allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

カメラを止めるな!(2018)

ONE CUT OF THE DEAD

メディア映画
上映時間96分
製作国日本
公開情報劇場公開(ENBUゼミナール)
初公開年月2018/06/23
ジャンルホラー/コメディ
映倫G

2018/6/23(土)より新宿K’s cinema、池袋シネマ・ロサにて公開

カメラを止めるな!

(c)


 Photos

【クレジット】
監督:上田慎一郎
プロデューサー:市橋浩治
脚本:上田慎一郎
撮影:曽根剛
特殊メイク:下畑和秀
特殊造形:下畑和秀
編集:上田慎一郎
音楽:永井カイル
ヘアメイク:平林純子
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢
出演:濱津隆之日暮隆之
真魚日暮真央
しゅはまはるみ日暮晴美
長屋和彰神谷和明
細井学細田学
市原洋山ノ内洋
山崎俊太郎山越俊助
大沢真一郎古沢真一郎
竹原芳子笹原芳子
吉田美紀吉野美紀
合田純奈栗原綾奈
浅森咲希奈松浦早希
秋山ゆずき松本逢花
山口友和谷口智和
藤村拓矢藤丸拓哉
イワゴウサトシ黒岡大吾
高橋恭子相田舞
生見司織温水栞
【解説】
 インディーズで活躍してきた上田慎一郎監督によるENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品にして記念すべき劇場用長編デビュー作。その巧みな脚本が評判を呼び、日本のみならず海外の映画祭でも話題を集めたゾンビ・ホラー・コメディ。とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。それは37分ワンカットのゾンビ・サバイバルというテレビ局の無理難題を受け入れた監督によるあまりにも無謀な挑戦だったのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:dbma投稿日:2018-12-06 14:56:42
演劇臭がすごい。
絶賛して得するやつは誰だ?
投稿者:リベルタド!!投稿日:2018-12-05 23:39:49
【ネタバレ注意】

ゾンビ映画が大好物なもんで、どんだけ斬新なゾンビ映画かと思い観賞。ところが!冒頭からやっすい“ゾンビ映画”始まって、なんじゃこりゃ。ただ、ワンカットでグイグイ進んでいくので、全く目が離せないのは事実。
30数分、一つの作品を見せられて、これで終わり!?
まあまあ頑張ってはいたけど、それほどでも…
いやいや、ここからが真骨頂。後半は全てのネタばらし!その舞台裏と本編を交えながらのおさらいタイム!
これは、“ゾンビ映画”のふりをした、映画“愛”映画!
言うなれば、“ゾンビ・シネマ・パラダイス”!
嘘じゃなくて、ちょっと泣ける!

投稿者:マジャール投稿日:2018-11-15 12:00:38
【ネタバレ注意】

なるほど、面白かったですよ。
まあまあだけど。

うん、『ラジヲの時間』より面白かったね!


私が観た池袋の映画館では、終映後に舞台挨拶がありました。
(いまさらながらのコメントです)

投稿者:yellow投稿日:2018-10-21 14:16:28
【ネタバレ注意】

Katsumi_Egiさんのコメントに
「カメラに付いた血糊付着を拭いたことが後半で回収されていない」とありますが、
この映画での前半の長回し部分は、結局「撮影カメラが回っていた」という内容だったので、
そのこと自体が「回収」だったのではないでしょうか?
だいたい、この映画全体は脚本として練られたもので、
長回しの現場で本当の意味でのアクシデントはありませんよね。
もしあったとしたら、一度カメラマンが転けたことくらいでしょうか。

映画そのものはとってもおもしろくて、好きでした。

投稿者:バナナミルク投稿日:2018-10-06 16:16:47
見終わったらまた最初から見たくさせるような構成。あざとくて素敵だなと思いました。次回作に期待。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-08-23 22:24:01
【ネタバレ注意】

 「撮影現場の創意の映画」のように見えて、私には完全に「プリプロダクションの映画」だと思える。もう少し丁寧に書くと、撮影現場での創造性はあまり伝わらず、撮影前の設計段階で面白さが決まってしまっていると思える、創造性という意味での豊かさが、ごく限定的にしか感じられない映画ということだ。

 もしかしたら、前半のワンカット映画撮影時における予期せぬアクシデントを、後半の撮影現場の中で、展開の変更や伏線回収として臨機応変に対応しているのかも知れないが、そうだとしても、完成した映画を見る限り、シナリオ段階でデザインした理屈の回収に終始する映画だという印象は免れない。
 例えば、前半の映画の中で、血糊がカメラのレンズに付着し、カメラマンが布で拭く、という部分があるが、私は見ながら、アルフォンソ・キュアロンの『トゥモロー・ワールド』の「批評」になっていると思い、この部分は異様に昂奮した。(『トゥモロー・ワールド』では、血糊はコンピュータ処理で消されたと思われる)。さらに、この部分も、後半になって伏線として回収されるのだろうと思ってワクワクしていたのだが、結局、後半でこの部分は再現されなかったのだ。この例だけで云うと、前半の撮影現場のアクシデントが、後半で活かされている、と云うことはできないのである。

 さて、そもそも中盤以降の、プロットが1カ月前に溯ってからは、画面が安手のテレビドラマかバラエティ番組の再現ドラマ映像レベルのクオリティになる。低予算でも、もっともっと充実した画面の映画は数多ある。私が見たいのは、このようなレベルの画面ではない。
 ただし、登場人物のキャラクタリゼーションと見せ場のバランスは見事だ。中でも、母親(監督の妻)の非現実なキャラの増長ぶりがいい。このような、ぶっ飛んだ造型がもっとあれば、さらに良かったと思う。
http://cinema.intercritique.com/user.cgi?u=3449

投稿者:黒美君彦投稿日:2018-08-13 16:51:29
【ネタバレ注意】

公開初日の劇場はどこも満席で驚き。
確かに口コミ(というか「SNSコミ」?)で期待値が上がった、ということなんだろうけど、正直びっくり。
物語は「なんじゃこれ」という短編ソンビ映画に始まり、そうなるんだこれ、と思っていると、なるほど、そういう構成ですか、と。
後半はただただ笑うばかり。
それでいて、ラストにはちゃんと胸に迫る仕掛けが用意されていて、爽やかなエンディングにつながるという、なかなか良くできた作品。
達成感に包まれた面々の表情は、番組でなくとも仕事を共に成し遂げた時の一体感に通じる。昔のテレビの勢いを感じさせるような無茶苦茶な作りが、手作り感もあって訴えてくるものがある、ということだろうか。
ただ、それにしてもここまでの大ヒットは少々出来過ぎ。誰か仕掛け人がいるのでは?とは知人の弁だが、確かにそんな気も。
いや、出来が悪いわけではないではないですよ、決して。
まあ、万人が楽しめる作品であることは確かです。

投稿者:あーぼう投稿日:2018-08-07 16:56:34
都市部で席がないため田舎の映画館で鑑賞。さすがに客が少ないが健闘している入り。ラストには拍手もあり。
ストーリー性は薄いのでフィクションとしての映画として評価してよいか微妙だが、映画制作愛がほとばしり、単純に楽しく、良かったと言える稀有な作品であることは間違いない。この映画の良さを人に喋りたいが、ネタバレなしで上手く伝えられない。
投稿者:doko投稿日:2018-08-06 19:28:30
後半、劇場内に笑い声が起る。良質な映画を観ている時の興奮が自分の中に感じられる。最後に拍手を送りたいと思ったがなかなか自分からは、、、躊躇していると誰かが拍手してくれて私も思い切り拍手できた。
投稿者:江川良名投稿日:2018-07-17 01:12:31
【ネタバレ注意】

冒頭30分強の安っぽいゾンビ映画の撮影シーンがワンカットで撮られている理由が明らかになり、撮影を巡るドタバタがメイキング的に描かれる構成が大変うまく行っており、ラストにはホロリとさせるネタも盛り込んだ上、エンドロールももうひとつのメイキングになっていて見事の一言に尽きる!

投稿者:にゃんにゃん投稿日:2018-07-01 00:52:38
連日満員が続くという映画館で見てきた。
序盤で感じた違和感(伏線)が後半にどんどん回収されていく脚本の巧みさと爆笑の嵐。
ゾンビ映画というかドタバタコメディとして楽しむのが正解。
これ以上はネタバレになるので言えないが、是非劇場で見てほしい作品である。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】カメラを止めるな!2018/12/05\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】カメラを止めるな!2018/12/05\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION