allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017)

I, TONYA

メディア映画
上映時間120分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2018/05/04
ジャンルドラマ/伝記/コメディ
映倫PG12
彼女は世界中から愛され
一瞬にして世界中から憎まれた
アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル[Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,772
USED価格:¥ 12,500
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーが自ら製作・主演を務め、世界中に衝撃を与えた“ナンシー・ケリガン襲撃事件”の中心人物トーニャ・ハーディングの壮絶な半生を映画化した伝記ドラマ。フィギュアスケート史上最大のスキャンダルの知られざる真相を、トーニャと母親の歪んだ愛憎関係を軸に、ユーモアを織り交ぜつつ赤裸々かつ軽妙なタッチで描き出す。共演はセバスチャン・スタン、ジュリアンヌ・ニコルソン。またアリソン・ジャネイがトーニャの強烈な母親を演じてみごとアカデミー助演女優賞に輝いた。監督は「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー。
 貧しい白人家庭に育った少女トーニャ・ハーディング。母親のラヴォナは、娘のスケートの才能に気づくと、彼女を一流の選手にして貧困から脱しようと本格的にフィギュアスケートを習わせる。しかし娘に愛情を示すことはなく、トーニャは罵倒と暴力が日常の少女時代を過ごしていく。やがて15歳でジェフ・ギルーリーと出会い、恋に落ちるトーニャだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2018-12-08 00:33:34
トーニャの半生を、勢いよくパンキッシュに、時にドラマチックに描いている。
テンポ良くグイグイ見せるのも上手いし、時折挿入されるカットも凝っている。
最後まで最高に面白かった。あとお母さんヤバすぎ。
投稿者:dadada投稿日:2018-12-02 19:07:19
面白いか、つまらないかと言えば、スンゴイ面白い。好きか、嫌いかと言えば、あんまり好きじゃない。そんな映画。
インタビューシーンでヒロインが連呼する、「私のせいじゃない」...不快ぃ。
リアルタイムのこの事件は、印象的。ハーディングにしても、ボナリーにしても、悪い意味で印象的な当時のスケーター。ともあれ、どんなジャンルであっても頂点を垣間見ようって人たちの人生は半端ないんだろねぇ。
投稿者:カール犬投稿日:2018-05-09 19:25:13
【ネタバレ注意】

リレハンメル女子フィギュアの金メダリストが誰だったとか、
銀メダルのナンシー・ケリガンの演技とかまったく記憶にないけど、
演技を突然中断し足を持ち上げスケート靴の紐が切れたアピールをしていた
トーニャ・ハーディングの不細工な泣き顔は忘れない。

それでも嘘泣きとか太々しいとか悪し様に言われ、
本当に当時の彼女の嫌われメーターの針は振り切れてたね。

まさに映画でも表現されていた通り
トーニャがケリガンを直にボコ殴りしたようなイメージが先行し、
報道がセンセーショナルに過熱していった印象だけど、
犯行そのものは実にチープでショボくて愚かさ丸出し。

でもそれによって全米一のヒール扱いとなり人生が一変。

映画は当時の映像、衣装、当事者たちのインタビューを
見事に完コピしていている部分とか面白いと思うところもあるんだけれど、

最後にリンクを滑るトーニャ・ハーディング本人の
トリプルアクセルを決めた瞬間の喜びや、
活力にあふれいきいきとした表情を見てしまうと、、

「スケートができなくなるなら終身刑と同じ」

若く愚かしかったのかもしれない。でも襲撃の真実がどうであったにせよ、
こんな馬鹿げたことの引き替えに見合わないほどの汚名をかぶせられ、
ひとりの女性の人生という代償が支払われてしまったことに
なんというか、、ふと哀しい気持ちにもなれてしまった。

(DWTSとか見ちゃうと相変わらずタフだなーなんて思っちゃうんだけどね)

投稿者:saint_etienne_heaven投稿日:2018-05-07 22:27:03
【ネタバレ注意】

流石にオミット。
マーゴット・ロビー初めて良いと思った。

投稿者:hayate9投稿日:2018-05-06 22:15:54
【ネタバレ注意】

マーゴット・ロビーは好きだけど、トーニャ・ハーディングはあんまり・・・。スケーティングも今見ても優雅じゃないし。
なので映画を観終わっても信じていいのやら。でも、あの環境で育ったんじゃ性格が歪んでも仕方がない。
事件をリアルタイムで知っている人の方が面白く感じるかも。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞マーゴット・ロビー 
 ■ 助演女優賞アリソン・ジャネイ 
 □ 編集賞タティアナ・S・リーゲル 
□ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
 □ 女優賞(コメディ/ミュージカル)マーゴット・ロビー 
 ■ 助演女優賞アリソン・ジャネイ 
□ 主演女優賞マーゴット・ロビー 
 ■ 助演女優賞アリソン・ジャネイ 
 □ 脚本賞スティーヴン・ロジャース 
 □ 衣装デザイン賞ジェニファー・ジョンソン 
 □ メイクアップ&ヘアー賞 
□ 主演女優賞マーゴット・ロビー 
 ■ 助演女優賞アリソン・ジャネイ 
 ■ 編集賞タティアナ・S・リーゲル 
□ 主演女優賞マーゴット・ロビー 
 ■ 助演女優賞アリソン・ジャネイ 
 □ ヘア&メイクアップ賞 
 □ コメディ映画賞 
 ■ コメディ映画女優賞マーゴット・ロビー 
【ソフト】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION