allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マンハント(2017)

追捕
MANHUNT

メディア映画
上映時間110分
製作国中国
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2018/02/09
ジャンルアクション/サスペンス
映倫G
追う者、逃げる者、魂の出会い。

マンハント

(c)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.


 Photos

【クレジット】
監督:ジョン・ウー
製作:ゴードン・チャン
チャン・ヒンカイ
製作総指揮:ピータ・ラム
ラ・ペイカン
原作:西村寿行
『君よ憤怒の河を渉れ』(徳間書店刊)
撮影:石坂拓郎
プロダクションデ
ザイン:
種田陽平
衣装デザイン:小川久美子
編集:ホイ・ウォン
音楽:岩代太郎
アクションコレオ
グラファー:
園村健介
出演:チャン・ハンユードゥ・チウ
福山雅治矢村聡
チー・ウェイ遠波真由美
ハ・ジウォンレイン
國村隼酒井義廣
(友情出演)
竹中直人伊藤
(特別出演)
倉田保昭坂口秀夫
(特別出演)
斎藤工犯人A
(特別出演)
アンジェスル・ウードーン
桜庭ななみ百田里香
池内博之酒井宏
TAO田中希子
トクナガクニハル浅野雄二
矢島健一堂塔
田中圭北川正樹
ジョーナカムラ青木
吉沢悠犯人B
【解説】
 「男たちの挽歌」「レッドクリフ」のジョン・ウー監督が西村寿行原作、高倉健主演の日本映画「君よ憤怒の河を渉れ」をリメイクしたサスペンス・アクション大作。無実の罪を着せられ逃亡を余儀なくされた弁護士と、彼を追う孤高の刑事が辿る壮絶な運命を迫力のアクション満載に描き出す。主演は「戦場のレクイエム」のチャン・ハンユーと「そして父になる」の福山雅治。共演にチー・ウェイ、ハ・ジウォン、國村隼。
 酒井社長率いる天神製薬の顧問弁護士ドゥ・チウがある朝目覚めると、ベッドに社長秘書・希子の死体が横たわっていた。何者かの罠と気づき、その場から逃亡を図るドゥ・チウ。大阪府警の敏腕刑事・矢村は、新人の部下・里香を従え、独自の捜査でドゥ・チウの行方を追っていく。しかし捜査を進めるうちに、次第にドゥ・チウ犯人説への違和感を募らせていく矢村だったが…。
<allcinema>
【関連作品】
君よ憤怒の河を渉れ(1976)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:セニョールK投稿日:2018-02-16 11:45:31
鳩は飛ぶしスローモーションも全開。
あの頃のジョン・ウー好きには満足な1本。
「ハード・ターゲット」すら好きな私には満足いく作品。
ただ「君よ憤怒の河を渉れ」の70年代大作感も大好きなので、ややチャカチャカしすぎかな。
着ぐるみ丸出しの熊やミニチュア丸出しのセスナや
変なクスリ飲まされてヤバい表情しまくりの健さんやら
そう言うところも楽しいんだよな。
どっちを取るか?なら本作。
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-02-14 15:34:06
【ネタバレ注意】

あのジョン・ウー監督が大阪を中心にロケした『マンハント』。のっけからどこかおかしい居酒屋のハ・ジウォンにアンジェルス・ウー。ちなみにドーンことアンジェルス・ウーはジョン・ウー監督の実娘。
シブいチャン・ハンユーに、大阪府警捜査一課の刑事に福山雅治。
日本語がやや怪しい中国人とのハーフの役にチー・ウェイ。
日韓香港の共同作業は不思議なテイストのアクション映画に。さすが『男たちの挽歌』のジョン・ウー監督、撃つわ撃つわ、場面は跳ぶわ飛ぶわ(笑)
弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)がどうしてあんなにアクションが出来るのかはよくわからんが、福山雅治ともどもアクションは頑張っている(スタントも相当多いけど)。
ロケは大阪だけれど、そこに描かれているのは大阪っぽくない大阪。
山の上には牧場があるし、そこにはジョン・ウー作品では欠かせない白い鳩ばかりを飼っている鳩小屋が(笑)。
大阪城から大阪駅も歩いてすぐだし(笑)
まあリアリティを求めても仕方ないので、ストーリーもそこそこに、撃ち合いやらアクションを楽しめたらそれでいいと。
桜庭ななみが何だかよくわからん立ち位置でしたな。國村隼はいかにもの役だし、そうそう、冒頭のパーティーのダンスは何だったんだ(笑)
何も考えず、あースッキリした!系ですね(笑)

投稿者:水ヒラ投稿日:2018-02-12 00:48:14
久々のジョン・ウー節炸裂。とにかく撃ちまくり。やり過ぎくらい撃ちまくり。
原作に沿っていないのはもともと原作は結構荒唐無稽だから。
だから高倉版よりは断然いい。
高倉版にかなうはずがないという人はあの熊のぬいぐるみをどう説明するのだろうか。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION