allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018)

MISSION: IMPOSSIBLE - FALLOUT

メディア映画
上映時間147分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東和ピクチャーズ)
初公開年月2018/08/03
ジャンルアクション/サスペンス/アドベンチャー
映倫G
究極の不可能へ

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


 Photos

【解説】
 トム・クルーズ演じる伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の不可能なミッションに挑む大人気アクション・シリーズの第6弾。複数の都市を標的にした同時核爆発の阻止というシリーズ最大の難題に立ち向かうイーサンとIMFチームの活躍を、トム・クルーズが体当たりで挑む迫力のアクション満載に描き出す。共演はヴィング・レイムス、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィンら続投組に加え、新たにCIAの敏腕エージェント役でヘンリー・カヴィル。監督は引き続き「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。
 何者かによってプルトニウムが盗まれ、奪還を命じられたイーサンの作戦は失敗に終わる。3つの都市を標的にした同時核爆発テロの危機が迫る中、IMFとともにその阻止に奔走するイーサンだったが、CIAからは彼に疑惑の目を向ける最強のエージェント、オーガスト・ウォーカーが監視役として送り込まれる。一方、わずかな手がかりを頼りにテロを計画する謎の組織に迫ろうとするイーサンは、敵につながる謎の女ホワイト・ウィドウの信用を得るため、収監中の“シンジケート”の元リーダー、ソロモン・レーンの脱獄に手を貸すという危険な賭けに出るのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
スパイ大作戦(1966〜1973)オリジナルTVシリーズ
ミッション:インポッシブル(1996)シリーズ第1作
M:I-2(2000)シリーズ第2作
M:i:III(2006)シリーズ第3作
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011)シリーズ第4作
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)シリーズ第5作
ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018)シリーズ第6作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:wicked投稿日:2018-10-09 23:00:41
トム様の暴走に付き合うプロダクション、大変ですね。この映画じゃないかもしれないが、スタントで命を落とした方もいるようですし。映画、大事。でもそこまですることなのか。よく分からない。トム様に意見したり逆らえる立場の方はいらっしゃるのでしょうか。

映画はとてもよかった、集大成にふさわしいのではないでしょうか。ちょっと初作を彷彿とさせるキャラがいたり、MIぽく仕上がっていた部分があってよかった。未見の方は劇場を強くお勧めします。
投稿者:FFF投稿日:2018-09-24 22:52:42
超能力を持たない人間の行き当たりばったりの超人ぶりも、実際これ飛んだり登ったりしてるんやなあ、と思うと何もつっこめません。それが今回どの場面も振り切ってマックスでございます。スーパーマンより強いってか。
あと前作はレベッカファーガソンの魅力全開でしたが、今回はレベッカに嫁に美ッチと三つ巴の共演で目移りしまくり。アクションともども全部のせでお腹いっぱいです。
投稿者:ローランド投稿日:2018-08-24 10:07:11
  140分の長時間を退屈させなく見せ切ってしまうのだからこれはこれで大したものなんだけど、「ローグ・ネイション」にあったウイーン国立歌劇場でのシークエンスやバイクチェイスなどに比べたら今作の同じような着想の場面には品位が少し落ちる気がして、これは興行成績を考えて対象年齢を下げたせいってことなのかね?。  その割には物語の整理が出来ていなくて、アクションを楽しめばいいってことにして観進んで行くのだけどそのアクションと説明的なハラハラ場面がこれでもかこれでもかとてんこ盛りにサービスされていて、腹いっぱいになっても、ほらほら、まだまだあるぞって提供してくれます。   

  トムが56歳という年齢ながら頑張っているという評を多く眼にするのだけど、織田信長の「人間五十年・・・」の時代とは違って今の時代は心掛け考え方が若かったなら50歳代はまだまだ青年期との気持ちでいて、あまり年齢を意識しなくても良いのではないかと思う。 何事をも年齢で区切って整理してしまったら奥手の人間は人生において大きな損をすることになる。  公共的なことにしても、同性同士の婚姻を容認しようとの動きがあるくらいなんだから年齢差別にももっと議論があっても良いのではなかろうか? っていうのは飛躍しすぎた考えか・・・笑。   

  「ウェブリブログ」に掲載したものを基にしてのコメントなんでどちらも目にしている人がいたら二重投稿に見えるかもしれないけど、最近戸籍上の年齢が何かと足かせになり癪に障るってこともあり加筆修正してここにも載せました。
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-08-23 11:47:17
【ネタバレ注意】

いやー堪能しました。御歳56歳(撮影時はも少し若いか)のトム・クルーズがスタントなしで自らの限界に挑んだという、ぶっ飛んだアクションがこれでもかこれでもかと続くMI第6作。
何でもストーリーは後づけで、アクションメインで撮り始めて、あとから辻褄を合わせていったという(監督は今作では物語が先だと話しているみたいだけど)から、これはもうジャッキー・チェンも真っ青のアクション至上主義作品。
超高空からのスカイダイビング(“HALO”というらしい)は、何と撮影のために100回繰り返したのだとか。本当だか何だかわからないけれど、もうこの際どうでもいい(笑) ヘリコプターを使ったアクションのためにヘリ操縦ライセンスをとったトム・クルーズはもう伝説、レジェンドなのだ。バイク、車を使ったパリ市街のカーアクションなんて、こんな撮影が何故可能なのか知りたくなったほど。限界はないのか。
と思ったら、ビルからビルに飛び移るシーンでさすがのトム・クルーズも足を骨折。あ、このシーンね、と思ったので、その瞬間思わず声を出してしまった。無茶するなあ本当に。町山智裕は「離婚もして子どももとられて自棄になっているトム・クルーズを誰か止めた方がいい」とコメントしているが、心からそう思う。死んじゃうぞ、いつか。
このシリーズでさらに徹底しているのは一般の人間を無闇に殺さないこと。ミッションに遭遇した警官は殺さないけど、殺し屋には容赦ない。そこがはっきりしているので後味も悪くない。
それにしてもスゴい。
参りました。

投稿者:映画で元気投稿日:2018-08-21 09:08:09
前作は、拡張も高く、女優さんも魅力的、スリル満点、ということなしで、2回観てしまった。だから、今作もよくできてはいるのだけれど、そのどれもが前作を下回ってしまったので、今一つ感が残ってしまう。
警察を交えて、三つ巴、四つ巴になると面白いのだろうけれど、皆、イサンと一対一の戦いになっていしまうので、散漫になったのかなとも思う。
でも、及第点、失望はさせません。
投稿者:bond投稿日:2018-08-15 21:16:36
スパイ戦の内容とアクションのバランスが良く。魅せます。
投稿者:敦煌投稿日:2018-08-13 21:16:28
面白かった・・・ことは面白かった。
パリでのバイクチェイスなんて、高齢ドライバーお得意の逆走事件にも
匹敵する大迫力。
なあなあで済ませていた(んだっけ?)ミシェル・モナハンとの落とし前も
つけられたので、これでファーガソン監督とも前に進めるか。
そんなこんなで総じてお値段の元は取れたような気がする。

んだけれども「毎回同じものを見せられている気がするな」感はどうしても
否めない。舞台の都市もアクションも一作ごとに違っているのだけれど、
煎じ詰めれば既視感のある設定ばかり。
おかげでこちらの集中度も落ちてしまったのか、前作はちゃんと見ていた
はずなのに、あの髭親父(ソロモン・レーン)の記憶がすっぽり抜けていた。
前作を見ながら居眠りしたんだったか、それとも私が高速を逆走する日も
近いのか。

というバカ話はさておき、たいていのシリーズ物がなぜ三作で打ち止めに
なるのかを、MIとワイルド・スピードの製作陣はよく考えた方がいいかも。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2018-08-08 23:40:25
ストーリーはもっとシンプルにできた気もするが、やっていることは単純。
ひたすらトム・クルーズのリアルスタントを堪能する映画となっている。
敵が強い分、安心して見れる場面は少なく、ハラハラ・ドキドキの連続。
カメラワークの格好良さも光っている。
前作のほうが綺麗にまとまっていた気がするが、本作はアクション映画としてシリーズNo.1だろう。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2018-08-07 23:55:21
「究極の不可能へ」という惹句のとおり、脱出不可能な状況が次々に襲ってくる。
それはアクションを盛り上げるのみならず、人間としてどうあるべきかを問うもので、観客もまた究極の選択を迫られ続ける。
不可能とは何かという考察を押し進めた結果がここにある。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-635.html
投稿者:カール犬投稿日:2018-08-05 02:07:15
【ネタバレ注意】

ストーリー的に前作ローグ・ネイション観ていた方がすんなりいくかも。

今回はアクション色が強め。
その分イーサンと愉快な仲間たちとのお笑いは控えめ。

このメンツで裏切り者は誰か? 考えるまでもありませんな。

トム・クルーズとスーパーマンのヘンリー・カヴィルが並ぶと
その身長差とガタイの差にビビディバビディブー
誰か早く魔法の杖を。せめてシークレットブーツを。と思っていたら

なんだかんだを乗り越えてここまでスターを張ってきた男トム・クルーズ!

飛びます!飛びます!
ノーヘルでバイクぶっ飛ばしはお約束。
ビルから飛んで骨折だ。ヘリコプターで宙吊りだ。

頑張り屋さんだな〜〜 って見守る域に達してるわもう。

自分としてはもう少し息抜き的に笑えるところがあっても良かったけどね。
世界の危機にそれどころじゃねーだろと言われればそれまでだ。



投稿者:namurisu投稿日:2018-07-25 13:45:33
またしても、映画になってない。このチビのスタント、いい加減にしてくれ。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION