allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(2017)

DARKEST HOUR

メディア映画
上映時間125分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(ビターズ・エンド=パルコ)
初公開年月2018/03/30
ジャンルドラマ/伝記/戦争
映倫G
英国一型破りな男が、
ダンケルクの戦いを制し、
歴史を変えた。

「嫌われ者」から「伝説のリーダー」となったチャーチルの、真実の物語。
ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,309
価格:¥ 3,327
USED価格:¥ 3,886
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 ゲイリー・オールドマンが第二次世界大戦時に英国首相に就任し、ヒトラーの脅威に敢然と立ち向かったウィンストン・チェーチルを演じてアカデミー賞主演男優賞に輝いた感動の伝記ドラマ。また、そのゲイリー・オールドマンを驚異の技術でチャーチルへと変身させた特殊メーキャップ・アーティスト辻一弘も、みごとアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞し話題に。英国がヒトラーに屈する寸前での首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27日間に焦点を当て、ヨーロッパのみならず世界の命運を左右する決断が下されるまでの葛藤とその型破りな人物像を描き出す。共演はクリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、ベン・メンデルソーン。監督は「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト。
 1940年5月、第二次世界大戦初期。独裁者ヒトラー率いるナチス・ドイツの前にフランスは陥落寸前で、英国にも侵略の脅威が迫る中、新首相に就任した前海軍大臣のウィンストン・チャーチル。国民には人気があったものの、度重なる失策で党内はもちろん国王からも信頼を得られず、弱音を吐く彼を妻のクレメンティーンは優しく叱咤する。就任直後の演説では勝利を目指して徹底抗戦を誓うも、戦況は悪化の一途を辿っていく。そしてドイツ軍に追い込まれた英国軍が、ついにフランス・ダンケルクの海岸で絶体絶命の状況を迎える。英国への上陸もいよいよ現実の脅威となる中、犠牲を回避すべくドイツとの和平交渉を主張する外相ハリファックスの必死の説得を受けるチャーチルだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:mototencho投稿日:2018-05-06 02:29:03
ゲイリー・オールドマンの怪演が、歴史上の見栄えのしない本物を蘇らせた。イギリス人の屈しない姿に感動。http://mototencho.web.fc2.com/2018/darkesth.html
投稿者:ビリジョ投稿日:2018-05-02 17:51:28
【ネタバレ注意】

 しっかしなあ、あの「シド・ヴィシャス」が、遂にウィンストン・チャートルだってさ。もう笑うしかないね。あるいは泣くかな。チャーチルも泣いてたし。

 愛国心の高揚と戦意高揚の映画です。そういうのが好きな人はどうぞ。断固として戦うぞ決して降伏しない。の揚げ句、国が焦土と化した国の国民としては嫌な気分になる映画であった。

 とはいえ、チャーチルの評価はなかなか難しくて、チェンバレンの優柔不断が結果的に失敗だったのはまあ通説だしな。ナチスに断固として対峙した決断は評価されてしかるべきだろうな。

 映画の作りはとても丁寧でチャーチルも「らしく」て、まあこんな人だったんかなあ、と思い込ませるだけの力量のある1本ではあった。映画のほとんどが「暗い室内」で展開するので重苦しくて息が詰まりそうであった。タイピストさんはいい味出してたと思う。そんなこんなで5点ぐらい。

投稿者:敦煌投稿日:2018-04-29 23:48:27
 チャーチルの名演説に国王から庶民までが心を合わせて徹底抗戦を近いましたとさ。
・・・と、素直な観客は素直に感動できる、よくできた佳作ではあった。
 が、みんなが心を合わせて「一億玉砕」に突っ走ってしまった過去を持つ
国民からすると、そうそう素直には感動できないのもまた事実。少なくとも
この映画に「ヒトラーから世界を救った男」という副題を付けるのは誤りだ。
 だって英国がナチスを撃退できたのは、チャーチルが強気を貫いたから
なんかではなく、単に米国が参戦したからに過ぎなかったはずだもの。
 歴史のイフは検証しようがないのだけれど、仮に米国が孤立主義を貫き、
ノルマンディーに上陸することがなかったら、英国はけっこうな確率で
本土を攻略され、ナチスに隷属していたのではないか。
 その場合は人的被害もさることながら、王制も廃止されていたかも
しれないし、ユダヤ系英国人がガス室に送られていたかもしれないし、
第一次世界大戦後のドイツのように巨額の賠償金を課されていたかも
しれない。
 その時になって「外相の言う通りに和睦しておけば良かった」と
思っても、後の祭りなわけで。
 そう考えると、教科書に載っていたヤルタ会談の写真にチャーチルが
加わっていたのは、単なる歴史の偶然だったように思えなくもないな。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-04-21 09:03:30
 異常な俯瞰の映画だ。まずは、ファーストカットが議会の真俯瞰、ということで、その宣言がなされている。以降、何度も鳥瞰、大俯瞰があるのだが、まるで『アメリカ交響楽』のラストのような、真俯瞰での大気圏外上昇移動まで見せる。それも2回も、だ(カレーの城塞の場面と、雨の中、屋上で傘を持って座っているチャーチルが、上空を見上げる場面)。という訳で、本作は、史実を描くと見せながら(というか概ね史実であることは違いないのでしょうが)、多分にフィクショナルな、作り物感丸出しの娯楽映画の演出がなされている。俯瞰以外にも、窓からの白い斜光の多用も(議会でも、宮殿でも)象徴的だ。対比するように、外光を取り入れる窓がない地下の執務室や閣議室も出てくるが、この作戦本部の扉にある小さな窓の演出も、かなり凝ったものになっている。あるいは、車の中から路上を見るチャーチルの見た目で、市井の人々を横移動の高速度撮影で撮った場面だとか。はたまた、子供が、上空の飛行機を、手を丸めて望遠鏡のようなイメージで見るのだが、その手の空間を細めていくことによってアイリスアウトのような画面になる、なんて面白いこともやっており、ジョー・ライトの演出技巧はとても楽しいのだが、果たして、本作の題材にマッチしているか、と云うと疑問を感じてしまう部分もある。(カレー玉砕の描き方に関しては特に)

 さて、本作はチャーチルとその妻−クリスティン・スコット・トーマス、チャーチルと秘書−リリー・ジェームズという2人の女性との関係を丹念に描く部分でも見応えがあるが、もう一人、国王ジョージ6世−ベン・メンデルソーンとの関係の変化も感動的だ。メンデルソーンはコリン・ファース(『英国王のスピーチ』)に比べて幾分控えめに吃音を表現している。あと、チャーチルが地下鉄に乗って庶民の意見を聞くシーンも感動的ではあるのだが、流石に作劇的過ぎるというか、臭すぎる。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:dadada投稿日:2018-04-16 16:27:35
地下鉄で、少女に Are you crying? 何て言われながら涙するチャーチル。あざといシーンだなぁって思いながらも、グッときてしまった。最近は決断への苦悩みたいなお話、個人的にツボなんだよなぁ。
”嫌われ者から伝説のリーダー”ってポスターを見て鑑賞を決めたけど、まぁ、気持ち良く劇場を後にできました。
あっ、地下鉄のエピソードって、やっぱ作り話なのね。出来過ぎだから気にはなったけど、別に史実が知りたくて映画観ている訳じゃないから。この映画の印象は変わりません。
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-04-06 18:00:10
【ネタバレ注意】

ウィンストン・チャーチルの評判は必ずしもいいわけではない。名文家として知られ、ノーベル文学賞を受賞したことでも知られるチャーチルだが、1940年に英国首相に就いた彼は、ナチス・ドイツとどう対峙するのかという大問題に直面した。
2017年に公開されたクリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』の背景にあった英政界を描いたこの作品でも、必ずしもチャーチルは好ましい人物として描かれているわけではない。実際彼は、戦場での兵士の犠牲は国家のためにはやむを得ないと考えるいけ好かない為政者でもあったのだ。
この作品ではゲイリー・オールドマンのメイクアップを担当した辻一弘がアカデミー賞を受賞したことでも話題を呼んだが、決して外では見せなかったチャーチルの人間味を描いた点で十分ドラマティックな作品に仕上がっている。
憎まれ役を敢えて選択したかのようにさえみえるチャーチル。賢明で美しい妻クレメンティーン(クリスティン・スコット・トーマス)に支えられていたことが伝わる。さらに時の国王ジョージ6世(ベン・メンデルソーン)との距離感もよく描かれている。さらにそうした日々を秘書として見つめ続けたエリザベス・レイトン(リリー・ジェームズ)もいい。
ダンケルクに追いつめられた英軍の兵士33万人が救出された影には、仏・カレーの友軍を見捨てなくてはならない現実もあった。
これを英断と考えるかべきかどうか。
チャーチルが国民を捨石にし、独への徹底抗戦を貫いた結果、第二次世界大戦は連合軍側勝利につながった、というのは確かにひとつの要因としては間違いではあるまい。しかしそれとても結果論であり、評価はなかなか難しい。
政治家の評価は結局歴史に委ねるしかないのだ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 ■ 主演男優賞ゲイリー・オールドマン 
 □ 撮影賞ブリュノ・デルボネル 
 □ 美術賞Katie Spencer 
  サラ・グリーンウッド 
 □ 衣装デザイン賞ジャクリーン・デュラン 
 ■ メイクアップ&ヘアスタイリング賞 
■ 男優賞(ドラマ)ゲイリー・オールドマン 
□ 作品賞 
 ■ 主演男優賞ゲイリー・オールドマン 
 □ 助演女優賞クリスティン・スコット・トーマス 
 □ 作曲賞ダリオ・マリアネッリ 
 □ 撮影賞ブリュノ・デルボネル 
 □ プロダクションデザイン賞Katie Spencer 
  サラ・グリーンウッド 
 □ 衣装デザイン賞ジャクリーン・デュラン 
 ■ メイクアップ&ヘアー賞 
 □ 英国作品賞 
□ 作品賞 
 ■ 主演男優賞ゲイリー・オールドマン 
 ■ ヘア&メイクアップ賞 
 □ 音楽賞ダリオ・マリアネッリ 
【レンタル】
 【Blu-ray】ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男レンタル有り
 【DVD】ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION