allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウインド・リバー(2017)

WIND RIVER

メディア映画
上映時間107分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月2018/07/27
ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ
映倫G
なぜ、この土地(ウインド・リバー)では
少女ばかりが殺されるのか――
ウインド・リバー [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,400
価格:¥ 4,014
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:テイラー・シェリダン
製作:ベイジル・イヴァニク
ピーター・バーグ
マシュー・ジョージ
ウェイン・L・ロジャーズ
エリザベス・A・ベル
製作総指揮:エリカ・リー
ジョナサン・ファーマン
ブレイデン・アフターグッド
クリストファー・H・ワーナー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
デヴィッド・C・グラッサー
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
ロバート・ジョーンズ
ニック・バウアー
ディーパック・ナヤール
ティム・ホワイト
トレヴァー・ホワイト
ニコラス・シャルティエ
ジョナサン・デクター
ヴァンサン・マラヴァル
ブラヒム・シウア
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ベン・リチャードソン
プロダクションデ
ザイン:
ニール・スピサック
衣装デザイン:カリ・パーキンス
編集:ゲイリー・ローチ
音楽:ニック・ケイヴ
ウォーレン・エリス
出演:ジェレミー・レナーコリー・ランバート
エリザベス・オルセンジェーン・バナー
ジョン・バーンサルマット
グレアム・グリーンベン
ケルシー・アスビルナタリー
ギル・バーミンガムマーティン
ジュリア・ジョーンズ
マーティン・センスマイヤー
テオ・ブリオネス
エイペザナクウェイト
タントゥー・カーディナル
ジェームズ・ジョーダン
ヒュー・ディロン
マシュー・デル・ネグロ
イアン・ボーエン
エリック・ラング
【解説】
 アメリカの辺境をテーマにした「ボーダーライン」「最後の追跡」の脚本で注目された俳優出身のテイラー・シェリダンがその“フロンティア3部作”の最終章と位置づけ、脚本に加えて自ら監督も務めて撮り上げた社会派クライム・サスペンス。ネイティブアメリカンの保留地を舞台に、法の支配が及ばない過酷な土地で発生した殺人事件の捜査に当たるFBIの新人女性捜査官と、その案内役を務める地元ハンターが辿る驚愕の顛末を、アメリカが抱える現実の社会問題を背景に、リアルかつ緊張感溢れる筆致でスリリングに描き出す。主演は「アベンジャーズ」でも共演している「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナーと「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のエリザベス・オルセン。
 アメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地ウインド・リバー。ここで野生生物局の職員として活動している地元の白人ハンター、コリーはある日、雪の上で凍りついているネイティブアメリカンの少女の死体を発見する。彼女は亡くなったコリーの娘エミリーの親友ナタリーだった。やがてFBIから新米の女性捜査官ジェーンひとりだけがやって来る。検死の結果、ナタリーは生前にレイプされていることが判明する。犯人からの逃亡中に死亡したのは明らかだったが、直接の死因はマイナス30度にもなる冷気を吸い込んだことによる肺出血のため、FBIの増援を受けられないまま、ジェーンがひとりで捜査を続けることに。そこでこの土地に詳しいコリーに協力を要請、2人で事件の真相に迫っていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-08-02 22:36:50
【ネタバレ注意】

 息子に馬の扱いを教える(かつ、馬が息子に馴れるように調教する)という感動的な場面を持つ、雪のワイオミングを舞台にした現代西部劇。しかし、西部劇的意匠以上に、『羊たちの沈黙』の後裔であるという感覚が強い。ずばり、羊の群れの場面から始まるのだ。
 主人公はあくまでもハンターのジェレミー・レナーであり、基本的にはレナーの過去の出来事を絡めながら、彼のプロとしての振る舞いでプロットを牽引する。一方、若い女性のFBI捜査官として、エリザベス・オルセンが登場し、彼女の成長がもうひとつの焦点となるのだが、単に、まだ未成熟な女性FBI捜査官という意味で、ジョディ・フォスターを継承しているというだけでなく、本作の演出的な最大の見せ場が『羊たちの沈黙』でジョナサン・デミが行った時空の「すり替え」の継承なのだ。それもあからさまに、ドアのノックというアクション、ドアの内外という異空間を起点にするところまで同じであり、模倣じゃないかとも思われるが、本作では、全編で唯一こゝだけがフラッシュバックで繋がれる処理ということもあって、その演出効果の鮮やかさにおいて、甲乙つけがたい出来だと思うのだ。
 さて、このトレーラーハウスのドアを挟んだ銃撃戦シーンの演出についても銘記しておくべきだろう。オフからの2つの銃撃が見事だ。初っ端の、ドアの向こうから、オルセンが撃たれる部分と、トレーラーの外部にいるレナーが、内部へ撃ちこみ、敵が吹っ飛ばされるカットを指している。簡潔かつスピード感溢れる巧い演出だと思う。
 尚、エピローグでレナーのネイティブの友人が「死の化粧」をしており、「教えてくれる人がいなかったから、見よう見まねでやった」というような科白があるのだが、これは複雑な情感をもたらす科白で唸った。このエピローグもとてもいい。
http://cinema.intercritique.com/user.cgi?u=3449

投稿者:敦煌投稿日:2018-08-02 13:19:58
【ネタバレ注意】

米国って怖いわあ。
ギャングならぬ一般企業の作業員が、ケンカで仕事仲間を**し、
捜査員が訪ねてきたら、まとめて**することを考える。
う〜む、こんなところに水戸黄門ご一行が漫遊しに行ったら、
「この紋所が目に入らぬか」「入らねーよ。バキューン」で
あっさり闇に葬られそうですね。

テイラー・シェリダンという監督さんは、状況や人間関係の
説明が概ね的確だし、サスペンスの盛りあげ方もうまい。
クライマックスではレナーの得意技で大向こうもうならせる。
それだけに、オルセンが被害女性の母親になぜ話を聞けなかったのか
とか(イカれてた?一瞬過ぎてよくわからず)、なぜ売人兄弟の家から
スノーモビルの跡がついていたのかといった、ちょっとした細部に
疑問が残ってしまったのが残念です。

投稿者:ノリック007投稿日:2018-07-29 02:02:43

映画なのでお見事なストーリーですが、現実はこんなものではないでしょう。

日本にもパワハラ、セクハラ、いじめを受けたデータは存在しない。
実際のパワハラ、セクハラ、いじめによる自殺者の人数は不明である。

パワハラ、セクハラ、いじめを行う人々は事実を隠蔽しする。
パワハラ、セクハラ、いじめを行う人々には罰がないからです。

立法は、パワハラ、セクハラ、いじめを取り締まる法律を制定していない。
行政は、パワハラ、セクハラ、いじめを取り締まる法律がないので、
パワハラ、セクハラ、いじめを行う人々を処分することができない。
司法は、略式起訴と不起訴処分で、パワハラ、セクハラ、いじめを
行う人々を守っている。

メディアは、大本営発表を垂れ流すだけで、パワハラ、セクハラ、
いじめを行う人々を報道しない。

行政、立法、司法から隔絶されたところで、人間は理性を保つことは
できずに、野獣以下の獣になる。

大成建設の社員で、現場監督をしていた23歳の青年に、納期を優先して、
新国立競技場の建設工事を行うように命令し、知っていて、自殺に追い
込んだ人のことは、何人いるのか、誰なのかを知りません。

NHKの社員で、佐戸未和さんに、都議選と参議院選を取材するように
命令し、知っていて、死亡に追い込み、事実を隠ぺいした人のことは、
何人いるのか、誰なのかを知りません。

大東建託は、20代、40代、50代の社員に仕事を命令し、知っていて、
自殺に追い込んだ人のことは、何人いるのか、誰なのかを知りません。

電通の社員で、大嶋一郎さんや高橋まつりさんに仕事を命令し、
知っていて、自殺に追い込んだ人のことは、何人いるのか、誰なのかを
知りません。

日本政府の政治家、財務省の官僚で、財務省近畿財務局の赤木俊夫に命令し、
知っていて、自殺に追い込んだ人のことは、何人いるのか、誰なのかを
知りません。

自殺したところで、何にもならないということを学び、自殺すべきでは
ありません。

ウィンド・リバーには、危険を顧みずに被害者を助けた人はいました。
日本には、自殺した人々を助けようとした人はいるのでしょうか?
http://www.geocities.jp/internetshow2000/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ウインド・リバー2018/12/04\5,000amazon.co.jpへ
 【DVD】ウインド・リバー2018/12/04\4,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ウインド・リバー2018/12/04
 【DVD】ウインド・リバー2018/12/04
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION