allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

旅猫リポート(2018)

メディア映画
上映時間118分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2018/10/26
ジャンルドラマ/ファミリー
映倫G
ぼくは、最後まで、
サトルの猫でいる。

1人と1匹の新しい飼い主を探す旅。
彼らの旅が終わる時、あなたはきっと幸せに包まれる――

旅猫リポート

(C)2018「旅猫リポート」製作委員会(C)有川浩/講談社


 Photos

【クレジット】
監督:三木康一郎
原作:有川浩
『旅猫リポート』(講談社文庫刊)
脚本:有川浩
平松恵美子
撮影:小松高志
美術:金勝浩一
音楽:コトリンゴ
照明:木村匡博
装飾:尾関龍生
大藤邦康
録音:日下部雅也
出演:福士蒼汰宮脇悟
広瀬アリス杉千佳子
大野拓朗杉修介
山本涼介澤田幸介
前野朋哉吉峯大吾/虎丸(声)
田口翔大宮脇悟(小学生)
二宮慶多澤田幸介(小学生)
中村靖日五十嵐
戸田菜穂神崎
橋本じゅん宮脇健悟
木村多江宮脇和子
田中壮太郎澤田慶介
笛木優子澤田洋恵
竹内結子香島法子
声の出演:高畑充希ナナ
沢城みゆきモモ
【解説】
 人気作家・有川浩の同名ベストセラーを「曇天に笑う」「BLEACH」の福士蒼汰主演で映画化した感動ロード・ムービー。やむにやまれぬ事情で別れなければならなくなった1匹の猫とその飼い主の青年による、新たな飼い主探しの旅をハートフルに綴る。共演は広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介。また、猫のナナの声を高畑充希が務める。監督は「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」「覆面系ノイズ」の三木康一郎。
 野良猫として誇りを持って生きてきたナナだったが、車にひかれて大ケガを負ったときに、猫好きの優しい青年・悟に助けられ、以来、悟の猫となる。悟の深い愛情に包まれ、幸せな日々を送るナナ。ところが一緒に暮らして5年、悟はある事情でナナを手放さなければならなくなる。そこでは悟はナナと一緒に愛車に乗り、新たな飼い主を探す旅に出るのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:笠勝利投稿日:2018-11-07 15:36:28
松竹マークを見たせいか、開巻当初に主人公の車がS字道路をカメラに向かって走って来るシーンにデジャヴを覚えた。マツダ・ファミリアではなく、フィアット・パンダだったが…
それにしても、セリフも演技も嘘みたい。わざとらしさがやたら鼻につく。不必要に非現実と過剰に覆われた印象。主人公の境遇と行動は活字でこそ納得できたものだったのだろうか。そう言えば「図書館戦争」も小説の方が面白かったっけ。広瀬アリスがもったいない。
『ナナ』とか『ハチ』とか聞くと昔好きだった映画を思い出す。
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-11-02 11:06:53
猫を擬人化した映画はまず失敗する。そんな経験則をどのように突破するか、その一点の興味だけでこの作品を観たのだけれど、やはり突破できなかったか、というのが率直な感想。
まず登場してくる猫(回想のなかの「ハチ」、現在の「ナナ」)がいずれも美猫とはいえず可愛くない。たまたま調教できたのがその猫だったんだろうけれど、この猫が撮影中基本的に常に興奮状態にあることが一目瞭然なので、俳優の演技と噛み合っていない。そもそも俳優と目を合わさない猫に語りかける台詞を吹き替えってどうよ。無理がありあり。そもそも猫(声・高畑充希)の台詞が多すぎる。しかもそれがいちいち説明っぽいので、観ていてシラけてくるのだ。
致命的なのは、映画の中で、猫がリラックスしたり眠ったりしている場面が皆無であること。
猫の魅力はツンデレにある。
人間の都合に合わせて走ってきたりするのは「犬」であって猫ではない。
そしてそんな風にリラックスし、無防備に眠る猫の寝姿に、ひとは癒されたりするものなのだ。
恐らくこの映画の作り手はさほど猫好きではない。
そんな状況で猫に演技を求めても、それは無理というものだ。
原作(未読)に忠実なのかも知れないが、猫との距離感が測れる作り手ならば、別の作り方があったような気がする。
その意味でロジャー・スポティスウッド監督の『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(2016年)は主演の「ボブ」(猫)をはじめ、よく出来ていたなと改めて思った。
動物を扱う映画はことほど左様に簡単ではないのだ。
投稿者:Longisland投稿日:2018-10-25 13:05:00
鼻先傷の銀色熊猫が走る予告編から気になっていた作品… 公開前日に映画祭で鑑賞。

原作は有名作家小説、難病に動物(擬人化)、家族愛、友情に過去の恋愛等々とヒット要素盛りだくさんのロードムービー。俳優陣もイケメン青年含め中々の布陣、特に竹内結子が素晴らしい。
構成も映像も奇を衒うコトなく、クライマックスであるイケメン青年の死に向けこれでもかと涙腺を攻撃してきます。(誰でも予想出来るんで ネタバレじゃないよね)
正に老若男女カップル家族連れ、誰でも安心して観れる、宮さまご一家がご覧になるのも納得の邦画メジャーらしい作品。

そんな王道作品なんですが…
少年時代シークエンスにちょっと違和感。夫婦のシーンがなんだかねぇ、木村多江、橋下潤と演技上手なのに? 子役少年演技もそうだがここだけ演出が違うような気が?
そして、各シークエンス毎に意味深な?余計な?セリフ(親になってはいけない大人、昔好きだった告白等)はどういう意図があったんでしょう? 馬鹿な私には理解出来ず(苦笑

すいません、以下 作品には関係ない昔語りです。
作品中の小型車は伊フィアット社製のパンダ 。原作では銀のワンボックスカーとあったが変更したんだね、それも20いや30年前のパンダ、とっても綺麗な個体。因みに中国語でパンダは熊猫とスタッフさんわかってらっしゃるねー。当時のフィアットはフロントに引っかき傷の様な斜め5本線がトレードマーク。
ちっちゃくて鉄板むき出しでガタピシしててクーラーは何度直しても壊れ、スピード出ないし、うるさいし、輸入元がコロコロ変わり部品も修理も苦労した思い出ばかりだったけど運転していてとっても楽しかった車。
10年以上 10年万キロ以上共に過ごした、いろんなところに一緒に行った懐かしい(色は違うけど)愛車に再会できてホント良かった(泣 作中一度だけ鳴るホーンの音だけがちょい違ってたのはご愛嬌?
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION