allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

祝福〜オラとニコデムの家〜(2016)

KOMUNIA
COMMUNION

オラとニコデムの家(ポーランド映画祭2017)

メディア映画
上映時間75分
製作国ポーランド
公開情報劇場公開(ムヴィオラ)
初公開年月2018/06/23
ジャンルドキュメンタリー
少女はこの世界に
負けないように立っている。

弟に祝福がありますように。ばらばらになった家族がもう一度ひとつになりますように。

祝福〜オラとニコデムの家〜

(C)HBO Europe s.r.o.,Wajda Studio Sp. zo.o.Otter Films Wazelkie prawa zastrzezone,2016


 Photos

【クレジット】
監督:アンナ・ザメツカ
脚本:アンナ・ザメツカ
【解説】
 山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞やヨーロッパ映画賞最優秀ドキュメンタリー賞をはじめ世界各地の映画祭で数々の賞に輝いたポーランド発のドキュメンタリー。14歳の少女、オラ。父は優しいけれどお酒の問題を抱え、生活力はゼロ。13歳の弟ニコデムは自閉症。母親は家を出てほかの所で暮らしていた。そのためオラが母親代わりとなって、家事をこなし、弟の面倒を見ていた。そんな中、大事な弟の初聖体式が迫り、オラはこれが成功すれば、すべてがうまく回ると信じていた。本作はそんなオラと家族の日々を親密な眼差しで見つめていく。監督は本作が長編デビューのアンナ・ザメツカ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-08-06 16:29:37
【ネタバレ注意】

<あらすじ>ポーランド・ワルシャワ郊外の街で14歳の少女オラは、酒に溺れる父マレクと自閉症の13歳の弟ニコデムと暮らしている。母マグダレナは家を出て別の男性と暮らしている。オラは家事をこなし、弟の面倒を見る毎日だが、一方彼女は、ニコデムの初聖体拝領式がうまくいけば、家族がまたひとつになれると夢見ている…。

プライベート・ビデオのようにある家族に密着したドキュメンタリー。こうしたドキュメンタリーは、取材・撮影される側がどこまで意識的かに成否がかかる。取材を受けたところで、彼らの生活が豊かになるわけではないし、逆に家族のネガティヴな部分に光をあてられるのが厭だ、という反応があったとしても仕方がない。その意味でこの作品は、前提がすでに奇跡的といえるかも知れない。
オラはだらしない父と、自閉症の弟を抱えるどうしようもない現実に生きている。母は男を作って出て行ってしまったし、どこにもぶつけようのない怒りや苛立ちで彼女は爆発寸前に見える。
カトリックが国民の9割を超えるというポーランドにおいて初聖体拝領式は、大人への通過儀礼として家族で過ごす重要な儀式だ。普通は8歳かそこらで儀式を受けるが、自閉症のジコデムは13歳になってもまだ受けていない。アンナ・ザメツカ監督が家族に初聖体拝領式を受けないかと提案したことで、家族は変化を遂げる。何よりオラが家族がまたひとつになれるのでは、という夢を抱き、事前に神父の面接試験を受けなくてはならないニコデムにカトリックの勉強を教え始めるのだ。
とはいえ、現実はそれほど簡単ではない。初聖体拝領式を経たからといって、何かが変わるはずもなく、オラが大人の事情に振り回されるのも相変わらずだ。
そんななか、「1988年」のクレジットがある母親の幼い頃のビデオが挿入される。彼女もまた30年後、こんな人生を歩んでいるとは当時夢にも思わなかっただろう。厳しい現実に直面しながら、子ども達は大人になっていくしかない。そんなことを思いながら、少女オラ、そしてニコデムの未来が少しでも希望に満たされますように…と祈らずにはいられなかった。
結論があるわけではない、複雑な思いを抱かせる作品である。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ドキュメンタリー賞アンナ・ザメツカ 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION