allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

パンク侍、斬られて候(2018)

メディア映画
上映時間131分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2018/06/30
ジャンル時代劇/コメディ/アクション
映倫G
世紀のハッタリ合戦。

最後に斬られるのは誰だ!?

パンク侍、斬られて候

(C)エイベックス通信放送


 Photos

【クレジット】
監督:石井岳龍
製作:若泉久央
エグゼクティブプ
ロデューサー:
西澤力
笹岡敦
プロデューサー:湊谷恭史
ラインプロデュー
サー:
齋藤大輔
共同プロデューサ
ー:
上田徳浩
鈴木健太郎
古賀俊輔
紀伊宗之
新野安行
企画・プロデュー
ス:
伊藤和宏
原作:町田康
『パンク侍、斬られて候』(角川文庫刊)
脚本:宮藤官九郎
キャラクターデザ
イン:
澤田石和寛
撮影:松本ヨシユキ
特撮監督:尾上克郎
美術:林田裕至
編集:武田峻彦
振付:振付稼業air:man
音楽:森俊之
主題歌:セックス・ピストルズ
『アナーキー・イン・ザ・U.K.』
エンディングテー
マ:
感覚ピエロ
『夜のスピード』
VFXスーパーバ
イザー:
森田淳也
VFXプロデュー
サー:
道木伸隆
アクションコーデ
ィネーター:
諸鍛冶裕太
キャスティングデ
ィレクター:
杉野剛
サウンドデザイン:勝本道哲
スクリプター:田口良子
衣裳デザイン:澤田石和寛
照明:宮西孝明
録音:古谷正志
助監督:茂木克仁
サウンドエディタ
ー:
勝俣まさとし
テクニカルプロデ
ューサー:
大屋哲男
出演:綾野剛掛十之進
北川景子ろん
東出昌大黒和直仁
染谷将太幕暮孫兵
浅野忠信茶山半郎
永瀬正敏大臼延珍
村上淳真鍋五千郎
若葉竜也オサム
近藤公園長岡主馬
渋川清彦江下レの魂次
國村隼大浦主膳
豊川悦司内藤帯刀
【解説】
 人気芥川賞作家・町田康のパンク時代小説を宮藤官九郎の脚色、「爆裂都市 BURST CITY」「逆噴射家族」の石井岳龍監督で映画化。“超人的剣客”と豪語する浪人が、とある藩に仕官するためにかましたハッタリが引き起こす大騒動の顛末が、風刺やパロディ満載に奇想天外かつエネルギッシュに描かれていく。主演は「新宿スワン」「日本で一番悪い奴ら」の綾野剛、共演に北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、國村隼、豊川悦司。
 自ら“超人的剣客”と豪語する浪人・掛十之進がとある街道に姿を現わすや、いきなり物乞いの老人を斬り捨てる。そして居合わせた黒和藩の藩士に“腹ふり党”なる新興宗教団体の脅威が迫っていると説き、重臣・茶山半郎のもとで仕官への道を開く。ところが“腹ふり党”はすでに解散していることが判明、自らの立場を守るべく“腹ふり党”の元幹部・茶山半郎をたきつけて、藩内で騒動を起こさせようとする十之進だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-07-21 22:30:35
 冒頭の街道の場面での、綾野剛と近藤公園のフルショットでのシネスコの使い方も良いと思うが、それ以上に、中盤までの屋内での画面造型とカッティングが面白い。例えば、豊川悦司と綾野のシーンの、2ショットでのカット割り。或いは屋内望遠カットの圧縮感も。しかし、豊川は絶好調だ。國村隼の台詞回しもあらためて上手いと感じる。染谷将太もコメディパートとしては良い役で、この人が一番笑わせる。結局、中盤あたりまでは、そのぶっ飛び加減がかなり面白い映画だ。おおよそ、茶山−浅野忠信(登場のインパクト!)が出てくるあたりまで、或いは、ナレーションがデウスという名の猿だった、ということが分かる辺りまでか。デウス登場の際、目のアップで、これは間違いなく永瀬正敏の目だ、と分かる見せ方も(メイク含めて)とてもいい。

 ただし、後半のカオスの表現はもっと効果的な見せ方があるんじゃなかろうか。デジタル処理は安っぽい。あと、北川景子の登場シーンの照明は、イマイチ。なんか黄色っぽい画面が嫌だ。また、北川への寄り過ぎの構図が目立つ。ダンスが変なのはいいが、この人だけ肌の露出度が低い、というのはどうだろうか。
 その他、杓子定規な殿様・東出昌大、北川に惚れる密偵・渋川清彦、念動力を使う若葉竜也含めてキャラクターの描き分けと、きちんと見せ場を用意する演出は、大したものだと思う。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:FFF投稿日:2018-07-10 18:31:30
いや〜もう、どこ切っても町田で石井でクドカン。これほど見事に三位一体になるとは。
まさしくパンクスピリッツのなせる技ですわ。
役者も適材適所悪ノリで振り切って、ってどこか虚無的な感じが押しつけがましくなくええ感じ。
なんとするなら作品の言わんとすることはこの世はインチキってことなので。
町田にニタッ。後はおへどまでエクスタシー&デストロイ。
投稿者:domingo投稿日:2018-07-08 18:40:05
【ネタバレ注意】

楽しめず。
そら町田康の小説の筋とかセリフとかそのまま映画にしただけじゃ無理だわな。
多分、町田康にしてもセックス・ピストルズにしても、苦労したかは別、それまでの文体、リズムというものを微妙ではあるが、しかし決定的に変えたところがすごいのであって、この映画ではその方針が見受けられないのが残念。
昭和TV時代劇の滑舌・録音の悪さとか、平べったい被写体の薄青白さとか参考にしたこれを見てみたい気がする。
その意味で茶山のただ吠えるだけのトライアルとかは、訳わからないにしろ、方向としてはまぁ楽しめた。頭の刺青がしょぼすぎるけど。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION