allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017)

BATTLE OF THE SEXES

メディア映画
上映時間122分
製作国イギリス/アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2018/07/06
ジャンルドラマ/伝記/スポーツ
映倫G
時代を変えた、<女と男の熱い戦い>!

2018年7月6日(金)TOHOシネマズシャンテほか、全国順次ロードショー

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

(c)2018 Twentieth Century Fox


 Photos

【クレジット】
監督:ヴァレリー・ファリス
ジョナサン・デイトン
製作:クリスチャン・コルソン
ダニー・ボイル
ロバート・グラフ
脚本:サイモン・ボーフォイ
撮影:リヌス・サンドグレン
プロダクションデ
ザイン:
ジュディ・ベッカー
衣装デザイン:メアリー・ゾフレス
編集:パメラ・マーティン
音楽:ニコラス・ブリテル
出演:エマ・ストーンビリー・ジーン・キング
スティーヴ・カレルボビー・リッグス
アンドレア・ライズブローマリリン・バーネット
サラ・シルヴァーマングラディス・ヘルドマン
ビル・プルマンジャック・クレイマー
アラン・カミングテッド・ティンリング
エリザベス・シュープリシラ・リッグス
【解説】
 1973年に世界が注目した女子テニスの現役世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスによる性別を超えた世紀の一戦の知られざる舞台裏を、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンと「フォックスキャッチャー」のスティーヴ・カレルの共演で映画化した実話ドラマ。監督は「リトル・ミス・サンシャイン」「ルビー・スパークス」のヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン。
 全米女子テニス・チャンピオンのビリー・ジーン・キングは、女子の優勝賞金が男子の1/8であることに反発し、仲間たちともに“女子テニス協会”を立ち上げる。世の中でも男女平等の機運が高まる中、幾多の困難を乗り越え、女子だけの大会の開催にこぎつけるビリー・ジーン。そこへ55歳の元世界王者ボビー・リッグスが対戦を申し込んでくる。男性至上主義を恥じることなく、女子選手を小馬鹿にするボビーは、ビリー・ジーンとの対決で再び脚光を浴びようと目論んでいた。そんなボビーの挑発に、一度は対戦を拒否するビリー・ジーンだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2019-04-27 19:52:47
スティーヴ・カレルが素晴らしい。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2019-03-05 22:51:23
【ネタバレ注意】

差別と戦う女性の奮闘は見ていて応援したくなる。ビリー・ジーンはテニスだけでなく精神力も強い。
クライマックスの対決は、映画的なカメラワークではなくテレビで見ているような視点。
狙ったのだと思うが、主人公たちに感情移入するというよりはいち観客として応援する気持ちになった。これは彼ら個人の戦いだけでなく、時代を変えるための戦いなのだ。
最後は爽快で気分が良かった。

良く出来た映画なのだが、本質的ではない(関係なくはないんだけど)LGBTシーンが多くてやや食傷気味だった。
いや、単にあの恋人の女がうざかっただけかもしれん。
という個人的な理由でマイナス1点。

投稿者:mototencho投稿日:2018-10-08 18:00:46
スポ根の爽快感に加えて、差別に抗する人々の勝利。この相乗効果が感動を倍加させる。実話とは言えそりゃ盛ってるでしょう。でも、主演の激似ぶりに驚き、気にもならない。
http://mototencho.web.fc2.com/2018/botsexes.html
投稿者:saint_etienne_heaven投稿日:2018-07-06 15:25:37
【ネタバレ注意】

メイクと合わせ技のスティーヴ・カレルが今回も素晴らしい役作り。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 男優賞(コメディ/ミュージカル)スティーヴ・カレル 
 □ 女優賞(コメディ/ミュージカル)エマ・ストーン 
□ コメディ映画男優賞スティーヴ・カレル 
 □ コメディ映画女優賞エマ・ストーン 
【レンタル】
 【Blu-ray】バトル・オブ・ザ・セクシーズレンタル有り
 【DVD】バトル・オブ・ザ・セクシーズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION