彼女が、病棟での出来事を書き留めた手帳が、TVプロデューサーのナ・ナムス(イ・サンユン)に届く。スアがいた精神病院は一年前火災に遭っていたが、スアの名は入院患者リストの中にはなかった。スアは火災直後に、父親の警察署長を射殺したとして拘留されていた…。

実際にあった事件をモチーフに制作されたサイコサスペンス。
韓国では「精神保健法」第24条として「保護者2人の同意と精神科専門医1人の診断があれば、患者本人の同意なしに『保護入院』の名のもと、強制入院させることができる」ことになっていた。韓国では、この法律を悪用して、財産目当てで親族を誘拐し、精神病院に強制入院させる事件が頻繁に起こっていたのだという。
物語では後半、事件を振り返る形で展開する。
マッド・サイエンティストのジャン院長(チェ・ジノ)はスアの臓器を売買し、彼女の存在を消すつもり。そこに看護士ハン・ドンシクと、イ・ウジンという若者が助けに来る。炎に包まれたジャン院長に連れて行かれるイ・ウジン。
何とか脱出したスアの目の前で、薬物依存の状態になった継父の警察署長は拳銃で自らの頭を撃ち抜く。
こうしてスアの無罪も確定するが、そこで終わらないのがこの作品のイジワルなところ。

彼女は「病院では先の尖ったボールペンも持てないのよ」とナムスに語る(なぜ敢えて教えるのかは謎)。
だとすれば、彼女が書いた手帳は病院で書かれたものではないことになる。そこで登場するのが彼女の母親。つまり精神病院に拉致されていたのは、スアではなくスアの母親。イ・ウジンという男性は存在せず、彼はスアの死んだ父親だったことが示される。
であるとすると、スアこそが実はサイコパスであり、精神保健法を悪用して母親を閉じ込めた継父を殺害したのも、実はスアだった、ということになる。
とにかくどこからどこまでが事実で、どこからどこまでがスアの妄想かわからない…(そこは『殺人者の記憶法』と似通っている)。
さすがに謎が多く残されすぎて、少々消化不良の感が。

なお、本作品公開後の2016年9月、韓国の憲法裁判所で精神疾患の患者の強制入院は、本人の同意がなければ憲法違反だとする判決が下ったのだそうだ。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】消された女2018/06/06\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】消された女2018/06/06\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】消された女レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION