allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

コンフィデンスマンJP(2018)

メディアTV
放映日2018/04/09〜2018/06/11
放映時間21:00〜21:54
放映曜日月曜日
放映局フジテレビ/関西テレビ
製作国日本
ジャンルコメディ/犯罪
コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX
参考価格:¥ 25,380
価格:¥ 19,365
amazon.co.jpへ

【クレジット】
演出:田中亮
金井紘
三橋利行
プロデュース:草ヶ谷大輔
古郡真也
企画:成河広明
脚本:古沢良太
音楽:fox capture plan
主題歌:Official髭男dism
『ノーダウト』
出演:長澤まさみダー子
東出昌大ボクちゃん
小手伸也五十嵐
マイケル・キダバトラー
小日向文世リチャード
ゲスト出演:江口洋介
(第1話)
瀧川英次ちょび髭
(第1,2,9話)
未唯 mie
(第1話)
山西惇
(第1話)
住田隆
(第1話)
吉瀬美智子
(第2話)
本仮屋ユイカ
(第2話)
近江谷太朗
(第2話)
前川泰之
(第2話)
石黒賢
(第3話)
馬場ふみか
(第3話)
山内遥
(第3話)
柊瑠美
(第3話)
森田ガンツ
(第3話)
小宮孝泰
(第3話)
でんでん
(第3話)
佐野史郎
(第4話)
近藤公園
(第4話)
小出ミカ
(第4話)
山下征志
(第4話)
込江大牙
(第4話)
伊吹吾郎
(第4話)
かたせ梨乃
(第5話)
正名僕蔵
(第5話)
永井大
(第5話)
我修院達也
(第5話)
山田孝之
(第5話)
内村光良
(第6話)
野添義弘
(第6話)
長野里美
(第6話)
山本浩司
(第6話)
岡田義徳
(第7話)
竜雷太
(第7話)
佐津川愛美
(第7話)
桜井ユキ
(第7話)
阿南敦子
(第7話)
前田敦子
(第7話)
中尾明慶
(第7話)
りょう
(第8話)
柴本幸
(第8話)
堀川杏美
(第8話)
小池徹平
(第9話)
平野美宇
(第9話)
和田聰宏
(第9話)
小澤亮太
(第9話)
伊島空
(第9話)
玉川蓮
(第9話)
佐藤隆太
(第10話)
麿赤兒
(第10話)
袴田吉彦
(第10話)
戸田菜穂
(第10話)
野間口徹
(第10話)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:hayate9投稿日:2018-06-16 19:47:10
【ネタバレ注意】

まず、ピンクレディーのミーが出てきて“オッ!?” そして「久美子社長〜」とミーにアホっぽく走り寄る長澤まさみの姿を見て、面白くなりそうな予感が!!その予感的中!!

「リーガルハイ」の時にこの脚本家は「ザ・プラクティス」観てるかな?と思ったけど、「スーパードクター編」で“デンプシー”とか“パトリック”とかセリフに出てきて、これは絶対「グレイズ・アナトミー」観てただろう〜って突っ込み入れたくなった。(パトリックファンとしては嬉しいかぎり)
一番好きなのは2話。
チョビ髭が準レギュラーと思いきや、途中から五十嵐のキャラクターの方が目立ってたね。

投稿者:黒美君彦投稿日:2018-06-13 12:44:06
【ネタバレ注意】

<あらすじ>「コンフィデンスマン」とは「信用詐欺師」のこと。ダー子(長澤まさみ)、小心者のボクちゃん(東出昌大)、ベテランのリチャード(小日向文世)が、経済ヤクザや美術商、スポーツ企業のオーナーなどを相手に次々罠を仕掛け、時には危険な目にも…。

「#1ゴッドファーザー編」では経済ヤクザ(江口洋介)、「#2リゾート王編」では暴君リゾート女王(吉瀬美智子)、「#3美術商編」では美術商(石黒賢)、「#4映画マニア編」では食品会社社長(佐野史郎)、「#5スーパードクター編」では「神の手」外科医(永井大)と病院理事長(かたせ梨乃)、「#6古代遺跡編」では考古学好きのコンサル会社社長(内村光良)、「#7家族編」では資産家の元ヤクザ(竜雷太)、「#8美のカリスマ編」ではブランド会社の社長(りょう)、「#9スポーツ編」ではIT企業家でスポーツチームオーナー(小池徹平)、そして「#10コンフィデンスマン編」ではチャイニーズマフィア(佐藤隆太)…と、一話完結ならではの贅沢なキャストで毎回凝りに凝った作品に仕上げていったドラマシリーズ。
古沢良太の脚本はよく練られていたと思うが、最初は詐欺師物語でつい求めてしまう「爽快感」「してやられた感」がやや薄い感じがあって、物足りない印象が残った。そのせいか視聴率も一度もふた桁に乗らず(関東)。
しかしながら、長澤まさみの弾けた演技、東出昌大の頼りなげな演技、小日向文世の飄々とした演技に馴染んでくると、次第にハマってくる。
スタッフの遊び心もふんだんで、別の回で登場した小物をさりげなく使ったり、最終回が実は時系列的には第1話の前にあたり、いわば物語が循環していることがわかったり。スペシャルゲストで卓球の平野美宇が出ているのも笑えた。
とりわけ突き抜けていたのが長澤まさみか。副音声で彼女は「あてがき(俳優を想定して書いた台詞)かと思うような台詞も多くて…」と語っていたけれど、彼女のコスプレも楽しみの一つだった。
第4話以降続いた、副音声で本編を無視した小手伸也演じる「五十嵐のスイートルーム」も楽しめた。毎回2時間観なきゃいけないのは大変だったけど。
最終回では3人の本名や過去が明かされるけれど、それすらも…、というのは面白い。
ただ頭を使わなきゃいけないドラマシリーズでもあるので、シンプルで単純なものしか受けつけなくなった視聴者には敬遠されたか、視聴率が伸びなかったのが惜しまれる。

【エピソード】
第1話ゴッドファーザー編 2018/04/09
 
第2話リゾート王編 2018/04/16
 
第3話美術商編 2018/04/23
 
第4話映画マニア編 2018/04/30
 
第5話スーパードクター編 2018/05/07
 
第6話古代遺跡編 2018/05/14
 
第7話家族編 2018/05/21
 
第8話美のカリスマ編 2018/05/28
 
第9話スポーツ編 2018/06/04
 
第10話(終)コンフィデンスマン編 2018/06/11
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX2018/09/19\23,500amazon.co.jpへ
 【DVD】コンフィデンスマンJP DVD-BOX2018/09/19\19,000amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION