allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

焼肉ドラゴン(2018)

メディア映画
上映時間127分
製作国日本
公開情報劇場公開(KADOKAWA=ファントム・フィルム)
初公開年月2018/06/22
ジャンルドラマ/コメディ
映倫G
たとえ明日がどんなでも、
明日はきっとえぇ日になる。
焼肉ドラゴン [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,772
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:鄭義信
企画・プロデュー
サー:
清水啓太郎
エグゼクティブプ
ロデューサー:
小西啓介
堀内大示
巖本博
畠中達郎
本間憲
岡田美穂
高橋一仁
岩崎アキ子
三宅容介
梅川治男
プロデューサー:森重晃
企画プロデューサ
ー:
江守徹
佐々木弘毅
原作:鄭義信
(戯曲『焼肉ドラゴン』)
脚本:鄭義信
撮影:山崎裕
美術:磯見俊裕
編集:洲崎千恵子
音楽:久米大作
VFXスーパーバ
イザー:
オダイッセイ
記録:永倉美香
照明:尾下栄治
製作統括:小西啓介
加茂克也
装飾:中込秀志
録音:吉田憲義
監督補:吉見拓真
出演:真木よう子長女・静花
井上真央次女・梨花
大泉洋哲男
桜庭ななみ三女・美花
大谷亮平長谷川さん
ハン・ドンギュ尹大樹
イム・ヒチョル呉日白
大江晋平末っ子・時生
宇野祥平呉信吉
根岸季衣美根子
イ・ジョンウン母・英順
キム・サンホ父・龍吉
【解説】
 「愛を乞うひと」「血と骨」などの映画脚本でも知られる人気劇作家・演出家の鄭義信が、数々の賞に輝いた自身のヒット舞台を、自ら初監督を務めて映画化した感動の人情コメディ。大阪万博前後の関西の下町を舞台に、小さな焼肉店を営む在日コリアン一家が、時代の波に翻弄されながらも逞しく生きていく姿を笑いと涙で綴る。出演は真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋らに加え、両親役には韓国の名優キム・サンホ、イ・ジョンウン。
 大阪万博が目前に迫り活気溢れるとある地方都市の路地の一角。第二次世界大戦で左腕を失った龍吉は、故郷の済州島を追われて来日した英順と再婚し、ここで小さな焼肉店“焼肉ドラゴン”を開業し、4人の子どもたちを育てるために身を粉にして働いてきた。そんな中、中学生になった末っ子の時生は学校でイジメに遭い心を閉ざしてしまう。一方、次女の梨花は、夫・哲男が幼なじみでもある長女・静花への恋心を今も捨てきれずにいることに苛立ちを募らせていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-08-13 16:42:42
【ネタバレ注意】

2008年、東京の新国立劇場とソウルの「芸術の殿堂」の合同公演のために、韓国側から熱烈なラブコールを受けて鄭義信(チョン・ウィシン)が書いた戯曲が原作。
舞台は1969年、伊丹空港に近い場所を占有している在日の集落で、焼肉屋を営む家族の物語だ。
映画はいかにも舞台を映画化したような作りだが、それはそれで悪くない。

アボジの金龍吉(キム・サンホ)、オモニ英順(イ・ジョンウン)、長女静花(真木よう子)、次女梨花(井上真央)、三女美花(桜庭ななみ)、そして一人息子の時生(大江晋平)。
アボジは戦争で左腕を失い、戦後この地で焼肉屋を営みながら子どもたちを育ててきた。故郷の済州島は、1948年に起きた四・三事件で住民が大虐殺され、50年には朝鮮戦争が起きる。帰るに帰られず、彼らはこの地で差別に耐えながら生きるしかない。
つらい目にあってもアボジは美しい夕焼けに目を向けて「明日はきっとええ日になる…たとえ昨日がどんなでも」と語る。
それでも悲劇は留まらない。進学校で執拗ないじめに遭った時生は、言葉を失い、ついに自ら河に身を投げる…。
娘たちはいろいろな愛憎劇を繰り返し、長女夫婦は北朝鮮へ、次女夫婦は韓国へ、そして焼肉屋も国有地からの立ち退きを迫られ、一家は離散する。

後半のアボジの独白が胸に迫る。韓国ドラマでもお馴染みのキム・サンホが実にいい。オモニ役のイ・ジョンウンもいかにもコリアのオモニ、といった迫力だ。三姉妹はいくら何でも綺麗過ぎるけれど…(笑)。
立ち退きを迫られたアボジが「この土地は醬油屋の佐藤さんから買った」という台詞があるが、これは鄭義信監督の実体験によるのだという。彼の父は姫路で屑鉄屋をしていたが、立ち退きを迫られた時、そう言い張っていたのだそうだ。
戦後、軍事政権の韓国には帰りたくない、と思った在日も多かったろう。ましてや日本で生まれ育った二世にとって、半島にルーツはあっても故郷はない。帰国事業が推進された北朝鮮が実際はどのような国であったかは今さら語るまでもない。
「働いた働いた」と身世打鈴(シンセタリョン=身上話の意)を語るキム・サンホの独白は胸を打つ。
コミカルなのに、じんと胸に迫る…そんな在日を描いた秀作に仕上がっている。
大泉洋や大谷亮平らも巧演。なかなかの作品だ。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】焼肉ドラゴン2018/12/07\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】焼肉ドラゴン2018/12/07\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】焼肉ドラゴン2018/12/07
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION