allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(2018)

メディアTV
放映日2018/04/21〜2018/05/26
放映時間20:15〜20:43
放映曜日土曜日
放映局NHK総合
製作国日本
ジャンルドラマ/学園
やけに弁の立つ弁護士が 学校でほえる [DVD]
参考価格:¥ 8,424
価格:¥ 6,324
USED価格:¥ 5,480
amazon.co.jpへ

【クレジット】
演出:柳川強
佐々木善春
渡辺哲也
制作統括:松川博敬
作:浜田秀哉
音楽:川村竜
出演:神木隆之介田口章太郎
田辺誠一三浦雄二
岸井ゆきの望月詩織
佐藤隆太宇野浩平
濱田マリ駒井朋子
菅原大吉曽根崎啓介
山内健司
吉田亮
森七菜山下未希
池田朱那
倉島颯良
堀内敬子水島真紀子
小堺一機倉守賢三
南果歩高城英子
ゲスト出演:渡辺哲
(第2話)
楊原京子
(第2話)
池田優斗
(第2,3話)
河西結心
(第2,3話)
藏内秀樹
(第2話)
住吉晃典
(第2話)
井上順
(第3,6話)
安井順平
(第3話)
笠井里美
(第3話)
呉城久美
(第4話)
吉本菜穂子
(第4話)
荒川ひなた
(第4,5話)
其原有沙
(第4話)
伊藤星
(第4話)
松永玲子
(第5話)
細田佳央太
(第5話)
山田百次
(第5話)
須藤理彩
(第5話)
岩瀬亮
(第6話)
弘中麻紀
(第6話)
平子悟
(第6話)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-05-28 12:35:34
【ネタバレ注意】

<あらすじ>青葉第一中学校に「スクールロイヤー」として赴任した新人弁護士田口章太郎(神木隆之介)。担任から体罰を受けたとして執拗な抗議をして来た保護者を法律を盾に追い返すが、教務主任の三浦雄二(田辺誠一)からは「学校には学校のルールがある」と反発される。騒音だとクレームを繰り返す近隣住民、教師の長時間労働、部活動中の事故の責任、理不尽な校則、そしていじめ…次々降りかかる難問に対して、スクールロイヤーとしてどう立ち向かっていくのか…。

30分ドラマということでコンパクトにまとまったドラマシリーズになったが、主役の神木隆之介がハマり役。頭でっかちな弁護士役を好演している。一方で毎回出てくる学校への理不尽な要求やクレームは実際にありそうな話。倉守賢三校長(小堺一機)が「事なかれをバカにするな!」と怒鳴り、田口が「全然刺さらないなあ」と応じる最終回を観ながら、知り合いの中学校の教師が「学校だけはいつまでも昭和のままなんです」と語っていたのを思い出した。
昭和(といっても昭和40年代〜60年代)の学校は、恐らく性善説に立っていた。共働きはまだ少数派で、先生は敬意を抱かれるべき存在だった。子どももそんな大人たちを見ていた。しかし現代の学校はそうした性善説では最早成立しないのだろう。
親は学校をサービス産業とみなし、小さな社会としてではなく、わが子中心の地動説に立っているかのようだ。であるならば、スクールロイヤーという法律の専門家が学校にいたっておかしくはない。
諸問題に全身全霊で向き合う…そんな余力が教師たちに残っていない現状が異常なのだけど、そんなことも含めてなかなか意欲的なドラマシリーズだった。ひとり死にかけたとしても「自己責任でしょ」とうそぶきそうな現代の親たち、教師、そして政治家。学校もまた現代社会の縮図だ。吐き気を覚えるけどね。

【エピソード】
第1回2018/04/21
 
第2回2018/04/28
 
第3回2018/05/05
 
第4回2018/05/12
 
第5回2018/05/19
 
第6回(終)2018/05/26
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる2018/09/26\7,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる Vol.1レンタル有り
 【DVD】やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる Vol.2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION