allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018)

RAMPAGE

メディア映画
上映時間107分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2018/05/18
ジャンルアクション/アドベンチャー/パニック
映倫G
巨大化が、止まらない。

ランペイジ 巨獣大乱闘

(c)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


 Photos

【解説】
 往年の人気アーケードゲームを原作に、遺伝子実験の失敗で普通の動物たちが次々と巨大化、凶暴化して街中で大乱闘を繰り広げるさまをドウェイン・ジョンソン主演で描くアクション・アドベンチャー。共演はナオミ・ハリス、ジェフリー・ディーン・モーガン。監督は「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
 宇宙空間で非合法に行われていた遺伝子実験でトラブルが発生し、動物たちを巨大化させるウイルスが地球に降り注ぐ。それを浴びた白いゴリラのジョージが突如巨大化し、彼と意思疎通できる霊長類学者デイビスは相棒の変貌に驚嘆する。一方、同じウイルスを浴びたオオカミとワニもみるみる巨大化し、大都会を舞台に問答無用の恐るべき破壊行為を繰り広げていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:リベルタド!!投稿日:2018-11-16 00:13:19
「ジョーズ」以降、業界はアニマルパニック映画を量産し一大ブームを巻き起こした。「ピラニア」とか「テンタクルズ」「オルカ」とか。
でも、いわゆる“怪獣映画”ではなかった。
そもそも、ハリウッドが最初に“ゴジラ”をリメイクした、ローランド・エメリッヒの作品ですら、イグアナが変異したとか、どうとかで理屈っぽい。だから失敗した。
怪獣映画が好きな人は、そんなリアリティーは求めていない。巨大な怪獣が、ただひたすら破壊の限りをつくせばいい。
「クローバーフィールド」が良いきっかけになったと思う。ようやく、ハリウッドは“怪獣映画”を理解した。「パフィシックリム」も良かった!そして、この「ランペイジ」もまぎれもない“怪獣映画”!
投稿者:ドク説法投稿日:2018-06-23 20:00:30
【ネタバレ注意】

これはもう、三大巨獣(白ゴリラ、ワニ、狼)たちが
大都会の高層ビルを破壊しまくる迫力につきる。

ジャングルでも狼が飛んでるヘリを襲ったり...

人間たちは結局スペクタクルの引き立て役だった。

投稿者:saint_etienne_heaven投稿日:2018-05-18 13:34:12
【ネタバレ注意】

これは最高。
ワニの無敵感と狼のムササビ飛行の可愛さにKO。
ジェフリー・ディーン・モーガンとマリン・アッカーマンの「ウォッチメン」同窓組も良かった。

【レンタル】
 【Blu-ray】ランペイジ 巨獣大乱闘レンタル有り
 【DVD】ランペイジ 巨獣大乱闘レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION