allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ザ・シークレットマン(2017)

MARK FELT: THE MAN WHO BROUGHT DOWN THE WHITE HOUSE

メディア映画
上映時間103分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2018/02/24
ジャンルドラマ/サスペンス/伝記
映倫G
権力には屈しない
相手が大統領であっても――

2018年2月24日(土)新宿バルト 9 ほか全国ロードショー

ザ・シークレットマン

(c)2017 Felt Film Holdings.LLC


 Photos

【クレジット】
監督:ピーター・ランデズマン
製作:リドリー・スコット
ジャンニーナ・スコット
マーク・バタン
アンソニー・カタガス
ピーター・ランデズマン
スティーヴ・リチャーズ
ジェイ・ローチ
製作総指揮:イェール・バディック
コリン・ウィルソン
ピーター・グーバー
ジェフリー・ヴィニク
ニック・バウアー
ディーパック・ナヤール
マイケル・シェイファー
原作:マーク・フェルト
ジョン・オコナー
脚本:ピーター・ランデズマン
撮影:アダム・キンメル
プロダクションデ
ザイン:
デヴィッド・クランク
衣装デザイン:ロレイン・Z・カルヴァート
編集:タリク・アンウォー
音楽:ダニエル・ペンバートン
出演:リーアム・ニーソンマーク・フェルト
ダイアン・レインオードリー・フェルト
マートン・ソーカスL. パトリック・グレイ
アイク・バリンホルツアンジェロ・ラノ
トニー・ゴールドウィンエド・ミラー
ブルース・グリーンウッドサンディ・スミス
マイケル・C・ホールジョン・ディーン
ブライアン・ダーシー・ジェームズロバート・カンケル
ジョシュ・ルーカスチャーリー・ベイツ
エディ・マーサンCIAの男
ウェンディ・マクレンドン=コーヴィキャロル・ツシューディ
マイカ・モンロージョアン・フェルト
ケイト・ウォルシュパット・ミラー
トム・サイズモアビル・サリバン
ジュリアン・モリスボブ・ウッドワード
ノア・ワイリースタン・ポッティンガー
【解説】
 1974年にリチャード・ニクソン米国大統領が辞任に追い込まれた“ウォーターゲート事件”で重要な役割を果たしたのが匿名の情報提供者“ディープ・スロート”だった。長年、その正体は謎に包まれたままだったが、事件からおよそ30年後の2005年、事件当時FBI副長官だったマーク・フェルトが、自分がディープ・スロートだと名乗り出た。本作はそのマーク・フェルトの自伝を基に、アメリカ史上最大の政治スキャンダルの知られざる内幕を明らかにした衝撃の実録ポリティカル・サスペンス。主演は「シンドラーのリスト」「96時間」のリーアム・ニーソン。共演にダイアン・レイン。監督は「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」「コンカッション」のピーター・ランデズマン。
 1972年、長年FBIに君臨してきたフーバー長官が亡くなると、長官代理にはニクソン大統領に近い司法次官のパトリック・グレイが異例の抜擢で就任する。自他共に次期長官と目されていた副長官のマーク・フェルトは大きな失望を味わう。そんな中、ワシントンDCの民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした男たちが逮捕される事件が発生する。捜査に当たったフェルトはすぐにホワイトハウスの関与に気づくが、先手を打つようにホワイトハウスもグレイ長官代理を通じて捜査に圧力をかけてくる。これに反発するフェルトは、世論を追い風にニクソン大統領に迫るべく、マスコミに捜査情報をリークし始めるのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
大統領の陰謀(1976)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION