allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018)

JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM

メディア映画
上映時間128分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2018/07/13
ジャンルアクション/アドベンチャー/SF
映倫G
生命は、新たな道を見つける

ジュラシック・ワールド/炎の王国

(c)Universal Pictures


 Photos

【解説】
 大ヒット・アドベンチャー超大作「ジュラシック・ワールド」の続編。恐竜テーマパーク“ジュラシック・ワールド”で起きた大惨事から3年後を舞台に、大噴火の危機が迫る中でオーウェンとクレアが繰り広げる恐竜救出作戦の行方と、恐るべき陰謀に巻き込まれた彼らの運命を、臨場感あふれる迫力のアクション満載に描く。出演は引き続きクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード。監督は新たに「インポッシブル」「怪物はささやく」のJ・A・バヨナ。
 3年前の惨劇以来、人間が放棄したコスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、“ジュラシック・ワールド”の恐竜たちが文字通り野生化し、島中に棲息範囲を広げて生き続けていた。しかし島の火山活動が活発化し、大噴火が迫っていることが明らかとなる。パークの元運用管理者クレアは、恐竜たちを絶滅の危機から救うため、恐竜監視員だったオーウェンに協力を要請し、救出隊を組織して島へ向かう。島に到着したオーウェンは、ずっと気に掛けていたヴェロキラプトルのブルーとの再会を果たす。しかしこの救出作戦の背後には、彼らの知らない恐るべき陰謀が隠されていたのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2018-12-12 11:17:51
また生物兵器。また遺伝子。絶滅するのは、恐竜か?怪物か?全編、ダークな雰囲気に、1☆。スコープに、1☆。パイゆれなしに、-1★。
投稿者:bond投稿日:2018-08-16 15:38:49
マンネリ感は否めないが、面白く観れる。ただ、序盤と終盤のアクションは逆の方が盛り上がったのでは?
投稿者:レッド・キング投稿日:2018-07-22 09:17:57
昨日THXにて鑑賞しました。
非常に楽しめました。題名が「炎の王国」なので全編が島の話か?と
思いきや、すぐに島は無くなてしまうのですね?
逆にそれがいいテンポとなり後半に繋がってると思いました。
インドミナラピトルとの古城での追いかけっこ及び対決はホラー映画
風でとても良かったです。続編が非常に楽しみです。
ちなみに恐竜のオークション、あれも好きで、楽しいシーンでした。

恐竜の島って、サイトAとB、2つあったと思うんですが?
もう1島は健在?
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-07-21 22:24:35
【ネタバレ注意】

 これはシリーズ中でもかなり面白い、良く出来た活劇。殆ど弛緩することなく、驚くべきアクション場面が繰り出される。
 冒頭は真っ暗な水中。光のカットがあり、海底探査艇が現れる。海の中の門が開き、前作で海に沈んだインドミナス・レックスの骨の一部が採取される。この後のアクションで、まず度肝を抜かれるのだが、同時に海中の水門が印象付けられるのだ。そして、続くブライス・ダラス・ハワードの登場はエレベータで、扉に挟まれそうになる演出だ。というように、全編に亘って、左右、上下のスライド開閉扉のモチーフが沢山出てくる。ラプトルの檻の扉は前作でも印象深い使われ方だったが、死活の境界線としての、ドアを使ったスリル創出が本作の肝だろう。本作では、恐竜の檻の扉だけでなく、島のシーンでは、あの丸い乗り物(ジャイロスフィア)のドアを絡めた場面も指摘できる。或いは、後半の邸宅の中の部屋にある荷物用の小さなエレベータだとか。

 そして本作で新たに登場する怪物は、前作のインドミナス・レックスをさらに凶暴狡猾にしたインドラプトルというハイブリッド恐竜で、体が小さめなので、敏捷性も増しており、屋内のアクションシーンで上手く機能するようにできている。足の爪を床に打ち付けてリズムを取る音が不気味な効果を発揮する。ヴェロキ・ラプトルの生き残り、ブルーとの対決がクライマックスだが、その帰結は、第一作(『ジュラシック・パーク』)のラストを思い出させる、標本展示を使った演出だ。(さらに『ダーティハリー4』も想起させる)

 エンディングは、かなり放りっぱなしの感があり、好悪が分かれるところだと思うけれど、これはこれで良いと思う。この続きは無い方が良いと思う。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/

投稿者:カール犬投稿日:2018-07-15 01:38:53
【ネタバレ注意】

「ようこそ ジュラシックワールドへ」

ついに「島」というカテゴリーを出る。ノンストップで新展開突入。

イスラ・ヌブラル島での『炎の王国』パートはあっという間に終わり、
後は広大な地下室を持つロックウッド邸でのミッドナイトオークション。

新型恐竜(試作品)インドラプトルもこれまたあっという間に登場。

第一作目からのイアン・マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)
もう走りません。というか立ちもしません。(これは楽だ)

ジェームズ・クロムウェル、ジェラルディン・チャップリンという
一癖ありげなベテラン勢を出しながらも何もせず退場。(ある意味贅沢)

その分、ここでブルーだな。と思うシーンで飛び出してくる
「ブルー参上!」率100%。

そうだねー恐竜観に来たんだものねー。子ブルー映像も可愛いよねー。

どういう形で生み出された命であろうと存在し生きていく権利はある。
ということで、ボタン押すためだけに配置されていたのかこのクローン娘は。

だってヒーロー&ヒロインには押せないのである。
(敵役にズバズバ指摘された通りの経緯を自覚しているから)

そんな庇護者に「安全な場所へ」と言われても自由を選ぶブルー。
相変わらず清々しいほど男前だな(雌らしいけど)

アメリカ人を捕食しながらたくましく生きていってほしい。以下次号だ。

投稿者:水ヒラ投稿日:2018-07-14 09:01:35
結構というかシンプルにおもしろくしてあった。

今までの「ジュラシック・パーク」と違って、
恐竜が出るぞ・出るぞと見せて、見せないというのが、
もう今さらとまったくなく、恐竜が人を襲う場面を重点に作ってあったので、
娯楽的映画におもしろかった。

それと、島に取り残されたアパトサウルス(でいいのかな?)。
あれは今のスピルバーグじゃできないね。

今さらじゃなく結構いいんじゃない「炎の王国」。
そうだよね、恐竜たちは復活したのじゃなく、遺伝子操作された訳でもなく、
大元は古代に生きていた実物のクローンなんだよね。
ただ、全然炎の王国じゃねーじゃんとタイトルはどうかなと。
シンプルに続・ジュラシック・ワールドでもいいのに(今の時代に続・はないか)
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION