allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018)

SOLO: A STAR WARS STORY

メディア映画
上映時間135分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ウォルト・ディズニー・ジャパン)
初公開年月2018/06/29
ジャンルSF/アクション/アドベンチャー
映倫G
すべての男(ヒーロー)に、
はじまりの物語がある――
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 4K UHD MovieNEX スチールブック(数量限定) [4K ULTRA HD+3D+Blu-ray+デジタルコピー+MovieNEXワールド]
参考価格:¥ 9,720
価格:¥ 7,943
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に続く「スター・ウォーズ」スピンオフ・シリーズ第2弾。「スター・ウォーズ」シリーズの中でも屈指の人気を誇る銀河最速のパイロットにして愛すべきアウトロー、ハン・ソロの若き日に焦点を当て、伝説のヒーロー誕生までの知られざる物語を描き出す。主演は「ヘイル、シーザー!」「ハリウッド・スキャンダル」のオールデン・エアエンライク。共演にウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー。監督は「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」の巨匠ロン・ハワード。
 惑星コレリアで生まれ育った若者ハン。銀河帝国の暗黒支配が激しさを増す中、自由を求める彼は幼なじみのキーラとともに故郷からの脱出を図るも失敗、2人は離ればなれに。やがて銀河一のパイロットとなってキーラを迎えに戻ると誓い、帝国軍のパイロットを目指すハン。しかし3年後、彼は帝国フライト・アカデミーを追放され、歩兵として戦場に送られる。そこでウーキー族の戦士チューバッカと出会うハンだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:水ヒラ投稿日:2018-07-22 14:33:44
「最後のジェダイ」のようなカス映画をありがとうと持ち上げる目の曇ったSWファンがこの映画を貶めている。
それに反発して、8点のところを10点。

関係者「これじゃ、SWじゃなくて、「ウィロー」ですよ、
    それに若きハン・ソロじゃなくてマッドマーティガンじゃないですか」
ハワド「ハンって、俺の脇役だったハリソンの役名なだけだろ?、これでいいよ」
関係者「でももっとビュンビュン戦闘機を飛ばしてもらわないと・・」
ハワド「これでいいんだよ、なんなら俺がジョージにこれでいい!って言っといてやろうか?」
投稿者:FFF投稿日:2018-07-22 09:16:44
SWは毎回ツッコミとカタルシスが共存して世代ごとに好き勝手言うのが楽しいと思うのだが。
終止暗い画面で展開される若きハンソロの冒険。
列車のビジュアルは素晴らしい。ハレルソンが求心力だがどっちころんでも感動なし。L3はよかった。
下の方のコメントにあるようにサプライズはアニメでの設定だそうだが「?」でした。
ローグワンじゃベイダーが大暴れしてたのでそれなりに期待するちゅうもんでしょ。
ハンソロの映画なんだからベタにジャバやボバが出てしかるべきだと思うのだが。
風の旅団(勝手に命名)もどこに繋がるのかわからず。ういろうが一番のサプライズでしたわ。
投稿者:敦煌投稿日:2018-07-20 21:50:16
【ネタバレ注意】

魅力的な脇役を次から次へと全員退場させてしまいましたね。
このシリーズは一作ごとにゼロから作るのか?
『ゾンビランド』もそうだったけど、ハレルソンってこういう役柄
合ってるわ。

投稿者:レッド・キング投稿日:2018-07-15 17:59:27
THX(字幕版)と2D吹替版にて2回鑑賞しました。
ロン・ハワードらしい人間味あふれ、心温まるハンソロでした。
アクションシーンも大満足でした。
冒頭のM-68ランドスピーカーでのカーアクションやコアクシウムを
積んだ列車強奪は最高でした。やはりTHX等の画面&音響効果で
見て正解。(やはりSFアクションは映画館で見ないとね)
クリーチャー達も良かったです。
できればIMAXで見たかったのですが、予定が合わず...。
ラストの波の穏やかな海、風の吹く砂丘はロン・ハワードらしい
素晴らしいシーンでした。
それだけに残念なのは、「ハンソロ」がイメージに合わない事
主役がエアエンライクに決まった時は正直、見るのを考えました。
それ以外は全て良かったです。
興行成績が振るわなかった理由は2つだけ...
SWエピソード8が期待を裏切った事、それにハンソロのイメージ
が合わなかった事だけだと思います。
別にSW疲れはありません。

投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-07-14 00:43:20
 雪の西部劇であり、砂浜の(海の見える)西部劇。予告編を見た時から、他ならぬロン・ハワードの西部劇なのだから、悪くなろうはずもないと確信したが、期待に違わぬ出来栄えだ。

 まずは、光に対しての自覚的な演出に引かれる。巻頭は黒画面にスパーク。続くシーケンスは、夜でずっとローキーだ。ソロ=アルデン・エーレンライクもヒロインのキーラ=エミリア・クラークも顔がよく見えないレベル。しかし、ウォームの女王に尋問されるシーンで、ソロが石を壁に投げ、いきなり光が射し込むのだ。この光の扱い良し。
 その後のカーチェイスもまずまずの出来だが、戦場のシーンで、ウディ・ハレルソンとタンディ・ニュートンが登場してからの前半部が矢張り良く出来ている。チューバッカとの出会いを経て、列車強盗にいたる、雪の西部劇のシーケンスが白眉だろう。(ただし、このシーケンスの最後に、ハレルソンに「殴って悪かった」等と云せてしまうロングショットは、ロン・ハワードらしい甘さを感じる)

 中盤はスペースオペラらしい宇宙活劇部分も盛り込まれるが、ドロイドL3にまつわる部分は、私には理に落ちた感がし、少々興醒めだ。惑星ケッセルからの脱出行で、ミレニアム・ファルコン号の操縦席のソロの横に、チューバッカが座るシーンには感激したが。

 そして、舞台が海岸のある砂丘、コアキシウム精製施設のある星に移ってからが盛り返す。何と云っても、この場面の風がいい。このような画面の触感を楽しむことが映画を見る快感だ。まるで、アメリカ先住民(インディアン)のような人々。盗賊エンフィス・ネストが忽然と再登場するカットも怖さが良く出ている。

 ラストの決闘シーンは、その簡潔さが良いのだが、ただ、こゝはもうちょっと派手に演出しても良かった。しかし、ホルスターから抜いて撃つ、という定番の銃の早撃ちを演出しなかったのは、考えた上での判断なのだろう。思い起こしてみると、ハン・ソロは、惑星タトゥイーンのモス・アイズリーの酒場で登場した際、ホークス『脱出』のハンフリー・ボガートや、フォード『シャイアン』のジェームズ・スチュワートのように、テーブルの下から相手を撃つ、という、ある意味卑怯だが、早撃ちの決闘とは対極の、実利的な(そしてある種アイロニカルな)演出がほどこされていたわけで(この際、どちらが先に撃ったのか、という事柄は置いておくとして)、早撃ちの拳銃さばきの見せ場は、ジャンゴ・フェットの特権なのかも知れない。いずれ、そのクローンである、ボバ・フェットが見せてくれることを期待したい。
 或いは、本作のハレルソンは、戦場での登場シーンで見事な銃さばきを見せるだけに、ラストの決闘シーンでも期待をさせるのだが、矢張り現代西部劇としての慎ましさを示した演出なのだ。リー・マーヴィンもジョン・ウェインも死んでしまった後の西部劇なのだから。

#西部劇は1976年に『ラスト・シューティスト』で息の根を止められたが、その2年前に、『スパイクス・ギャング』によって瀕死の重傷を負わされている。リチャード・フライシャーとドン・シーゲルによる西部劇の葬儀。その両方に立ち会ったのが、他ならぬロン・ハワードなのだ。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:spqc2y29投稿日:2018-07-08 22:48:13
【ネタバレ注意】

決して悪くないけど、ラストにもう一つ見せ場があればいいのに、、、
SWのわりに、地味な終わり方

投稿者:ringoringo投稿日:2018-07-02 17:18:57
【ネタバレ注意】

人は信じるなよ。裏切るものなのだから…

ところで、初IMAX3Dで観賞。前の禿げ親父が尋常ならざる座高の高さで、汚ないハゲ頭が気になってガッカリだったよ…

投稿者:こうき投稿日:2018-07-02 02:35:00
【ネタバレ注意】

既知の設定を映像で説明しただけ。
これはやっちゃいかんでしょう。

脚本がローレンス・カスダンだからか、ランドとのやり取りはラストまで「帝国」そのもの。過去作からの引用はEP7よりも露骨で安直だと感じた。
ヤング・ハンは成長はするけれど最後まで苦悩も挫折もしないから、イマイチ釈然としない。せっかく師匠がいるんだし、若いハンの感情の揺らぎを見たかった。
チューイについても設定通りの流れなんだけれども、果たして今作でそこまで魅力的な男としてハンを描けているだろうか、と思ってしまう。
生きる目的だったキーラとの結末も、あのまま強引にエンドクレジットでシメられちゃうのはちょっと納得できない。

そして「あのお方」の登場については、確かに最大のサプライズだった。
だが同時にトンデモナイ方向に行ってしまったと思った。ローグ・ワンでもアニメシリーズとのリンクはあったので、スピンオフはそういうやり方なんでしょう。
しかし、核心に近い部分での唐突なアニメへの誘導は、映画単体としての完成度を下げるだけと言わざるを得ない。
「レイ・パークお帰りー!」とは思っているけれど、残念ながら素直に歓迎する気持ちにはなれなかった。

良いところを挙げると、ファルコンがどんどん見たことのある姿に変貌していくのは高揚感があった。ジョン・ウィリアムズは偉大である。
(センサーアレイを最近壊しすぎじゃないでしょうかね?)
また、個人的に今作最大の収穫は"Han shot first問題"に答えが示されたことだった。
ハンが先。しかもハンだけが撃つ。これがベケットから学んだアウトローの生き方なのだと、公式?の見解と受け取った。


EP7以降、スター・ウォーズは1年に1回のお祭りと捉えて楽しんでいるが、去年とは違った理由で今年もちょっとノレなかった。
どうやらずっと続くらしいので、1作ずつちゃんと映画の水準を保ち、落ち着いて作って欲しいと1人のファンとして切に願っている。
今作は仕込んだネタから見ても、完全にファン向けの作りだった。

投稿者:インベラー投稿日:2018-07-01 16:03:25
パブリシティでは大ヒットと唱ってますが、北米での興行は失敗。
日本でも失速。
一部スターウォーズマニアが驚喜してるだけで、作品は80年代の凡作SF映画の焼き直し。
脚本が酷く、SFも目に見えて等身大の時は77年版より酷い・・・
音楽も御大ジョン・ウイリアムスが担当したものの焼き直しをパウエルに書かせてる・・・
何か不思議と『フラッシュ・ゴードン』や『ブラックホール』を思い出させて貰いました。
余程のファン以外はレンタルで充分でしょ?
投稿者:カール犬投稿日:2018-07-01 03:55:30
4DXで視聴。

最高値に座席がグラインドするシーンもあったけど
この作品で4DXはお勧めしない。

画面が暗いのに眼鏡をかけるともっと暗い。3Dもスカタン。

若きハン・ソロは誰が演じたって難しいと思うけれど、
それなら周りがもっと引き立て支えなくてはいけない。

脚本とか脚本とか脚本とかでね。

ファンが小ネタにすがるレベルで楽しめるデキなのかもしれないけど、、

スターウォーズ作品の初見でこんなにあくびが出たのは初めてかも。

座席に肩甲骨を容赦なくどつかれ霧吹きの水を浴びその後風をあてられて
(寒いじゃねーかと覚醒) おかげで寝落ちせずになんとか観終える。

そういう意味では4DXで正解?だったのかもしれない自分は。
投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2018-06-29 23:41:40
ん〜〜スターウォーズというブランドだけの映画
投稿者:namurisu投稿日:2018-06-04 14:34:25
おなじことをやっているのだから、興行収益墜落は、あたりまえ。
【レンタル】
 【Blu-ray】ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018/10/17
 【DVD】ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018/10/17
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION