allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

検察側の罪人(2018)

メディア映画
上映時間123分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2018/08/24
ジャンルミステリー/サスペンス
映倫G
一線を、越える。
参考価格:¥ 8,424
価格:¥ 8,424
amazon.co.jpへ

 Photos
検察側の罪人

【クレジット】
監督:原田眞人
製作:市川南
エグゼクティブプ
ロデューサー:
山内章弘
プロデューサー:佐藤善宏
西野智也
ラインプロデュー
サー:
芳川透
協力プロデューサ
ー:
鍋島壽夫
共同製作:藤島ジュリーK.
企画・プロデュー
ス:
臼井央
原作:雫井脩介
『検察側の罪人』(文春文庫刊)
脚本:原田眞人
撮影:柴主高秀
美術:福澤勝広
衣裳:宮本まさ江
編集:原田遊人
キャスティング:杉野剛
音響効果:柴崎憲治
音楽:富貴晴美
土屋玲子
VFXスーパーバ
イザー:
オダイッセイ
スクリプター:西岡智子
ヘアメイク:酒井啓介
照明:大坂章夫
装飾:籠尾和人
高橋光
岩井健志
録音:矢野正人
鶴巻仁
助監督:桑原昌英
谷口正行
Bカメラ撮影:堂前徹之
プロダクション統
括:
佐藤毅
出演:木村拓哉最上毅
二宮和也沖野啓一郎
吉高由里子橘沙穂
平岳大丹野和樹
大倉孝二弓岡嗣郎
八嶋智人小田島誠司
音尾琢真千鳥
大場泰正前川直之
谷田歩青戸公成
酒向芳松倉重生
矢島健一高島進
キムラ緑子桜子
芦名星運び屋の女
山崎紘菜最上奈々子
松重豊諏訪部利成
山崎努白川雄馬
【解説】
 雫井脩介の同名ベストセラーを「無限の住人」の木村拓哉と「ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜」の二宮和也の主演で映画化したミステリー・サスペンス。ひとつの殺人事件を巡り、容疑者として浮上した男を自らの正義感からあらゆる手段で追い詰めていくエリート検事と、そんな上司の捜査方針に次第に疑問を抱き始める後輩検事の対立の行方をスリリングに描き出す。共演は吉高由里子、平岳大、大倉孝二、松重豊、山崎努。監督は「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」の原田眞人。
 東京地検刑事部のエリート検事・最上のもとに、彼に心酔する若手検事・沖野が配属されてくる。さっそく2人で都内で発生した老夫婦殺人事件を担当することに。すると最上は、被疑者の一人である松倉という男に激しく反応する。松倉はすでに時効を迎えている未解決殺人事件の重要参考人だった。最上は今回の事件も松倉の犯行と確信し、なんとしても松倉を有罪にしなければならないとの強い思いに囚われていく。そんな最上の意を汲み、松倉から自白を引き出すべく取り調べに力が入る沖野だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:dadada投稿日:2018-10-06 12:32:09
ふつ〜に、か〜るく、楽しめた。
原作は未読だけど、原作そのものが、そんな感じなのかとも想像する。
メッセージっぽいものが、色々と詰め込んであるけど、筋立て自体が軽いから、あんまり響かない。
キムタクは、頑張ってると評判だったが、やっぱキムタクだった。
むしろ、まくし立てるニノのほうが目立ってる。
投稿者:nabeさん投稿日:2018-08-31 19:21:45
キムタクと二宮和也の初共演サスペンスである。
腕利きの中堅検事最上が、すでに時効になったクラスメートの殺人事件の重要参考人を見つけ、いかに復讐するかをスリリングに描いている。その検事を慕う新人検事沖野は、持ち前の正義感から最上の言動に疑問を感じ、最後は検事の職を辞してまで彼を追いつめる・・・という脚本はなかなか良くできているが、肝心のキムタクと二宮の演技に力が入り過ぎていて、ぎこちなさばかりが目立ってしまい仕上がりはイマイチだ。逆に主演の二人に比べて脇役陣のレベルが圧倒的に高く、特に殺人犯役の酒向芳と悪徳ブローカー役の松重豊は、その狂気に富む自然な演技で強烈なインパクトを放っている。
原田監督らしいアウトローの世界観が満載だが、その世界にキムタクと二宮がまったく入り込めていないのが残念。また、最上の同級生の政治スキャンダルを絡めたのは、話が複雑になってむしろ余計だっただろう。突然登場する山崎努も、意味がよく分からない。
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-08-30 19:11:58
【ネタバレ注意】

劇中、1994年に殺された高校生久住由季(長田侑子)と、沖野啓一郎(二宮和也)の誕生日として示される8月29日にこの作品を観た。単なる偶然だけど。
ずっと木村拓哉に悪役をさせたい、させるべきだ、と思ってきたが、この作品でようやくその願いがかなった(笑)。実際この作品のキムタクは、ドラマの中では最上毅になっていたと思う。何を演じてもキムタク、と悪口を叩かれてきたが、演技の幅を広げればまだまだ彼には可能性があることが証明された感がある。
物語は検察という舞台での二重三重の「正義」をめぐるサスペンスに仕上がっている。
新人検事の研修で「弁護人はアナザーストーリーを作ってくる。それを排除するのは、真相を究明したい、その気持ちの強さだ。そのことを忘れ、自分の正義、自分のストーリーに固執する検事は、犯罪者に堕ちる」と講義した最上は、まさにその自分のストーリーに嵌まり、後戻りが出来なくなっていく。
最上は、大学で北海道出身者が入る"北豊寮"にいて、管理人の娘で中学生だった由季になつかれていたが、彼女は高校入学後に殺人事件の被害者になり、事件は2009年(時効廃止の前年)時効を迎えていた。
一方大学の同期だった丹野和樹(平岳大)は国会議員になったが、収賄容疑で特捜部のターゲットになっていた。最上は丹野に捜査情報を流す。丹野は、極右の義父を許せないと考えていたが、逮捕は間近と見られていた。
さらに最上は諏訪部利成(松重豊)という裏社会のブローカーともつながっている。諏訪部は、シベリアから生還した最上の祖父が書いた小説"白骨街道"に異常な興味を示す。諏訪部の父もまたシベリア抑留から帰ってきたことが明かされるが、最上にそこまでこだわる理由は今ひとつわからない。
いずれにせよ、ダーティな最上は、法律を超越した「制裁」へと突き動かされるわけだ。

キムタク、ニノ、吉高由里子はそれぞれ巧演。ニノが参考人を怒鳴りまくるシーンは迫力たっぷりだった。
そのなかでも目をひくのが、時効だからと由季殺しを白状した松倉重生を演じた酒向芳。相手を小バカにした"ンパッ"にむかつくむかつく。
真犯人弓岡嗣郎の大倉孝二もイヤなヤツが巧い。
おおよそ更正不可能な許せない輩は、この世にごまんといる。
けれど身勝手な正義は許されない、というのはいうまでもない。数々の冤罪事件を起こしてきた検察が、重要事件で逮捕された被疑者を嫌疑不十分で不起訴にする、というケースが増加している。
本来あるべき姿なのだろうが、一方で有罪率を確保する為に、公判維持ができない事件は避けているのではないか、とさえ思うことがある。
観ている者に対して、「正義」とは何かを問いかけてくる作品でもある。

それにしてもゲバラとトランプの誕生日が同じとは知らなかったなあ。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】検察側の罪人 Blu-ray 豪華版ニューエントリー2019/02/20\7,800amazon.co.jpへ
 【DVD】検察側の罪人 DVD 豪華版ニューエントリー2019/02/20\6,800amazon.co.jpへ
 【DVD】検察側の罪人 DVD 通常版ニューエントリー2019/02/20\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION